野島伸司!酒井法子と?ライオンハートは?妻は?


1990年代、「101回目のプロポーズ」「ひとつ屋根の下」「高校教師」などのテレビドラマで、社会現象を巻き起こした、脚本家の野島伸司(のじま しんじ)さん。社会の闇やタブーを描いた作品を、多く執筆されています。

Sponsored Link

アイデンティティーの確立

野島さんは、中央大学1年生の時に渡米し、ロサンゼルスに滞在されるのですが、帰国後は、大学を中退し、飲食店、肉体労働、テレビ局フロアディレクターなど、いろいろなアルバイトをされたそうです。

しかし、どれも行き当たりばったりのバイトばかりで、次第に、アイデンティティーが欲しいと、強く思われるようになったのだそうです。

野島さんは、そのことについて、インタビューで、

大学もやめてましたし、何でもよかったんだとは思いますが。目立とうとしたわけでもないんです。テレビもほとんど見ていないし。物書きになりたかったわけでもないし。

割と、行き当たりばったりの、バイトをしていたりしたので・・・自分のよって立つもの、アイデンティティーが欲しかったというのは、やっぱり強かったんですけど・・・

と、答えられていました。

脚本家へ

そんな野島さんは、1987年、脚本を学ぶために、アルバイトをしながら、シナリオスクール「東京山手YMCA」の9期研修科に入学すると、脚本家の伴一彦さんに、師事されます。

そして、翌年の1988年、「時には母のない子のように」で、「フジテレビヤングシナリオ大賞」をいきなり受賞。

バイトの帰りに、偶然、雑誌でシナリオを募集しているのを見つけられ、応募してみようと、ワープロで初めて執筆された作品だったということで、

野島さんは、その時のことを、

たまたま、ですよね。たまたま、いわゆる公募雑誌みたいなものを書店で見たんです。何でもよかったとは思うんですよ。ほかにもやったかもしれないですね。

もうよく覚えていないですが、実際に送ったかどうかは分かりませんが、脚本とか、書くということだけではなくて、「何かやった」って気がしますね。何かになりたかった、という気持ちはあったんですが。

と、あまりはっきりとは覚えておられないようですが、脚本を書くということは、アイディンティティーを確立する、ひとつの手段に過ぎなかったようです。

しかし、いきなり、脚本家の才能を開花されたのは、凄いですね。

次々とヒットを飛ばす

野島さんは、この「時には母のない子のように」でデビューされ、同年、「君が嘘をついた」では、連続ドラマ初執筆にも関わらず、平均視聴率17.3%という高視聴率を記録し、一躍注目を集められました。

その後も、

1989年「愛しあってるかい!」
1990年「すてきな片想い」
1991年「101回目のプロポーズ」
1992年「愛という名のもとに」

1993年「高校教師」「ひとつ屋根の下」
1994年「この世の果て」
     「人間・失格~たとえばぼくが死んだら」
1995年「未成年」
1998年「聖者の行進」

近年では、
2014年「明日ママがいない」(脚本監修)

と、執筆作の多くがヒット。

主に、90年代のトレンディドラマで、一世を風靡されたのでした。

酒井法子と?

こうして、人気脚本家の地位を不動のものにされた野島さんですが、プライベートでは、1993年、元アイドルの酒井法子さんとの交際がスクープされています。

当時、人気絶頂だった22歳の酒井さんが、野島さんの自宅マンションにお弁当を届けている姿を、写真週刊誌に激写されたのでした。

お二人は、野島さんが脚本を手がけられた、テレビドラマ「ひとつ屋根の下」に、酒井さんが出演されたことで知り合われたようです。

もともと、野島さんは、酒井さんを気に入っておられたということで、もしかすると、酒井さんのドラマ出演も、野島さんの希望だったのかもしれません。

酒井さんは、この報道を受けて、緊急会見を開き、交際を認められています。

破局の理由は?

その後もお二人は、順調に愛を育まれ、結婚秒読みとまで言われていたのですが・・・

1997年に破局してしまいます。

破局の原因ですが、野島さんは、大の女性好きで浮気が絶えず、ついには、酒井さんが愛想を尽かしてしまい、結婚の約束を破棄したと言われています。

しかも、破局後、野島さんは、ストーカーのごとく酒井さんを付け回し、復縁を迫られたとか。

しかし、酒井さんの気持ちは戻らず、酒井さんは、翌年、別の男性と結婚されています。

ライオンハートは?

野島さんは、酒井さんとの破局後、

遠山景織子さん、桜井幸子さん、深田恭子さん、竹内結子さん、香里奈さんなど、気に入られた女優を、自身が脚本を担当したドラマに軒並み起用されています。

実際、交際にまで発展したかは定かではありませんが、

お気に入りの女優を食事に誘ってドラマに起用する

というのが、野島さんの口説きのテクニックなのだそう。

野島さんは、脚本を担当されたテレビドラマ「フードファイト」の主題歌で、「SMAP」が歌う「ライオンハート」の作詞も手がけられているのですが、

深田さんには、

君のために(歌詞を)作った

と、ささやいて、ヒロインに起用されたのだとか。

君はいつも僕の薬箱さ
どんな風に僕を癒してくれる
笑うそばから ほら その笑顔
泣いたら やっぱりね 涙するんだね

ありきたりな恋 どうかしてるかな

君を守るため そのために生まれてきたんだ
あきれるほどに そうさ そばにいてあげる
眠った横顔 震えるこの胸 Lion Heart

いつか もし子供が生まれたら
世界で二番目にスキだと話そう
君もやがてきっと巡り合う
君のママに出会った 僕のようにね

見せかけの恋に 嘘かさねた過去・・・

と、このように深田さんに迫ったのですね(^^)

Sponsored Link

妻は?

そんな野島さんですが、2011年、野島さんよりも、23歳年下で、当時26歳の一般女性と結婚されています。

奥さんは、身長160センチくらいの、佐々木希さん似の美人で、大学卒業後は、家業である表具店を手伝っておられたようです。

野島さんは、テレビドラマ「理想の息子」の打ち上げの時、自ら、結婚されたことを明かしておられます。

ちなみに、できちゃった婚ということで、すでに、1歳になるお子さんもおられたようです。

さて、華麗な恋愛遍歴にピリオドをうち、家庭を持たれた野島さん。

気に入られた女優をすぐに口説くため、一時期は、各芸能事務所から警戒され、

テレビ局が使いたがらない人物

とまで言われていましたが、

その汚名を返上し、また以前のように、私達を魅了するドラマを作ってほしいですね。

今後のご活躍も期待しています!!

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ