大村崑は当初CM「オロナミンC」のオファーを断っていた!

1950年代のテレビ黎明期(れいめいき)、「やりくりアパート」「番頭はんと丁稚どん」「頓馬天狗」などのテレビドラマで主役を演じ、たちまち、人気を博した、大村崑(おおむら こん)さんは、1965年~1975年には、10年間に渡り、「元気はつら・・・

「大村崑は当初CM「オロナミンC」のオファーを断っていた!」の続きを読む

大村崑が花登筺と決別した理由とは?

「やりくりアパート」「番頭はんと丁稚どん」と脚本家・花登筺(はなと こばこ)さんの作品に出演し、スターとなるも、ギャラは花登さんに管理されていてなかなか上がらず、家を建てた際にも、「誰のおかげであんな大きな家を建てた」と悪口を言われながら関・・・

「大村崑が花登筺と決別した理由とは?」の続きを読む

大村崑は昔「細うで繁盛記」「どてらい男」で新境地を開拓していた!

1963年には、脚本家・花登筺(はなと こばこ)さんが結成し、大村崑(おおむら こん)さんが座長を務める、劇団「笑いの王国」が、花登さん絡みの問題で解散となるほか、花登さんが大村さんの人気に嫉妬して嫌がらせをするなど、次第に関係がギクシャク・・・

「大村崑は昔「細うで繁盛記」「どてらい男」で新境地を開拓していた!」の続きを読む

大村崑が若い頃は「頓馬天狗」で大ブレイク!

大阪・梅田の映画館「北野劇場」の支配人に見初められ、「北野劇場」の専属コメディアンとして舞台に立つようになると、脚本家の花登筺(はなと こばこ)さんと知り合い、花登さん脚本のテレビドラマ「やりくりアパート」(1957)、「番頭はんと丁稚どん・・・

「大村崑が若い頃は「頓馬天狗」で大ブレイク!」の続きを読む

大村崑が若い頃は「やりくりアパート」でブレイク!

司会業のおもしろさに目覚め、人気司会者・大久保怜さんに弟子入りした、大村崑(おおむら こん)は、やがて、コメディアンに興味を持つと、大きなチャンスを掴み、大ブレイクを果たします。

「大村崑が若い頃は「やりくりアパート」でブレイク!」の続きを読む

大村崑は昔神戸のキャバレー「新世紀」でボーイをしていた!

お父さんが他界したことで家族バラバラになり、伯父夫婦のもとに預けられて、すっかり荒んでしまった、大村崑(おおむら こん)さんですが、やがて、お父さんの影響で、芸能界を目指し、有名人が多く集まるという神戸・三宮にあるキャバレー「新世紀」で働き・・・

「大村崑は昔神戸のキャバレー「新世紀」でボーイをしていた!」の続きを読む

大村崑は少年時代に父親が他界し伯父夫婦の養子となっていた!

写真館を経営し、劇場のタニマチをしていたお父さんのもと、裕福な家庭で生まれ育つと、幼い頃は、お父さんが連れて行ってくれた劇場で舞台に上がり、おひねりやお菓子をもらえることが楽しかったという、大村崑(おおむら こん)さんですが、9歳の時、お父・・・

「大村崑は少年時代に父親が他界し伯父夫婦の養子となっていた!」の続きを読む

大村崑の生い立ちは?幼少期から舞台に上がっていた!

1959年、映画「やりくりアパート」、テレビドラマ「頓馬天狗」で人気を博して以来、60年以上も活動し続けている、大村崑(おおむら こん)さんですが、今回は、そんな大村さんの生い立ちについてご紹介します。

「大村崑の生い立ちは?幼少期から舞台に上がっていた!」の続きを読む

風間杜夫の妻は?娘は作家の住田未歩!息子は?

1982年、テレビドラマ「スチュワーデス物語」で、一躍、お茶の間の人気を博すと、その後も、数々のテレビドラマや映画に出演し、善良な人間の役から犯罪者役まで、幅広い演技で俳優として確固たる地位を確立している、風間杜夫(かざま もりお)さん。今・・・

「風間杜夫の妻は?娘は作家の住田未歩!息子は?」の続きを読む

風間杜夫が落語家になった理由とは?

1982年、映画「蒲田行進曲」で一躍脚光を浴び、テレビドラマ「スチュワーデス物語」でブレイクすると、以来、60年以上に渡り、俳優として活動を続け、実力派俳優としての地位を確立されている、風間杜夫(かざま もりお)さんですが、俳優業のかたわら・・・

「風間杜夫が落語家になった理由とは?」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ