財津一郎は昔「吉本興業」に入っていた!

「石井均一座」に入るも、2年ほどで解散したことから、今度は、「劇団ムーラン」に入るも、またもや早々に解散となってしまい、再び、途方に暮れていたという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、劇作家で俳優の小崎政房さんのアドバイスと紹介により・・・

「財津一郎は昔「吉本興業」に入っていた!」の続きを読む

財津一郎は昔「石井均一座」や「劇団ムーラン」を転々としていた!

1959年には「榎本健一映画演劇研究所」を卒業するも、さらに東京で修行をしようと決めたという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、なかなか仕事がなく、毎日、職業安定所に通っていると、ひょんなことから、憧れの俳優だった仲代達矢さんを目にし・・・

「財津一郎は昔「石井均一座」や「劇団ムーラン」を転々としていた!」の続きを読む

財津一郎は「榎本健一映画演劇研究所」卒業後は職安に通う日々だった!

1957年には、「榎本健一映画演劇研究所」に入所し、2年間、演劇を勉強したという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、ほとんどの研究生が、卒業後は京都の撮影所に行って映画の仕事をもらっている中、さらに東京で修業を積む決意をしたそうですが、な・・・

「財津一郎は「榎本健一映画演劇研究所」卒業後は職安に通う日々だった!」の続きを読む

財津一郎はエノケン(榎本健一)の最後の弟子だった!

1957年、「日本の喜劇王」と称された榎本健一さんの「榎本健一演劇研究所」に入所し、演技の基礎を徹底的に学んだという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、卒業してから約10年後、榎本さん演出の舞台に出演すると、強烈な形で薫陶(くんとう)を受・・・

「財津一郎はエノケン(榎本健一)の最後の弟子だった!」の続きを読む

財津一郎は昔「榎本健一映画研究所」で演技の基礎を学んでいた!

ジャズシンガーとして、北海道から沖縄まで全国各地の米軍キャンプを巡業するようになると、米兵たちからは「ジミー・ザイツ」のニックネームで呼ばれるなど、人気を博したという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、同僚から、米兵たちはいつかアメリ・・・

「財津一郎は昔「榎本健一映画研究所」で演技の基礎を学んでいた!」の続きを読む

財津一郎が若い頃はジャズシンガーとして米軍キャンプを回っていた!

帝国劇場が研究生を募集している広告を見つけテストを受けると、見事合格して「赤い絨毯」で初舞台を踏むも、それから2年も経たないうちに劇団が解散してしまい、周囲が東宝演劇部や撮影所で働くことになる中、若い頃の苦労は買ってでもしようと、芸を極める・・・

「財津一郎が若い頃はジャズシンガーとして米軍キャンプを回っていた!」の続きを読む

財津一郎が若い頃は帝国劇場に研究生として入団していた!

高校3年生の時、文化祭で行われたシェークスピアの英語劇「ベニスの商人」で大役のシャイロック役を演じたことをきっかけに、役者になろうと早稲田大学を目指すも、受験に失敗し、当初は浪人しようとするも、最終的には早稲田大学を断念した、財津一郎(ざい・・・

「財津一郎が若い頃は帝国劇場に研究生として入団していた!」の続きを読む

財津一郎は役者を目指し早稲田大学を受験するも不合格となっていた!

映画やブロードウェイミュージカルに夢中になると、自ら演じることにも興味を持つようになった、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、高校3年生の時に文化祭で行われた、シェークスピアの英語劇「ベニスの商人」で、(大役の)金貸しのシャイロック役を演じ・・・

「財津一郎は役者を目指し早稲田大学を受験するも不合格となっていた!」の続きを読む

財津一郎が高校生の時には演劇にも夢中になっていた!

お父さんが戦争から復員後、阿蘇から熊本市に戻ると、通っていた済々黌(せいせいこう)高校の隣にあった第五高等学校(現・熊本大学)から聴こえてくる合唱団の歌声に魅了され、誘われるがままに合唱団に参加させてもらったという、財津一郎(ざいつ いちろ・・・

「財津一郎が高校生の時には演劇にも夢中になっていた!」の続きを読む

財津一郎が高校の時は合唱団の歌声に魅了され合唱に夢中になっていた!

高校生の時には、イジメに遭うも、阿蘇農業高校の先生に「根アカ」の精神で生きることを教わり、それ以来、先生の言葉を胸に生きていこうと決心したという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、やがて、終戦から2~3年後、お父さんがすっかり別人のように・・・

「財津一郎が高校の時は合唱団の歌声に魅了され合唱に夢中になっていた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ