松平健は昔ウルトラマンタロウの最終選考で落選していた!

古くは「暴れん坊将軍」、近年では、「マツケンサンバ」でお馴染みの、松平健(まつだいら けん)さんですが、若い頃には、「ウルトラマンタロウ」の主人公・東光太郎役のオーディションで最終選考まで残ったこともあったといいます。

「松平健は昔ウルトラマンタロウの最終選考で落選していた!」の続きを読む

松平健は少年期に石原裕次郎を観て俳優になる決意をしていた!

時代劇「暴れん坊将軍」で一躍国民的な人気を博すと、近年は、「マツケンサンバ」で新境地も開拓された、松平健(まつだいら けん)さん。今回は、そんな松平さんの生い立ちからご紹介します。

「松平健は少年期に石原裕次郎を観て俳優になる決意をしていた!」の続きを読む

池内淳子の死因は肺腺ガン!直前まで舞台に立っていた!

2010年9月26日に「肺腺ガン」のため76歳で亡くなった、池内淳子(いけうち じゅんこ)さんですが、実は、その3年前の2007年4月にはガンの存在が発覚しており、人知れず治療をされていたといいます。

「池内淳子の死因は肺腺ガン!直前まで舞台に立っていた!」の続きを読む

池内淳子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

若い頃には、久保菜穂子さん、三ツ矢歌子さんと共に「新東宝現代劇の女優三羽烏」と呼ばれると、その後は、出演するテレビドラマが毎回20%以上の視聴率を獲ることから、「20%女優」とも言われ、テレビドラマの女王として活躍された、池内淳子(いけうち・・・

「池内淳子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!」の続きを読む

池内淳子の若い頃は20%女優と呼ばれるテレビドラマの女王だった!

1957年には、俳優でジャズ歌手の柳沢真一さんと結婚し、映画界を引退した、池内淳子(いけうち じゅんこ)さんですが、早くも翌年の1958年には、別居を経て離婚し、「新東宝」と再契約すると、この後、池内さんの快進撃が始まります。

「池内淳子の若い頃は20%女優と呼ばれるテレビドラマの女王だった!」の続きを読む

滝田栄の若い頃は徳川家康(NHK大河ドラマ主演)に抜擢されていた!

大学1年の時、友人に勧められるまま「文学座」の養成所の試験を受けると、見事合格し、23歳の時には、「劇団四季」に入ると、やがて、font color=”red”>「王様の耳はロバの耳」の王様役や「ジーザス・クライスト・・・

「滝田栄の若い頃は徳川家康(NHK大河ドラマ主演)に抜擢されていた!」の続きを読む

細木数子の若い頃は島倉千代子から10億円以上搾取していた?

売春宿を経営する実家で少女時代を過ごし、中学1年生にして、接客や客引きなどをしていたという、細木数子(ほそき かずこ)さんですが、その後、弱冠17歳で開業すると、あれよあれよと銀座でクラブを開くまでに登り詰めるのですが、その手口は・・・

「細木数子の若い頃は島倉千代子から10億円以上搾取していた?」の続きを読む

伊丹十三は「ミンボーの女」公開直後に襲撃を受け重傷を負っていた!

1984年、51歳の時、「お葬式」で映画監督デビューすると、いきなり、「日本アカデミー賞監督賞」「日本アカデミー賞脚本賞」ほか、数々の賞を受賞した、伊丹十三(いたみ じゅうぞう)さんは、その後も、「タンポポ」(1985年)、「マルサの女」(・・・

「伊丹十三は「ミンボーの女」公開直後に襲撃を受け重傷を負っていた!」の続きを読む

伊丹十三は監督デビュー作「お葬式」でいきなり高評価を受けていた!

「新東宝」編集部に就職し、映画編集の仕事に携わるも、早くも商業デザイナーに転身し、さらには、俳優に転身された、伊丹十三(いたみ じゅうぞう)さんですが、その後もマルチな才能を発揮し、51歳の時には、ついに「お葬式」で映画監督デビューされます・・・

「伊丹十三は監督デビュー作「お葬式」でいきなり高評価を受けていた!」の続きを読む

樹木希林の死因は全身ガン!左目も失明していた!

「生きるのも日常、死んでいくのも日常」と、闘病しながら仕事を続け、2018年9月15日、75歳で亡くなった、樹木希林(きき きりん)さんですが、ガン闘病のずっと前、2003年には左目も失明されていたといいます。

「樹木希林の死因は全身ガン!左目も失明していた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ