「凄い」タグの記事一覧(20 / 27Page)

伊丹十三は監督デビュー作「お葬式」でいきなり高評価を受けていた!

「新東宝」編集部に就職し、映画編集の仕事に携わるも、早くも商業デザイナーに転身し、さらには、俳優に転身された、伊丹十三(いたみ じゅうぞう)さんですが、その後もマルチな才能を発揮し、51歳の時には、ついに「お葬式」で映画監督デビューされます・・・

中森明菜は昔自殺未遂で近藤真彦と金屏風の前で謝罪会見していた!

1981年、16歳の時、オーディション番組「スター誕生!」で史上最高得点となる392点を獲得して芸能界入りすると、以降、次々とヒットを飛ばし、瞬く間にトップアイドルの座に駆け上がった、中森明菜(なかもり あきな)さんですが、人気絶頂の198・・・

山崎努に対する山下智久の尊敬の念が凄すぎる!

60年近くに渡って活躍し続け、今なお、唯一無二の存在感を放ち続けている、山崎努(やまざき つとむ)さんですが、「NEWS」の元メンバーである山下智久さんの山崎さんに対する尊敬の念が凄すぎると話題になっています。

山崎努の若い頃は「天国と地獄」で黒澤明監督にラストを変更させていた!

19歳の時、芥川比呂志さんの舞台「ハムレット」を観て感銘を受け俳優を志した、山崎努(やまざき つとむ)さんは、「俳優座」養成所卒業後は、芥川比呂志さんに誘われ、行動を共にすると、やがて、巨匠・黒澤明監督をもうならせる才能を開花させていきます・・・

山崎努は昔「俳優座養成所」時代に失神の演技をリアルでやっていた!

小学生の頃、お父さんが他界したことから、貧乏生活を強いられた、山崎努(やまざき つとむ)さんは、中学卒業後は定時制高校に通いながら働いたそうですが、その後、19歳で「俳優座」養成所に入所した後も、貧乏生活は続いたそうです。

タモリの若い頃は即興芸で常連客を熱狂させていた!

友人に会いに行ったホテルの帰り、見ず知らずの他人のドンチャン騒ぎに乱入すると、最初は驚かれるも、すぐにその場を爆笑の渦に巻き込んだというタモリさんですが、実はこの出来事がタモリさんの将来を大きく変えることになります。

タモリは昔見ず知らずの山下洋輔らのドンチャン騒ぎに乱入していた!

早稲田大学中退後、保険会社やボーリング場の支配人など職を転々とすると、どこの職場でも強い印象を残したタモリさんですが、友人を訪ねたホテルの帰り、なんと、見ず知らずの他人のドンチャン騒ぎに乱入していたといいます。

タモリの幼少期が凄すぎる!偽善を感じ幼稚園を拒否していた?

両親が祖父母の養子という特殊な環境で誕生すると、3歳の時には両親が離婚し、祖父母と暮らすことになった、タモリさんですが、そんな環境のせいか、なんと、4~5歳の頃から「偽善」を感じ取っていたといいます。

加賀まりこの麻雀が男前すぎる!

麻雀が趣味で、テレビ放送されている麻雀の対局は、ほとんど全てチェックして研究されているという、加賀まりこ(かが まりこ)さんですが、その腕前もさることながら、メンゼン主体の手役で美しく激しくアガるほか、自身が役満やきれいな手に振り込んでも相・・・

宮崎駿は「風の谷のナウシカ」で成功も引退宣言をしていた!

1982年、アニメ雑誌「アニメージュ」で「風の谷のナウシカ」の連載をスタートすると、徐々に読者の支持を集めていった、宮崎駿(みやざき はやお)さんは、「風の谷のナウシカ」の映画化も決定するのですが・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ