「生い立ち」タグの記事一覧

森繁久彌が中学の時は天井裏から小便をし停学処分となっていた!

教育熱心だったお母さんの意向で、進学校だった旧制北野中学校に進学したという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、中学時代は、かなりやんちゃな生徒だったそうで、天井裏から小便をして停学処分となったことがあったほか、答案用紙を白紙で出して、・・・

財津一郎は役者を目指し早稲田大学を受験するも不合格となっていた!

映画やブロードウェイミュージカルに夢中になると、自ら演じることにも興味を持つようになった、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、高校3年生の時に文化祭で行われた、シェークスピアの英語劇「ベニスの商人」で、(大役の)金貸しのシャイロック役を演じ・・・

財津一郎が高校生の時には演劇にも夢中になっていた!

お父さんが戦争から復員後、阿蘇から熊本市に戻ると、通っていた済々黌(せいせいこう)高校の隣にあった第五高等学校(現・熊本大学)から聴こえてくる合唱団の歌声に魅了され、誘われるがままに合唱団に参加させてもらったという、財津一郎(ざいつ いちろ・・・

財津一郎が高校の時は合唱団の歌声に魅了され合唱に夢中になっていた!

高校生の時には、イジメに遭うも、阿蘇農業高校の先生に「根アカ」の精神で生きることを教わり、それ以来、先生の言葉を胸に生きていこうと決心したという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、やがて、終戦から2~3年後、お父さんがすっかり別人のように・・・

財津一郎の「根アカ」はイジメられていた時に先生から教わったものだった!

「農地開放」で先祖代々の土地をほとんど失い、残った土地で母親とともに慣れない農作業をしながら、お父さんの復員を待っていたという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、「農地開放」により、地主と小作人の立場が逆転し、イジメや嫌がらせに遭うこ・・・

財津一郎は少年時代「農地開放」で先祖代々の土地を失っていた!

終戦後、安否の分からないお父さんの復員を待ちながら、極貧生活を耐え忍んでいたという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、その後、財津家の土地がある阿蘇市に移住するも、先祖代々受け継いできた土地は、「農地開放」でほとんどなくなってしまい、わず・・・

財津一郎の少年時代が悲惨過ぎる!

戦争が終わっても生死が分からないお父さんを待つ間、極貧生活の中、過労と栄養不足がたたってお母さんが倒れ、食べ物を手に入れるため、子供用の衣類を持って、農家を1軒1軒回り、ようやく、袋いっぱいの大豆をもらうことができるも、そんな大豆も、悪ガキ・・・

財津一郎は少年時代に病気の母親の為に農家を回って食べ物をもらっていた!

終戦後、数々の忘れられない出来事を経験したという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、小学校の校庭で不発弾が爆発して子供がバラバラに吹き飛ばされるのを目撃するほか、病気の母親のためにやっとの思いで手に入れた食べ物を悪ガキたちに泥だらけにされ・・・

財津一郎は進駐軍に圧倒されるも警官に日本人のプライドを感じていた!

1941年に太平洋戦争が開戦すると、やがて、東京の街は戦争一色となり、1943年には、故郷・熊本に疎開したという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、約2年後には、玉音放送により終戦を知ったそうですが、その後、忘れられない出来事があったとい・・・

財津一郎の生い立ちは?先祖代々熊本・阿蘇の大地主だった!

50年以上に渡り、数多くのテレビドラマ、映画、ミュージカルに出演するほか、タケモトピアノのCMで有名な、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、今回は、そんな財津さんの生い立ちをご紹介します。

サブコンテンツ

このページの先頭へ