「生い立ち」タグの記事一覧

浜村淳は幼少期に時代劇のロケを見て映画に夢中になっていた!

子どもの頃に「宝塚歌劇団」の京都公演「ピノチオ」を観て、役者が全員女性だということを知り、たちまち「宝塚歌劇団」の虜(とりこ)になった、浜村淳(はまむら じゅん)さんですが、同時に映画にも魅了されていたそうです。

倉本聰は中学生の頃から創作活動を始めていた!

東京大空襲に遭い、一家で岡山に疎開した、倉本聰(くらもと そう)さんですが、疎開先での生活は存外楽しく、のびのびと暮らしたそうで、終戦後、東京に戻ると、いよいよ演劇の楽しさに目覚めます。

倉本聰は少年時代に東京大空襲から生き残っていた!

都内ながら野鳥のさえずりが聞こえる善福寺の豊かな自然の中、学校の勉強のことはとやかく言わず、野山で遊ぶことを良しとするお父さんの教育方針のもと、自由にのびのびと育った、倉本聰(くらもと そう)さんですが、やがて、戦争ムードが色濃くなると、山・・・

倉本聰の幼少期は裕福な家庭で俳人の父親の元のびのびと育っていた!

母方、父方ともに医師の家系という裕福な家庭に誕生し、山谷春潮の俳号を持つ俳人でもあるお父さんのもと、自然の中で何不自由なくのびのびと育った、倉本聰(くらもと そう)さんは、幼少期からお父さんの薫陶を受けていたといいます。

松平健は少年期に石原裕次郎を観て俳優になる決意をしていた!

時代劇「暴れん坊将軍」で一躍国民的な人気を博すと、近年は、「マツケンサンバ」で新境地も開拓された、松平健(まつだいら けん)さん。今回は、そんな松平さんの生い立ちからご紹介します。

タモリは中学生の時からマニアックだった!

小学4年生の時には、右目を失明するほか、信頼していた親友に裏切られるなど、辛い出来事が重なり、ふさぎ込むも、やがて、人を笑わせることに興味を持ち始め、小学校の卒業式では、漫才を披露するまでに回復したタモリさんは、中学に入ると、マニアックな笑・・・

タモリのサングラスの理由は小学生の時の右目の失明だった!

4~5歳から「偽善」について考え始めるなど、この頃、精神年齢がピークを迎えていたというタモリさんは、その後、小学校に入学すると、頭の回転の良さを発揮するのですが・・・右目を失明するという悲劇に見舞われます。

池波志乃の若い頃は朝ドラ「鳩子の海で」でデビューしていた!

落語家の名人・5代目古今亭志ん生さんを祖父、そして、その長男・10代目金原亭馬生さんを父親に、落語家一家に誕生すると、その環境からか、日舞、三味線、長唄など、芸ごとに興味を持つようになり、芸の道を極めたいと女優を志すようになったという、池波・・・

宮崎駿が高校生の頃はシュールな暗い漫画を描いていた!

絵を描くことが得意で、漫画家・手塚治虫さんを尊敬していたという、宮崎駿(みやざき はやお)さんですが、高校時代に描いていた漫画は、当時の劇画雑誌に倣い、恨みつらみを込めた、皮肉な結末の漫画だったといいます。

宮崎駿の少年時代は手塚治虫の新寶島のファンだった!

裕福な家庭で育つも、お父さんが戦争のための飛行機を作っていたことや、お母さんが結核を患っていたことで、愛情を一身に受けられず、精神的に不安定な少年として育っていた、宮崎駿さん(みやざき はやお)さんですが、そんな時、手塚治虫さんの作品「新寶・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ