「生い立ち」タグの記事一覧

辺見えみりは幼少期に両親が離婚し母方の祖父母に育てられていた!

人気歌手で俳優の西郷輝彦さんと、歌手でタレントの辺見マリさんの間に誕生した、辺見えみり(へんみ えみり)さんですが、5歳の時に両親が離婚すると、その後は、母方の祖父母(辺見マリさんの両親)に厳しくも愛情いっぱいに育てられたそうです。

和泉雅子は小学校が嫌でたまらず「劇団若草」に応募していた!

幼稚園の頃は、食堂の仕事で忙しい両親に代わり、朝1人で起きて朝食の準備をし、弟に食べさせてから幼稚園に通うなど、とてもしっかりとした子どもだった、和泉雅子(いずみ まさこ)さんですが、小学校に入学後は、勉強ができず、学校が嫌で嫌でたまらなか・・・

中尾ミエの生い立ちは?中学生にして歌で家計を支えていた!

1962年、16歳の時、デビューシングル「可愛いベイビー」が大ヒットし、人気歌手となると、その後、女優としても、テレビドラマ、舞台、ミュージカルに出演するほか、近年は毒舌キャラとしても人気を博している、中尾ミエ(なかお みえ)さん。今回は、・・・

長山藍子は高2の時に「俳優座」の俳優養成所に合格していた!

新聞記者だったお父さんの赴任地・中国内モンゴル・フフホトで誕生すると、終戦後は、命からがら帰国したという、長山藍子(ながやま あいこ)さんですが、やがて、芝居が好きだったお父さんの影響で、女優を目指すようになります。

天地真理は高校の時ピアノを諦めカンツォーネを歌っていた!

小学2年生の時、ピアノを習い始めると、たちまち才能を発揮した、天地真理(あまち まり)さんは、小学校卒業後は、ピアノの岡田先生と同じ国立音楽大学附属中学に合格するのですが・・・

なべおさみは高1の時ヤクザのもと銀座三悪のヒーコヤを仕切っていた!

幼少期から、軽く見られることを嫌い、小学校の入学式では、なめられないようにと、一番体の大きい子を殴ったというなべさんですが、高校生の時には、ヤクザのもと、銀座三悪のヒーコヤ(=コーヒー屋=喫茶店)「ダイヤモンド」を取り仕切っていたといいます・・・

なべおさみが小5で稼いだお金は映画館通いにつぎ込んでいた!

近所の工場跡地で、水道の蛇口(カラン)や鉛管から鉄屑を集め、お金を稼ぐことに成功したなべおさみさんは、今度は、自宅の工場敷地でも金属屑を集めて大枚を稼ぐと、全て大好きな映画館通いにつぎ込んだそうです。

なべおさみは小5にして鉄屑集めでお金を稼ぐことに夢中になっていた!

映画館帰りの電車の中で、サラリーマンが朝鮮戦争による「金へん・糸へん景気」の会話をしているのを聞き、鉄屑がお金になることを知ったなべおさみさんは、まだ、小学校5年生だったにもかかわらず、早速、近所に住む鉄屑屋さんに金属類を買ってもらう約束を・・・

なべおさみは小5にして「金偏糸偏景気」の噂から鉄屑集めを思いついていた!

先生に褒められたご褒美に、東京で映画を観ることをお父さんに許されると、実際には、映画ではなく「日劇」の舞台を観ることになるも、その色彩豊かなステージに魅了されたという、なべおさみさんは、やがて、映画に夢中になり、役者に憧れるようになるのです・・・

なべおさみの幼少期は小柄も負けん気が強い頭の良い少年だった!

息子・なべやかんさんに「明治大学替え玉受験」をさせたイメージがいまだ色濃く残る、なべおさみさんですが、若い頃は、俳優、タレント、コメディアンとして、幅広く活躍されていました。今回は、そんななべさんの足跡を少年時代から追っていきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ