「生い立ち」タグの記事一覧(4 / 40Page)

清水章吾が若い頃は女形役者・花柳章太郎に弟子入りしていた!

2002年、アイフルのCMに出演したことがきっかけで、たちまち大ブレイクした、清水章吾(しみず しょうご)さんですが、今回はそんな清水さんの生い立ちをご紹介します。

千昌夫は高校生の頃ずっと現状から抜け出す方法を考えていた!

北海道に左官屋として出稼ぎに行っていたお父さんが他界し、お母さんが往復4時間かかる宮城県気仙沼市の工場まで働きに出る中、いつも、幼い弟の子守をしながら、お母さんの帰りを待っていたという、千昌夫(せん まさお)さんは、中学卒業後は、お母さんの・・・

千昌夫の生い立ちは?幼少期は貧しい生活を送っていた!

1965年、「君が好き」で歌手デビューして以来、50年以上に渡り、芸能界で活動している、千昌夫(せん まさお)さん。今回は、そんな千さんの生い立ちをご紹介します。

キダ・タローが若い頃はギターとトランペットを断念していた!

関西学院高等部3年生の時、5人組のタンゴバンドを組み、肺結核で早逝したお兄さんが使っていたアコーディオンで音楽活動を始めたという、キダ・タローさんは、大学進学後も音楽活動を続けたそうですが、お兄さんの形見のアコーディオンはボタンが8個しかな・・・

キダ・タローは高校の時に藤岡琢也と共にタンゴバンドで活動していた!

終戦後、ジャズなどのアメリカ音楽が日本に入ってくると、これまで聴いたことのない、輝きと明るさを持つ音楽に衝撃を受け、やがて、自分でも演奏してみたいと思うようになり、アコーディオンを弾き始めたという、キダ・タローさんは、関西学院高等部3年生の・・・

キダ・タローは中学生の時アコーディオンを弾き始めていた!

玉音放送を聞いて終戦を知り、内心、解放感を感じたという、キダ・タローさんは、その後、アメリカから入って来たジャズなどに衝撃を受け、自分でも演奏してみたいと思うようになったといいます。

キダ・タローの生い立ちは?幼少期はひ弱だった!

日清食品の「あ~らよ、出前一丁♪」、かに道楽の「獲れ、獲れ、ぴち、ぴち、かに料理♪」など、関西では、誰もが知っているコマーシャルソングを次々と手掛けてきた、キダ・タローさん。今回は、そんなキダさんの生い立ちをご紹介します。

田原総一朗は作家に憧れ早稲田大進学を希望も母親の反対に遭っていた!

高校生の時には、経済状況が困窮する家計を助けるために、家庭教師などのアルバイトをしていたという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、高校卒業後の進路として、作家を目指し、憧れの作家の出身大学だった早稲田大学への進学を希望するも、お・・・

田原総一朗が高校の時は家計を支えるためアルバイトをしていた!

高校に入ると、小説を書くサークル「文学会」を立ち上げ、小説を書いてはみんなで読み合いをするほか、部員たちと文学議論を戦わせるなどしていたという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、家庭は、お父さんが仕事で失敗して借金を作るなど、経・・・

田原総一朗は高校時代にサークル「文学会」を立ち上げていた!

中学時代は、小説を書き始めるも、他人に読んでもらうことなく、あくまで自己満足だったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、高校に入ると、小説を書くサークル「文学会」を立ち上げ、部員のみんなで小説を書き、お互い読み合いをしたそう・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ