「生い立ち」タグの記事一覧(4 / 37Page)

財津一郎の「根アカ」はイジメられていた時に先生から教わったものだった!

「農地開放」で先祖代々の土地をほとんど失い、残った土地で母親とともに慣れない農作業をしながら、お父さんの復員を待っていたという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、「農地開放」により、地主と小作人の立場が逆転し、イジメや嫌がらせに遭うこ・・・

財津一郎は少年時代「農地開放」で先祖代々の土地を失っていた!

終戦後、安否の分からないお父さんの復員を待ちながら、極貧生活を耐え忍んでいたという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、その後、財津家の土地がある阿蘇市に移住するも、先祖代々受け継いできた土地は、「農地開放」でほとんどなくなってしまい、わず・・・

財津一郎の少年時代が悲惨過ぎる!

戦争が終わっても生死が分からないお父さんを待つ間、極貧生活の中、過労と栄養不足がたたってお母さんが倒れ、食べ物を手に入れるため、子供用の衣類を持って、農家を1軒1軒回り、ようやく、袋いっぱいの大豆をもらうことができるも、そんな大豆も、悪ガキ・・・

財津一郎は少年時代に病気の母親の為に農家を回って食べ物をもらっていた!

終戦後、数々の忘れられない出来事を経験したという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、小学校の校庭で不発弾が爆発して子供がバラバラに吹き飛ばされるのを目撃するほか、病気の母親のためにやっとの思いで手に入れた食べ物を悪ガキたちに泥だらけにされ・・・

財津一郎は進駐軍に圧倒されるも警官に日本人のプライドを感じていた!

1941年に太平洋戦争が開戦すると、やがて、東京の街は戦争一色となり、1943年には、故郷・熊本に疎開したという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、約2年後には、玉音放送により終戦を知ったそうですが、その後、忘れられない出来事があったとい・・・

財津一郎の生い立ちは?先祖代々熊本・阿蘇の大地主だった!

50年以上に渡り、数多くのテレビドラマ、映画、ミュージカルに出演するほか、タケモトピアノのCMで有名な、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、今回は、そんな財津さんの生い立ちをご紹介します。

香川京子の生い立ちは?応募者6000人の中で合格していた!

1949年、「影を慕いて」の端役で映画デビューして以来、70年以上に渡り、数多くのテレビドラマや映画に出演している、香川京子(かがわ きょうこ)さん。今回はそんな香川さんの生い立ちや女優デビューした経緯などをご紹介します。

せんだみつおは一貫校なのに法政大学を不合格になっていた!

小学校卒業後は子役を辞め、中学・高校時代は芸能活動とは無縁の生活を送って、お笑いなどをテレビで観る立場になっていたという、せんだみつおさんは、後に、親友でフォークユニット「ビリー・バンバン」の菅原進さんが縁となって、再び、芸能界に入ることに・・・

せんだみつおは中学入学後は劇団を辞め普通の学校生活を送っていた!

小学2年生の時、スカウトされて、児童劇団「劇団 杉の子」に入団すると、小学3年生の時には、「人形の家」で子役デビューしたという、せんだみつおさんですが、芸能活動は小学生までで、中学・高校時代はお芝居とは無縁の生活を送っていたそうです。

せんだみつおは小3の時に児童劇団「杉の子」にスカウトされていた!

王子製紙のエンジニアのお父さんのもと、お父さんの勤務先だった樺太(サハリン)真岡市で誕生した、せんだみつおさんは、生まれてすぐの頃は病弱も、両親の献身的な世話のお陰で、無事、健康に育つと、小学2年生の時にはスカウトされて児童劇団「劇団 杉の・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ