「生い立ち」タグの記事一覧(2 / 40Page)

張本勲は幼少期に右手に大やけどを負わされていた!

1959年、東映フライヤーズ(現・日本ハム)に入団すると、新人王に輝くほか、最終的には、プロ野球最多の16度のシーズン3割を達成してプロ野球最多の通算3085安打を記録したほか、プロ野球唯一の500本塁打300盗塁も達成するなど、素晴らしい・・・

張本勲の幼少期は在日韓国人の両親のもと貧乏だった!

在日韓国人の母親の影響で、ずっと、大韓民国籍のままでいるという、張本勲(はりもと いさお)さんですが、幼い頃は、戦時中で日本中が食糧難だった中、特に張本家は貧乏で、張本さんは、いつもお腹をすかせていたといいます。

王理恵は高校生の時から尾崎豊の大ファンだった!

幼少期から少女時代、父・王貞治さんから厳しい躾(しつけ)を受けて育ったという、王理恵(おう りえ)さんは、通っていた学校も規則の厳しいお嬢様学校だったことから、やがて、反発心が芽生えるようになったそうで、高校生の時、偶然、聴いた尾崎豊さんの・・・

王貞治が中学生の時は父親の意向で技師になろうと考えていた!

小学生の頃から野球に夢中になると、中学の時には、高校生が主体の野球チーム「厩四ケープハーツ」で野球をしていたという、王貞治(おう さだはる)さんですが、この時はまだ、野球選手になろうとは思っておらず、お父さんの意向で、電気・機械の技師になろ・・・

王貞治は中学生の時から投手&4番打者として活躍していた!

小学4年生の時に、お兄さんに野球部の合宿に連れて行ってもらったことがきっかけとなり、本格的に野球を始めると、投手で4番を務めるほど野球が上手だったという、王貞治(おう さだはる)さんは、中学生の時には、高校生が主体の「厩四(うまよん)ケープ・・・

王貞治は少年時代ボールを追いかけて転び上の前歯を欠けさせていた!

戦後、日本がまだ貧しかった時代にも、お父さんが中華料理店を営んでいたことから、食べ物に困らず、しっかり食べて、すくすく育ったという、王貞治(おう さだはる)さんは、小学生の頃には野球に夢中になったといいます。

王貞治の少年時代は父親の作る炒飯が大好物だった!

4歳の時には、東京大空襲に遭うも、お母さんの背中に背負われ、なんとか逃げ切ることができたという、王貞治(おう さだはる)さんは、戦後、日本が貧しかった時代にも、お父さんが中華料理店を営んでいたことから、お父さんの作る中華料理を食べて、すくす・・・

王貞治は幼少期に東京大空襲に遭っていた!

仮死状態で生まれ、幼少期、病弱だったにもかかわらず、お母さんの献身的な世話などで、無事、健康に育ったという、王貞治(おう さだはる)さんは、4歳の時にはお母さんの背中で東京大空襲に遭ったそうですが、家は焼け落ちたものの、家族全員、無事、生き・・・

王貞治は仮死状態で生まれ幼少期は病弱だった!

巨人(読売ジャイアンツ)で長きに渡って4番として活躍し、長嶋茂雄さんと共に巨人の9年連続日本一に大きく貢献した、王貞治(王さだはる)さんですが、出産時は仮死状態で生まれ、幼い頃は病弱だったといいます。

長嶋一茂は長嶋茂雄を解任した巨人軍への復讐心から野球を再開していた!

リトルリーグ(野球)脱退後は、一旦、野球への熱い思いを封印し、親友の杉浦夏樹さんら友人たちと冒険に夢中になっていたという、長嶋一茂(ながしま かずしげ)さんですが、中学3年生の時、お父さんの長嶋茂雄さんが巨人軍の監督を解任されると、巨人軍へ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ