「生い立ち」タグの記事一覧(2 / 37Page)

田原総一朗は敗戦後「天皇制」に疑問を持つようになっていた!

「天皇陛下のために死ね」と繰り返し教育されていたことから、海兵に行って軍人になるのが夢で、どのように華々しく死ぬか、死に方ばかり考え、海軍の特攻隊員として戦闘機に乗り、戦艦から飛び立ち、敵の軍艦にぶつかって死ぬことを夢見ていたという、田原総・・・

田原総一朗は少年時代「終戦」に一瞬絶望していた!

ついに、1945年8月15日(小学5年生の夏休み)、玉音放送により終戦を聞かされた、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、実は、その直後は、絶望的な気持ちになっていたといいます。

田原総一朗は海兵になって20歳で死ぬつもりだった!

軍国教育を受けていたこともあり、死ぬことへの恐怖はまったくなく、海兵へ行って20歳で死ぬと心に決めていたという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、やがては、日本が戦争に勝てないことを薄々感じるようになっていったといいます。

田原総一朗が戦時中に体験した今でも忘れられない出来事とは?

戦争が長引き、小学4年生の時には、食べ物も着る物もなかなか手に入らなくなったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、やがて、学校でも軍事教練が始まり、戦争ムード一色となると、忘れられない体験を幾度もしたといいます。

田原総一朗が小学生の時は戦争で生活が困窮していた!

小学校に入学した年の暮れに太平洋戦争が始まると、当初は、まだ、絵を描くことを楽しむ余裕があったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、次第に、物資が不足してきて、食べ物も服も手に入らなくなったといいます。

田原総一朗は小学校に入学した年に太平洋戦争が始まっていた!

幼稚園の頃、絵を描くことが大好きだったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、小学校に入学しても、変わらず、絵を描き続けていたそうですが、小学校に入学した年の暮れに太平洋戦争が始まると、授業で戦争の様子が教えられたことから、その影・・・

田原総一朗は幼稚園の時「清水の次郎長」の絵を描き先生に呆れられていた!

幼少期は病弱も、やがては、幼稚園でやんちゃ坊主「五人組」に数えられるほど、元気になったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、幼稚園の頃は、絵を描くことが大好きだったそうです。

田原総一朗の幼少期は病弱もやがてやんちゃ坊主になっていた!

彦根城の城下町にある大きな家で誕生し、幼少期は、裕福な家庭で育ったという、田原 総一朗(たはら そういちろう)さんは、幼い頃は身体が弱くひ弱な子供だったそうですが、やがて、元気で活発な子供に成長したといいます。

田原総一朗の生い立ちは?父親は女性にモテるも家はかかあ天下だった!

おばあちゃんから、生きるうえで大切なことを教えてもらったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、今回は、そんな田原さんの生い立ちと、子供の目から見た両親についてご紹介します。

田原総一朗は祖母から生き方について様々なことを教わっていた!

お父さんは起用で子煩悩、お母さんは教育熱心だったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、父方の祖母・田原志げさんからは、生きていくうえで大切な様々なことを教わったそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ