「真相」タグの記事一覧(5 / 25Page)

高木ブーはドリフ時代いかりや長介からの怒られ役で愚痴られ役だった!

1969年、「ザ・ドリフターズ」主演のバラエティ番組「8時だョ!全員集合」がスタートすると、やがて、高視聴率を記録し、一躍、大ブレイクを果たした、高木ブー(たかぎ ぶー)さんたち「ザ・ドリフターズ」は、週1回土曜日の生放送のため、厳しい稽古・・・

丹阿弥谷津子が「文学座」脱退の起因となった「喜びの琴事件」とは?

1963年11月、三島由紀夫さんの戯曲「喜びの琴」の上演を、「文学座」の座長・杉村春子さんらが、いくつかのシーンを問題視し、拒否したことにより、三島さんが「文学座」を脱退すると、三島さんに同調した10数名のメンバーとともに「文学座」を脱退し・・・

丹阿弥谷津子が若い頃は三島由紀夫らと共に「文学座」を脱退していた!

「文学座」ではヒロイン女優として活躍しつつ、「東京のえくぼ」ではヒロイン、「にごりえ」では主演を務めるなど、映像作品にも進出するなど、順調に女優としてのキャリアを積んでいた、丹阿弥谷津子(たんあみ やつこ)さんですが、そんな中、1963年、・・・

永六輔は坂本九が歌う「上を向いて歩こう」のヒットを予想していなかった!

1961年7月、自身が作詞した「上を向いて歩こう」を坂本九さんが歌うのを、「第3回中村八大リサイタル」で初めて聴くと、10代の若者がふざけて歌っているように聴こえ、激怒したという、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、作曲をした中村八大さんは・・・

永六輔は坂本九の「上を向いて歩こう」の歌い方に激怒していた!

1961年10月、坂本九さんに作詞した「上を向いて歩こう」が大ヒットとなった、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、実は、坂本さんの歌う「上を向いて歩こう」を初めて聴いた時、永さんは、坂本さんの独特の歌い方に激怒していたといいます。

永六輔が「上を向いて歩こう」の歌詞に込めた意味とは?

坂本九さんに作詞した「上を向いて歩こう」が、日本のみならず、世界中で大ヒットとなった、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、実は、この「上を向いて歩こう」には、永さんの、ある想いが込められていたといいます。

永六輔が作詞した「黒い花びら」は当初ヒットを予想されていなかった!

作詞した、水原弘さんのデビュー曲「黒い花びら」が、一旦はお蔵入りしていた状況から、一転、ミリオンセラーとなった、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、その陰では、作曲をした中村八大さんの尽力があったといいます。

中村メイコに失恋して永六輔は「上を向いて歩こう」を作詞していた?

自殺未遂した直後に、駆けつけて来てくれたことがきっかけで、神津善行さんと交際に発展したという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、その後、3回目のデートで神津さんにプロポーズされ、すぐに受け入れたそうですが、その報告を友達の永六輔さんにし・・・

大島渚と野坂昭如の殴り合いは遊び心からだった?

結婚30周年パーティーでは、泥酔状態の作家・野坂昭如さんに殴られるも、負けずにマイクで殴り返していたという、大島渚(おおしま なぎさ)さんですが、野坂さんの妻・暘子さんは、2人の間ではあくまで遊びだったのではと語っています。

大島渚の「戦メリ」での揺れるキスシーンは機材トラブルだった!

デヴィッド・ボウイさん、ビートたけしさん、坂本龍一さんという、異色のキャストが大きな話題となってヒットにつながった、大島渚(おおしま なぎさ)さんの映画「戦場のメリークリスマス」ですが、映画史で語り継がれているとても有名なシーンは、実は、機・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ