「若い頃」タグの記事一覧(20 / 139Page)

森繁久彌は若い頃「東宝新劇団」から「東宝歌舞伎」に左遷されていた!

「日劇」では、鬱々(うつうつ)とした気持ちで舞台進行係の仕事をしていた中、たまらず、歌手の藤山一郎さんの舞台に端役で出演させてもらうも、観客には全くウケず、失敗に終わったという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんは、その後、「東宝新劇団」に入・・・

森繁久彌は若い頃「日劇」で痴漢退治をさせられていた!

「日劇」では、幾度となく恐ろしい出来事に遭遇し、朝の見回り中には、地下で、血だらけの男の人が死んでいるのを発見したこともあったという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、その後、「日劇」では、トイレにこもった痴漢の退治に行かされたことも・・・

森繁久彌は若い頃「日劇」の地下で死体を発見していた!

「日劇」で舞台進行係として働く中、役者になる夢が諦めきれず、歌手の藤山一郎さんに頼み込んで、藤山さんのショーに端役で出演することを許してもらうも、観客には全くウケず、失敗に終わったという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、その後、勤務・・・

森繁久彌は「東宝」入社後は「日劇」で舞台進行係をしていた!

早稲田大学中退後は、お兄さんのコネで「東宝」に入社した、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、家族からは役者になることを許してもらえず、「日本劇場」に派遣され、舞台進行係の仕事をすることになったそうで、そんな中、たまらず、仕事で知り合った・・・

森繁久彌は早大中退後は兄のコネで「東宝」に入社していた!

早稲田大学「演劇研究部」では、先輩の山本薩夫さんと谷口千吉さんが中退したことで、部の中心人物となると、大学の外の素人劇団「中央舞台」にも出演するようになど、積極的に演劇活動に打ち込むも、1936年、当時、必修とされていた軍事教練を拒否したこ・・・

森繁久彌は早大時代「中央舞台(人間座)」で芝居に明け暮れていた!

早稲田大学進学後、先輩に誘われるがままに「演劇研究部」に入部すると、すっかり、お芝居の虜になったという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんは、中心人物だった山本薩夫さんと谷口千吉さんが左翼活動が原因で早稲田大学中退すると、代わって中心的存在と・・・

森繁久彌は早稲田大学演劇研究部の中心的存在だった!

旧制北野中学校時代は、いたずらばかりしていたうえ、歴史の試験では白紙で提出して、落第させられたこともあったという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんは、旧制早稲田第一高等学院に進学すると、物理学者を目指すも、成績が伴わず、やむなく断念したそう・・・

森繁久彌が中学の時は天井裏から小便をし停学処分となっていた!

教育熱心だったお母さんの意向で、進学校だった旧制北野中学校に進学したという、森繁久彌(もりしげ ひさや)さんですが、中学時代は、かなりやんちゃな生徒だったそうで、天井裏から小便をして停学処分となったことがあったほか、答案用紙を白紙で出して、・・・

財津一郎が結婚当初は妻に経済的に支えられていた!

貧乏生活の中、同じ劇団「石井均一座」に所属していた、舞台女優のミドリさんに一目惚れし、その後、土下座してプロポーズし、結婚に至ったという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、結婚後もなかなか仕事にありつけなかったことから、ミドリさんには・・・

財津一郎は「吉本興業」を退職希望もすぐには辞めさせてもらえなかった!

「吉本新喜劇」の舞台や時代劇風人気コメディ番組「てなもんや三度笠」で、コメディアンとして成功を収めるも、もともと、歌と演劇をしていた、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、やがて、東京でブロードウェイミュージカルが上演されると、演劇に戻りたく・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ