「若い頃」タグの記事一覧(40 / 146Page)

坂東玉三郎の仕掛人は伊藤信夫だった!

「桜姫東文章」の白菊丸役で、三島由紀夫さんほか名だたる文化人たちを魅了するも、中村歌右衛門さんら歌舞伎界の大幹部たちに遠慮して、松竹に売出しを控えられていたという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、なぜ、「曾我綉侠御所染」では・・・

坂東玉三郎は「曾我綉侠御所染」で可憐な娘役から非業の女方に転換していた!

「桜姫東文章」では、作家の三島由紀夫さんをはじめ、名だたる文化人を熱狂させるも、一般的にはまだ評価もされておらず、無名の存在だった、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、その後、女方への道を歩き始めると、1967年12月に上演され・・・

坂東玉三郎の「桜姫東文章」の「白菊丸」は一般受けはしていなかった!

その美少年ぶりから、作家の三島由紀夫さんをはじめ、澁澤龍彦さん、堂本正樹さんなどの著名人を熱狂させた、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、一般的には、当時はまだ、無名の存在だったそうです。

坂東玉三郎と三島由紀夫の出会いは?

「桜姫東文章」で白菊丸を演じると、たちまち、作家の三島由紀夫さんらを魅了したという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、今回は、そんな坂東さんと三島さんの初めての出会いをご紹介します。

坂東玉三郎は白菊丸で三島由紀夫の長年の疑問を解決していた!

1967年、国立劇場で上演された「桜姫東文章」の冒頭部分で、白菊丸登場シーンを演じると、作家の三島由紀夫さんや澁澤龍彦さんをも魅了したという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、三島さんは、かつて、自身が監修した「桜姫東文章」が・・・

坂東玉三郎は「桜姫東文章」の白菊丸役で澁澤龍彦も魅了していた!

17歳の時、国立劇場で上演された「桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)」で白菊丸役を演じた、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、坂東さんのあまりの美しさに魅了された、作家の三島由紀夫さんが、作家仲間の澁澤龍彦にもこのお芝居を・・・

坂東玉三郎が若い頃は白菊丸の美しさで三島由紀夫を魅了していた!

1964年14歳の時に、14代目守田勘弥さんの芸養子となり、その後、稽古に明け暮れる日々を送っていたという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、そんな中、作家の三島由紀夫さんに見初められたといいます。

坂東玉三郎の家系図は?14歳で14代守田勘弥の芸養子に!

1957年、7歳の時、14代目守田勘弥さんの弟子となった、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、その後、才能を認められ、1964年、14歳の時には、5代目坂東玉三郎を襲名し、守田勘弥さんの芸養子となります。

相田翔子が若い頃は京本政樹との不倫デートをスクープされていた!

若い頃は、女性デュオ「Wink」でアイドル的な人気を博すと、その後は、バラエティ番組で見せる天然ボケキャラで再ブレイクした、相田翔子(あいだ しょうこ)さんですが、プライベートはどのようなものだったのでしょう。今回は、そんな相田さんのプライ・・・

相田翔子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

1988年、鈴木早智子さんとアイドルデュオ「Wink」を結成すると、「愛が止まらない 〜Turn it into love〜」「淋しい熱帯魚」など数々のヒットを飛ばし、1992年、「Wink」活動停止後は、ソロ歌手として活動しつつ、「世界ウ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ