有馬稲子!市川崑と?萬屋錦之介と離婚!再婚は?老人ホーム?

Sponsored Link

かつて、その美貌で多くの人々を魅了した、宝塚出身の女優、有馬稲子(ありま いねこ)さん。華やかだった女優生活とは裏腹に、プライベートは波乱に満ちていたようです。




プロフィール!


有馬さんは、1932年4月3日生まれ、
大阪府豊能郡池田町(現在の池田市)のご出身です。

身長158センチ、

血液型はA型、

本名は、
中西盛子(なかにし みつこ)、

出身高校は、
大阪府立夕陽ヶ丘高等女学校、

趣味は、
ガーデニング、掃除、ふとん干し、
ウォーキング、水泳、

特技は、三味線、

有馬さんは、なんと、
腹筋を1日1000回されているそうです!


市川崑と?


有馬さんは、2010年、
日経新聞朝刊に連載中の「私の履歴書」の中で、

映画監督の市川崑さんと、
不倫関係にあったことを告白されています。

(文章内では、監督の名前は伏せられているのですが、
 内容は、確実に市川監督を示しています)


「私の履歴書」より。

当時、有馬さんはまだ20代で、
市川さんは、17歳年上の妻帯者。

有馬さんは、市川さんから、

妻とうまくいっていなくて別居している。
きちんとしたら君と結婚したい、春までには・・・

と、言われていたものの、

その約束は果たされることがなく、
ずっと待ち続ける日々だったそうです。

しかし、有馬さんは、ついに耐えられなくなり、
市川さんに、自分から連絡をとると、

なんと、市川さんに、
子どもが生まれていたというのです。

絶望のさなか、有馬さんは、
萬屋錦之介さんからプロポーズを受け、
萬屋さんとの結婚を決意されるのですが、

市川さんとの関係を清算するため、
市川さんにそのことを告げると、

どうしても結婚するというなら仕方がない。
その代わり、3月に1度でいいから、
今までと同じように会うと約束してくれ。

どうしても別れたいなら、
今まで君に注いできた愛情の責任を取れ。
自分にも考えがある、明日の新聞を見ろ!

と、懇願したり、脅したりで、
昼メロも顔負けのドロドロぶり。

さらに、それだけではなく、有馬さんは、
市川さんとの子どもを堕胎されていたことも、
告白されています。


当時の有馬さんと市川監督。

その後のお二人がどうなったのかは、
分かりませんでしたが、

有馬さんは、1961年に、
萬屋さんと結婚されていますので、

市川さんとの関係はきちんと、
清算できたのでしょうね。

萬屋錦之介と結婚。そして離婚。


ところで、有馬さんは、
萬屋さんとは、「近代映画」という、
映画雑誌の対談で知り合われたそうですが、

すでにトップスターだったお二人の結婚式は、
とても豪華で、ウェディングケーキは高さ2メートル、
当時の値段で16万円だったとか!

(現在の貨幣価値に換算すると、
 約4倍とのことなので、64万円!)



さらに、萬屋さんのお父さんから、
京都に900坪の土地をプレゼントされ、
そこに、150坪の豪邸を建てられるセレブぶり。

しかし、有馬さんは、
たった3年7ヶ月で離婚してしまいます。

一体何があったのでしょうか?

萬屋さんは、元歌舞伎役者で、
俳優に転身されているのですが、

梨園の出身のため、
しきたりが厳しかったこと、

また、萬屋さんは、日々、
宴会を自宅で開いていたため、

有馬さんは昼も夜も、料理の用意などに追われ、
疲れ果ててしまったためだと言われています。


再婚は?


そして、萬屋さんと離婚後の1969年、
有馬さんは、実業家の河村三郎さんと再婚。

しかし、こちらも、
1983年には離婚。

離婚の原因は分かりませんでしたが、
有馬さんは、河村さんとの生活について、

夫の会社が倒産したのは、
「おりん」の稽古が始まったころだった。

人を100%信じてはいけないという、
経営者に必須の条件が、彼には欠けていたように思う。

山口県の出身で県の伝統ある有名な地方紙が、
経営不振に陥ったとき、

地元の大政治家に「ふるさとの言論を絶やすな」と、
おだてられ、支援に巨額の資金をつぎこみ、
それが会社の経営破綻のひとつの理由になった。

~中略~

社員の給料が払えなくなり、
田園調布の私の家を抵当にお金を借りたが、
その直後に会社は倒産した。

と、語っておられたことから、

河村さんの会社が倒産したことが、
離婚の原因かもしれませんね。

ちなみに、萬屋さん、河村さんとの間に、
お子さんはいらっしゃらないようで、

有馬さんは、河村さんと離婚後は、
ずっと独身のようです。

現在は高級老人ホーム暮らし!


そんな有馬さんの、
気になる現在はというと・・・

横浜にある、高級ケア付きマンションで、
悠々自適の生活を送っていらっしゃるそうで、

マンションの中には、
フロントやロビーをはじめ、

大広間、レストラン、温泉ほか、
様々なクラブもあり、まるでホテルのようだとか。

55歳以上の健康な人しか入居できない、
シニア向け分譲マンションとのことで、

有馬さんは、ここを終の棲家に、
と考えていらっしゃるようです。

さて、いかがでしたでしょうか?

その美貌で多くの人々を虜にした、
昭和の名女優、有馬さんも、80歳半ば。

ルックスは、とても80代とは、
思えない若々しさですが、

お体には十分気をつけて、
これからもお元気な姿を見せてほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ