石原裕次郎の身長は?妻は?死因は?嵐を呼ぶ男でブレイク!

Sponsored Link

1956年、「太陽の季節」で映画デビューすると、端役ながら主演がかすむほどの輝きを見せた、石原裕次郎(いしはら ゆうじろう)さん。その後、「俺は待ってるぜ」「嵐を呼ぶ男」で大ブレイクし、日本中が裕次郎ブームに沸き上がりました。




プロフィール!


石原さんは、1934年12月28日生まれ、
兵庫県神戸市須磨区のご出身です。

身長178センチ、
股下80センチ、

血液型はA型、

学歴は、
慶應義塾大学中退、

趣味は、
食べること(懐石料理、カレーライス、ステーキ、葉山コロッケ)、
お酒、タバコ、車で、

車は、メルセデスベンツ300SL(W198ガルウィングクーペ)、
ロールスロイス・シルヴァースピリット、キャデラックなどの、
高級外車を所有されていたそうです♪


石原裕次郎記念館より。左がメルセデスベンツ300SL(W198ガルウィングクーペ)、
右がロールスロイス・シルヴァースピリット。



荒れた日々


石原さんは、高校生の時、
バスケットボールの選手として、
オリンピックを目指し活動していたのですが、

1952年、高校2年生の時、
練習中に左足を怪我してしまい、断念。

また、同年、突然、お父さんが亡くなるなど、
続く不幸に大変落ち込まれたそうで、

この頃から、石原さんは、荒れ始め、
お酒、麻雀、ヨット、喧嘩、ボクシングに、
明け暮れる毎日を送られたそうです。


映画「太陽の季節」でデビュー


その後、詳しい経緯は分かりませんでしたが、
石原さんは、大学に進学すると、
俳優を目指されたそうで、

「東宝」「大映」「日活」の、
オーディションを受けられたのですが、
すべて不合格に。

そんな中、石原さんのお兄さんである、
石原慎太郎さんが、1955年、

月刊誌「文學界」に発表した「太陽の季節」で、
「文學界新人賞」「第34回芥川賞」を受賞。

海辺で無秩序な行動をとる若者を意味する、
「太陽族」という流行語を生み出し、
一大センセーショナルを巻き起こすと、

翌年の1956年には、早速、日活が、映画化。
裕次郎さんは、慎太郎さんの勧めで、
この作品で映画デビューを果たしたのでした。


「太陽の季節」より。(左から)南田洋子さん、
石原裕次郎さん、石原慎太郎さん。


すると、大学のボクシング部の部員、
という端役だったにもかかわらず、

日本人離れした、すらりと高い身長など、
ルックス的な魅力に加え、
堂々とした演技を披露された裕次郎さんは、

それまでの俳優にはない、豪快な魅力で、
たちまち脚光を浴びたのでした。


「狂った果実」でスターダムに


そして、続く、同年7月に公開された、
映画「狂った果実」では、
慎太郎さんが原案と脚本を担当され、

裕次郎さんは、
映画2作目にして主演を務めるのですが、


「狂った果実」より。石原裕次郎さんと北原三枝さん。

劇中、圧倒的な存在感を放ち、
すでに大物スターの風格を漂わせていたそうで、
一躍、スターダムに。

(裕次郎さんは、この映画で主題歌も担当され、
 歌手としてもデビューされています。)


「狂った果実」

この年、石原さんは、

「乳母車」
「地底の歌」
「月蝕」
「人間魚雷出撃す」

と、続け様に出演されると、


「人間魚雷出撃す」より。

翌年の1957年には、
「勝利者」(5月)
「今日のいのち」(6月)
「海の野郎ども」(8月)
「鷲と鷹」(9月)

が、いずれも1億円を超える、
大ヒットを記録しています。


「今日のいのち」より。


「俺は待ってるぜ」「嵐を呼ぶ男」で大ブレイク!


さらに、続く同年10月、
「俺は待ってるぜ」の大ヒットで、
石原さんは大ブレイク!


「俺は待ってるぜ」より。

映画スターとして、
不動の地位を築かれると、

その年の年末に公開された、
「嵐を呼ぶ男」では、

配給収入3億5600万円、
観客動員数約594万人という、
空前の大ヒットを記録。


「嵐を呼ぶ男」より。

また、石原さんは、
この映画の主題歌も担当されたのですが、
15日間で8万5千枚を売り上げられたそうで、

この凄まじさに、ついにレコード会社は、
他の歌手の新曲リリースを中止し、

石原さんのレコードだけに、
かかりきりになったと言われています。


「嵐を呼ぶ男」

その後も、石原さんのブームは、
まだまだ続き、1958年には、

「陽のあたる坂道」
「夜の牙」
「錆びたナイフ」



「錆びたナイフ」より。

「風速40米」 
「赤い波止場」
「紅の翼」


と、ヒットを連発したのでした。


「紅の翼」より。


失踪騒動から復帰、結婚へ


そんな石原さんは、次第に、
マスコミに追われる生活や過労からノイローゼになり、
1959年3月には失踪。

(ちなみに、石原さんの行くところには、
 マスコミの車60台と、数百人のファンが、
 ついてまわっていたとも言われています。)

しかし、約2週間後には、
映画「男が爆発する」で復帰し、
その後も次々と映画に出演されると、


「男が爆発する」より。

1960年4月、
石原さんの相手役を多く務められ、
かねてより交際がうわさされていた、
女優の北原三枝さんと婚約を発表。

いよいよ石原さんの人気もおしまいか、
と思われたのですが、

「あじさいの歌」
「青年の樹」


が、以前と変わらぬヒットを記録。

そして、同年12月、
裕次郎さんは、北原さんと結婚されるのですが、


石原裕次郎さんと北原三枝さん。

同時期に公開された「闘牛に賭ける男」が、
配給収入約3億円の大ヒットを記録するなど、
結婚に左右されない、実力を見せつけたのでした。


「闘牛に賭ける男」より。


アクシデントからの復帰


また、石原さんは、
翌年の1961年1月、

志賀高原にスキーに行った際、
衝突されて、右足を骨折してしまい、
約半年の入院と療養をされるのですが、

映画「あいつと私」(9月公開)で復帰されると、
復帰を待ち焦がれたファンが劇場に殺到し、
ブーム絶頂期の時と同じ、配給収入4億円を達成。


「あいつと私」より。

続く、
「堂堂たる人生」
「アラブの嵐」

も、大ヒットを記録したのでした。


「堂堂たる人生」より。芦川いづみさんと石原さん。


人気低迷と路線変更


しかし、1962年になると、
これまで、石原さんの独壇場だった正月映画は、

小林旭さんと浅丘ルリ子さん主演の、
「渡り鳥北へ帰る」に取って代わられ、
石原さんは押され気味に。

また、石原さんは、年齢的にも肉体的にも、
アクション物に限界を感じ始められたようで、

「銀座の恋の物語」
「憎いあンちくしょう」
「花と竜」



「憎いあンちくしょう」より。石原さん、芦川いづみさん、長門裕之さん。

など、メロドラマに出演されるようになり、
人気アクション俳優から、演技派俳優へと、
路線を転換させていったのでした。


「石原プロモーション」を設立


そして、石原さんは、1963年、
「石原プロモーション」を設立されると、
プロデューサーと俳優の、二足のわらじで活動。

しかし、1968年に、
黒四ダム工事の実録を映画化した、
「黒部の太陽」が大ヒットを記録するものの、
あまり、パッとしない状態が続きます。


「黒部の太陽」より。三船敏郎さん(左端)と石原さん(右端)。

また、1970年代に入ると、
日活がロマンポルノへと、
路線を変更したこともあり、

石原さんは、ついに映画界から離れ、
テレビ業界へと活動の場を移していったのでした。


テレビドラマで活躍


そして、1972年には、
テレビドラマ「太陽にほえろ!」(東宝テレビ部制作)で、
主役の、七曲署捜査一係の係長、藤堂俊介役、
を演じられるのですが、


「太陽にほえろ!」より。

1976年~1979年の、
「大都会」シリーズ(石原プロ制作)、


「大都会」より。(左から)松田優作さん、渡哲也さん、石原さん。

1979年~1983年の、
「西部警察」シリーズ(石原プロ制作)、


「西部警察」より。

では、主演を渡哲也さんに据え、
石原さんは助演として出演され、
渡さんのサポートに徹していかれます。


死去


そんな石原さんは、以前から、
体調が優れなかったそうですが、
1979年頃に病状が悪化。

1981年には、「解離性大動脈瘤破裂」で、
生存率3%と診断され、手術を受けられます。

幸い、この手術は成功し、
九死に一生を得られるのですが、
その後も入退院を繰り返され、

1987年5月、療養で訪れていた、
ハワイから帰国後の7月17日、
「肝細胞癌」で他界されたのでした。


石原さんの葬儀より。

さて、いかがでしたでしょうか?

日本国民を熱狂させた、
戦後最大のスーパースター石原裕次郎さん。

石原さんの他界当時は、
日本中が「石原ロス」に見舞われ、

「裕次郎シンドローム」と言われるほど、
国民が大きなショックを受けたそうですが、

もう、このような存在は、
二度と現れないかもしれませんね。

そんなスーパースター石原さんの出演作品を、
この機会にご覧になってはいかがでしょう。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ