露口茂の若い頃は?年齢は?本名は?太陽にほえろで山さん!

Sponsored Link

1955年、劇団「俳優座演劇研究所付属俳優養成所」に入所し、俳優として活動を開始された、露口茂(つゆぐち しげる)さん。当初は、悪役などアクの強い役での出演でしたが、1972年にテレビドラマ「太陽にほえろ!」「落としの山さん」こと、山村精一警部補役を演じられると、一躍、30~40代の主婦を中心に理想の男性として人気を博しました。


年齢は?出身は?身長は?本名は?

露口さんは、1932年4月8日生まれ、
東京府東京市(現・東京都)のご出身、
(愛媛県松山市育ち)

身長175センチ、

血液型はB型、

学歴は、
愛媛県立松山東高等学校
⇒愛媛大学文理学部人文学科甲類
(文学課程英語・英文学専攻)中退

ちなみに、露口茂は本名で
愛称は、露さん、露口ちゃんです。

若い頃は劇団「俳優小劇場」の旗揚げに参加

露口さんは、大学在学中から、「NHK松山放送劇団」の劇団員
(主にラジオドラマ(オーディオドラマ))として活動され、

大学2年の時には、先輩に誘われて大学を中退し、1955年23歳の時、
劇団「俳優座演劇研究所付属俳優養成所」に第7期生として入所。

(ここでは、生活のために、同期だった田中邦衛さんと、
 ポスター貼りのアルバイトをされており、よその会社の壁に、
 ポスターを貼って、よく守衛に追いかけられたそうです)

その後、1958年に、「俳優座演劇研究所付属俳優養成所」
を卒業すると、劇団「新人会」に入団されるのですが、

1960年には、劇団「新人会」から分裂し、
小沢昭一さん、小山田宗徳さん、小林昭二さん、
山口崇さん、山谷初男さんらと、「俳優小劇場」を結成。

1971年に劇団「俳優小劇場」が解散するまで、
小劇場を中心に活動を続けられています。

アクの強い個性派俳優として

そして、劇団「俳優小劇場」解散後は、
舞台のかたわら、テレビドラマや映画にも出演されているのですが、

1964年、映画「赤い殺意」今村昌平監督)では、
人妻を強姦し、やがて心臓病で死ぬ役、

「赤い殺意」より。

1966年、成人映画「四畳半物語 娼婦しの」では、
主人公を売春宿に売り飛ばす男役、
「第12回ホワイト・ブロンズ賞助演男優賞」受賞)

1969年、テレビドラマ「水戸黄門」では、
主人公の黄門様を狙う刺客など、

「水戸黄門」より。

死ぬ役、暗い役、犯人役、クズ役など、
一般受けしない役ばかりを演じられ、
アクの強い個性派俳優として活動されています。

(ちなみに、1969年出演の映画「ジキルとハイド」は、
 難解な内容と暴力シーンの多さからスポンサーがつかず、
 いったん、お蔵入りとなったそうです)

「太陽にほえろ!」の山さんでブレイク

しかし、1972年7月、連続ドラマ「太陽にほえろ!」で、
メインキャストのひとりである、「落としの山さん」こと、
山村精一警部補役に抜擢されると、

「ボス」こと藤堂係長(石原裕次郎さん)を中心とした、
警視庁七曲警察署(捜査第一課)捜査第一係の刑事たちの中でも異色な、

常に冷静沈着で、鋭い洞察力と並外れた推理能力を持つ刑事役を好演し、
ドラマの最高視聴率は40.0%となる大ヒットを記録。

エピソードごとに主演が変わる一話完結型の「太陽にほえろ!」において、
露口さんの主演or主演同等のエピソードは、最多の竜雷太さんに次いで、
2番目に多いほど、一転、国民的人気俳優となられたのでした。

30~40代の女性に絶大な人気

ところで、この、山村精一警部補役、
実は、プロデューサーの岡田晋吉さんが、

テレビドラマ「文五捕物絵図」(1967~1968年)での、

あえて正義のために、愛のために、
強力な相手に立ち向かっていく、男の怒りを表現した芝居

をする、露口さんを見て感動し、

30~40代の女性視聴者を獲得するために、
「太陽にほえろ!」の企画段階で、真っ先に、
露口さんと出演交渉をし、人物設定を決められたそうで、

実際、露口さんが、「太陽にほえろ!」で、
数多くの夫婦愛の物語を演じられると、
主婦層から、理想の男性と絶大な人気を博したのでした。

ちなみに、露口さんが「文五捕物絵図」の放送時に、
婦人会のイベントに参加された際には、
女性たちから黄色い声援が飛んでいたそうで、

当の露口さんはというと、はじめは、主演の杉良太郎さんと、
間違えられているのだろうと思っていたそうで、まさか、
自分にこんなに女性ファンがいるとはと驚かれたそうです。

「露口茂の現在は?妻は?子供は?バロンの声優?出演ドラマ映画は?」に続く

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ