荒木経惟が昔は妻を写真集に?子供は?少女世界?センチメンタルな旅?

Sponsored Link

めきめきとカメラマンの資質を開花していった荒木経惟(あらき のぶよし)さんですが、「電通」に入社すると、退屈な仕事の合間に、好き放題。そんな時、社内である女性と運命の出会いを果たします。


「荒木経惟の幼少期は?若い頃は電通のカメラマン?さっちんで太陽賞!」からの続き

妻は?

大学卒業後に就職した「電通」では、会社の仕事もそこそこに、
会社の施設や備品を使って、やりたい放題で、
自身の仕事に打ち込まれていた荒木さんですが、

1968年、社内報撮影で訪れた文書部タイプ室で、
青木陽子さんと出会うと、

もっさりした前髪をきっちりとピンで留めるような、
とても素朴な女性だった陽子さんに、

何かある

と、直感めいたものを感じたそうで、

陽子さんをセンターに座らせて撮影すると、
それがきっかけで、交際に発展。

その後、荒木さんは、どんどん陽子さんに惹かれていき、
社内スタジオをこっそり使用しては、陽子さんの写真を撮りまくり、
ついに、1971年には結婚されたのでした。

「センチメンタルな旅」「わが愛、陽子」を出版

そして、結婚後も荒木さんは、陽子さんを撮り続け、
1971年に、京都~福岡・柳川~長崎と新婚旅行の道中を撮影した、
写真集「センチメンタルな旅」を自費出版すると、


センチメンタルな旅

その後も、

1982年「わが愛、陽子」
     「10年目のセンチメンタルな旅」

1984年「ノスタルジアの夜」
1985年「愛情生活」
1987年「酔い痴れて」
1989年「愛情旅行」

と、夫婦生活の中で陽子さんを撮っては、
写真集を次々と出版。

荒木さんは、後に、

結婚しても、どこかミステリアスだった。
それが一番の魅力だった。

と、時折、物憂い表情を見せる陽子さんに、
尽きない魅力を感じたこと明かされています。

少女世界?過激なヌード写真で摘発、発禁

そんな荒木さんは、陽子さんと結婚した翌年の1972年には、
電通を退社しフリーランスとして活動をスタート。

この頃から、自ら「天才アラーキー」と名乗り、
黒メガネに八の字髭(ひげ)という、誰が見ても怪しい出で立ちで、
様々なメディアに登場するのですが、


天才アラーキーの良き時代

そんな風貌のせいか、荒木さんには、
常にいかがわしいイメージがつき、

数ある作品の中でも、過激なヌード写真が、
より注目されるようになります。

そして、1981年、若い男性をターゲットにした雑誌、
「写真時代」が創刊されると、

荒木さんは、性的イマジネーションを膨らませながら、
独自の虚構世界を作り上げ、後に三大連載と言われる、

「景色 淫花開く」
「少女フレンド 少女世界」
「写真生活 天才詩人の食事メニュー」


「少女世界」

を掲載し、「写真時代」の、
中心写真家として活躍されたのでした。

(ただ、その過激さから、何度も警視庁の摘発を受け、
 1988年に過激なヌード写真で摘発されると、
 ついに「写真時代」は発禁となっています。)

妻が死去!子供は?猫?

その後も、荒木さんは、小津安二郎監督作品「東京物語」から、
インスピレーションを得た「東京物語」「TOKYO NUDE」ほか、
次々と名作を発表し、精力的に活動を続けられるのですが、


東京物語

同年夏、妻の陽子さんに「子宮肉腫」が見つかると、
わずか半年後の1990年1月には陽子さんが他界してしまい(享年42歳)、

荒木さんは、この、あまりにも突然過ぎる別れに打ちひしがれ、
その後は、陽子さんと幸せな時間を過ごしたバルコニーから、
毎日空や花を撮るようになっていきます。

そして、寂しさを埋めるため、
その撮影したモノクロームの空の写真に、
絵の具で彩色をされるのですが、

印画紙が絵の具をはじいて意図しない模様ができたのは、
神との出会いだと思った。

と、偶然の産物からインスピレーションを得、

1991年には、20年前に刊行した、
「センチメンタルな旅」(1971年)の写真と、

陽子さんの死の前後を、日付入りコンパクトカメラで撮影した、
写真日記「冬の旅」を併せた、「センチメンタルな旅・冬の旅」を刊行。


センチメンタルな旅・冬の旅

1996年にも、陽子さんの死後、
自宅のバルコニーで撮影した、空・花・愛猫などの写真を収めた、
(お二人にお子さんはおらず、愛猫のチロが「一人娘」代わりだったそうです)

「荒木経惟写真全集3 陽子」
「荒木経惟写真全集11 廃墟」

を次々と刊行され、妻を失った悲しみを、
作品へと昇華されたのでした。

「荒木経惟が性的虐待?湯沢薫がパワハラセクハラ告白!元ミューズKaoRiも!」に続く


奥さんの陽子さん(左)と荒木さん♪

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ