藤木孝!歌手だった!相棒!ロッキーホラーショー!妻は?

Sponsored Link

歌手で俳優の、藤木孝(ふじき たかし)さん。1959年、東宝芸能学校を卒業され、歌手としてデビューされました。1960年はロカビリー全盛時代で、藤木さんは「ツイスト男」と呼ばれ、「レージィ・ギター」「踊れツイスト」「ツイストNo.1」「ママのツイスト」「24000のキッス」などが大ヒット。ダンスと歌唱力に定評があり、ロカビリー歌手として名を馳せました。




しかし、人気絶頂だった1962年、
松竹に引きぬかれ、突然歌手を引退されます。

俳優に転身!


そして、「にんじんくらぶ」に入団され、
俳優に転身されたのでした。

実は、藤木さん、
自分が歌いたいのは、本当にこれなのか、
と、ロカビリー歌手としてのご自分に、
疑問を持たれていたのだとか。

それにしても、成功していた歌手をやめるなんて、
すごい決断でしたね。

同年、篠田正浩監督がメガホンを取った、
映画「涙を、獅子のたて髪に」では、主演を務められ、

相手役は加賀まりこさん、
スタッフもそうそうたるメンバーで、
素晴らしい映画だったそうです。



まだ演技経験の乏しい藤木さんでしたが、
光る才能を、篠田監督は見抜いておられたのでしょうね。

そして、1964年、篠田監督は、
石原慎太郎さん原作の「乾いた花」
映画化され、再び藤木さんを主人公に起用されました。

その当時のことを篠田監督は、

藤木孝はナベプロ全盛時代の売れっ子歌手だった。
それを松竹が引っこ抜いた。

でもほかの監督では彼を扱えないので、私に白羽の矢が立って、
彼を主人公にして、加賀君を相手役に抜擢した。
「涙を、獅子のたて髪に」の話)

その延長で「乾いた花」のキャスティングをしたんです。
博奕に溺れる女に加賀まりこ、
ジャンキーの殺し屋に藤木孝、
それに現代的な虚無をまとった二枚目の池部良。
この組み合わせがよかった。

とインタビューで語っておられました。

そして、藤木さんは、1966年、
劇団「欅(けやき)」、劇団「昴(すばる)」に参加され、
舞台俳優として活動されました。

2006年の退団後は、
テレビドラマや映画にも活動の場を広げられ、
藤木さんの「怪演」ぶりが高く評価されました。

1986年の「ロッキーホラーショー」では、
「第12回菊田一夫演劇賞」を受賞、

2003年の「ナイチンゲールではなく」では、
「第38回紀伊國屋演劇個人賞」を受賞、

さらに、2005年の「コンコルド」では、
「ACC CM FESTIVAL演技賞」を受賞されました。

歌手から俳優へと転身された藤木さんは、
その才能と努力で、
演技派俳優としての地位を、
確かなものにされたのでした。

そんな藤木さんの、
気になる話題について調べてみました!

相棒!


藤木さんは、人気テレビドラマ「相棒」シリーズの、
Season4とSeason11に出演され、
その怪演ぶりを見せつけています!

Season4「桜田門外の変」では、
殺人鬼の鬼頭清六を演じられ、
変人的な気味の悪い演技。



Season11「オークション」では、
オークション会場の司会者、富塚修一郎を演じられ、
こちらも、犯人なのか、犯人じゃないのか、
よく分からない、あやしい役柄。



どちらも、ドラマに適度な変化を与える役回りで、
藤木さんの怪演が存在感を放っていました。

こういう役を演じさせたら、
藤木さんの右に出る人はいませんね(^^)


ロッキーホラーショー!


1985年、藤木さんは、
ロンドン生まれのカルト・ミュージカル、
「ロッキーホラーショー」の日本初公演で、
初代フランク・フルター役を演じておられます。

繰り返し上演され、
熱狂的ファンを持つこのミュージカルは、

2011年、日本では11年ぶりに上演されたそうで、
その発表記者会見に、
初代フランク・フルターの藤木さん、
2代目フルターだった、ROLLYさん、
そして、今回3代目フルターを演じる古田新太さんが出席されました。



音楽がすごく好きな作品。
物語は奇想天外で、
頭で考えるよりも体で体感する、
ミュージカルという感じの作品です。

と、藤木さんは作品を説明されました。

今回はナレーター役として登場されるとのことで、

「なるようになれ」

と思いながら演技されたとのことで、
とても謙虚な藤木さんでした(^^)

妻は?


さて、気になる、
藤木さんのプライベートですが、

残念ながらまったく情報がなく、
ご結婚されているのかどうかも分かりませんでした。

昔ながらの役者さんらしく、
プライベートは公にしない主義なのかもしれません。

今や、藤木さんは、
昔歌手だったことが霞むくらい、
インパクトのある俳優となられました。

ロカビリー歌手と、藤木さんの持ち味である「怪演」は、
似ても似つかない気がしますが、

これも、藤木さんが、自身の別の一面を引き出し、
磨きあげた賜物でしょう。

これからも、私達をゾッとさせる演技で魅了してほしいですね!
ご活躍を期待しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ