滝田栄の若い頃は徳川家康!竹千代の臨済寺で修行していた!


NHK大河ドラマ「徳川家康」の徳川家康役や、料理番組「料理バンザイ!」の司会、ミュージカル「レ・ミゼラブル」のジャン・バルジャン役などでお馴染みの俳優、滝田栄(たきた さかえ)さん。今回は、そんな滝田さんの若い頃についてご紹介します。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?兄は?

滝田さんは、1950年12月5日生まれ、
千葉県印西市出身のご出身、

身長184センチ、
体重80キロ、

血液型はB型、

学歴は、
中央大学文学部仏文科(夜間部)中退、

趣味・特技は、
陶芸、仏像彫刻、料理、抜刀術(戸山流四段)、

ちなみに、「滝田栄」は本名です。

また、お兄さんの詔生(つぐお)さんは、成田高校陸上部の元監督で、マラソンの増田明美選手、ハンマー投げの室伏広治選手を育てた名監督でしたが、55歳の時、ガンで他界されています。

文学座

滝田さんは、高校時代、山岳部で山登りに熱中していたそうで、高校卒業後は、いつかフランスの山へ登りたいという気持ちから、大学は仏文科(夜間部)に入学し、昼間はアルバイトをされていたそうです。

しかし、1970年、大学1年生の時、「70年安保」でほとんど授業がなく、暇つぶしに銀座をブラブラし、たまたま入った映画館「テアトル銀座」で、「アラビアのロレンス」という映画を見たところ、俳優たちが格好良くて感動したそうで、

そのことを大学の友だちに話したところ、その友達から、

君は俳優になるべきだ。君はタイプからいって文学座だ。

と言われ、試験の傾向や対策まで教えてくれ、そのうえ、滝田さんのために作文まで書いてもらったそうで、

滝田さんはなんだか出来そうな気がしてきたため、「文学座」養成所の試験を受けに行ったところ、見事合格されたのだとか。

ただ、右も左も分からず、まったくお芝居ができなかったそうで、

滝田さんは、その当時を振り返り、

そんな中で続けられたのは、何かね、空気がものすごく自由で、一人一人がものすごい個性を持っていて、この人間を見ているのが刺激的で面白かったんですよね。

と、明かされています。

「劇団四季」で活躍

こうして、滝田さんは、「文学座」の養成所でお芝居の基礎を積まれ、その後、「文学座」の養成所を退所されると、

1973年、23歳の時には、「劇団四季」に入団して、「王様の耳はロバの耳」の王様役や、「ジーザス・クライスト・スーパースター」のユダ役などで有名になられ、


27歳頃の滝田さん

1981年、31歳の時には、「劇団四季」も退団されています。


「ジーザス・クライスト・スーパースター(1976)」より。
ユダ役を演じる滝田さん。

徳川家康

その後、滝田さんは、テレビドラマを中心に活動されると、1983年には、大河ドラマ「徳川家康」で、主演の徳川家康役に抜擢。

これで、滝田さんは一躍ブレイクされるのですが、滝田さんは、その時のことを振り返り、

大河ドラマはそれまで何本か出てきましたけど、目一杯やれるので参加できるだけで嬉しかった。ただ、主役は、歌舞伎の方や劇団トップの方とか、血統書付きの方がやるもので、僕には縁のない世界だと思っていました。

「内海の輪」というドラマのロケ先に電話がかかってきたんです。「大河の主役をやってほしい。徳川家康です。」と。最初はからかわれていると思いました。

と、語っておられました。


「徳川家康」より。滝田さんと武田鉄矢さん。

役作りのため「臨済寺」で修行

ところで、この大河ドラマ主演に、当然、やる気満々だった滝田さんですが、実際、役作りに取り組むと、徳川家康という人物がまったく分からず、演じることに不安を感じるようになったそうで、

自ら、徳川家康が今川家の人質となって暮らしていた、静岡の「臨済寺」の門をたたいたそうです。

そして、竹千代(家康の少年時代の呼称)の間の隣の部屋に住み込み、禅の修行僧たちと一緒に生活されたそうですが、それでも、家康がどんな人物だったのか見えてこず、次第に追い詰められていったのだそうです。

Sponsored Link

3杯のお茶

そんなある日、その寺に隠居していた、倉内松堂老師という禅師から、

息抜きにお茶でもどうぞ

と、声をかけられ、滝田さんが庵を訪れると、禅師はお茶を3杯入れてくれたそうです。

1杯目はものすごく甘く、
2杯目は渋く、
3杯目は苦かったそうで、

ずいぶん味が変わるんですね

と、滝田さんが言うと、

禅師は、

甘い、渋い、苦い。甘渋苦の三つが揃って人生の味わいなんです。

とおっしゃって、ニコリとされたそうで、

滝田さんはこれを聞き、家康の人生を考えたところ、

甘はない、渋もない、苦以上ですね。想像を絶する苦しみの連続の中を必死に生きて、一つ一つの苦しみを、ぶざまだけど乗り越えて、ついに戦国の世を終わらせて天下を平定した。

と、理解されたのだとか。

そして、さらに、

「ああ、ぶざまでいいんだ」と思ったんですよ。僕には耐えられないような苦しみや悲しみを、本気で乗り越えていった。これが家康のドラマなんだなと思った。

ずるいタヌキおやじとかそういうお芝居じゃなくて、家康が生きた理由というものを本気で演じることができました。

と、明かされています。

ちなみに、滝田さんは、家康の心の拠り所が、仏教であり、お釈迦様だったことが分かると、それらの教えに関心を持つようになり、自己流で、経典や般若心経を読んだり、座禅を組んで瞑想をされたのだそうです。

「滝田栄の現在は仏像彫刻?デビューからの出演ドラマ映画を画像で!」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ