真島昌利の少年時代は「SEX PISTOLS」でパンクに目覚めていた!


1985年、甲本ヒロトさんとパンクロックバンド「THE BLUE HEARTS」を結成すると、「TRAIN-TRAIN」「情熱の薔薇」などのヒットを飛ばし、その後も、ずっと第一線で活躍されている、真島昌利(ましま まさとし)さん。今回は、そんな真島さんのルーツである、少年時代をご紹介します。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?

真島さんは、1962年2月20日生まれ、
東京都小平市花小金井のご出身(東京都日野市生まれ)、

身長171センチ、

血液型はB型、

学歴は、
東京都立久留米西高等学校卒業、

ちなみに、「真島昌利」は本名です。

ビートルズでロックに目覚める

真島さんは、12歳の時、友達の家で、初期の頃のビートルズの曲を聴いて衝撃を受け、ロックに目覚めたそうで、

ギター買うしかない!!

と思いたち、その次の週末に、モーリスのフォークギターを1万円で購入すると、
(エレキギターは高くて買えなかったそうです。)

「初歩のギター」という、森山良子さんが表紙の教則本を見ながら、独学でギターの練習を始められたそうです。

ただ、教則本に載っていた楽譜は、「荒城の月」で、ビートルズの曲とのあまりの違いに愕然。

それでも、しばらくは弾いていたそうですが、ビートルズを聴かせてくれた友達に、

今、僕、ギター買って荒城の月とか弾いてるんだけど、これってビートルズもやったのかなー?

と聞くと、

その友達からは、

いや、ビートルズは多分やってない。

と、言われたそうです(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=SbLuhlq-qik

ジョニー&スリー・クール・キャッツ

そして、翌年の1975年、ついにエレキギターを購入すると、1976年には、中学校の文化祭で初めて人前で演奏。

同年には、池袋の西武百貨店が開催したアマチュアバンドコンテストに、「ジョニー&スリー・クール・キャッツ」というバンドで出場するなど、アマチュアバンドとして活動を開始されたのでした。

Sponsored Link

「SEX PISTOLS」でパンクに目覚める

ちなみに、真島さんは、中学3年間は、「ビートルズ」や1950年代のロック・ロカビリーなどが好きだったそうですが、

高校1年生の時、レコードを買おうと並んでいると、レジの横に平積みされていた、「SEX PISTOLS」のシングル「God Save the Queen」のレコードジャケットに衝撃を受け、即購入。


God Save the Queen

家に帰り、レコードを聴こうとプレイヤーの針を落とした瞬間、

うわぁ!!かっこいいー

と、その曲に衝撃を受け、一瞬でパンクにはまってしまったのだそうです。

ただ、当時、日本では、パンクは馬鹿にされている存在だったため、音楽仲間の理解が得られなかったばかりか、真島さんまで馬鹿にされてしまったのだそうです。

文字に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ