喜多嶋舞が芸能界を引退!息子の本当の父親は伏石?現在は?


「婦人公論」のインタビューで芸能界引退を発表し、一連の騒動について胸の内をすべて明かされた、喜多嶋舞(きたじま まい)さんですが、その内容は、ただただ大沢さんに対する不満を述べただけのもので、世間では息子さんの本当の父親探しが加熱。多くの有名人の名前があがる中、ある人物が父親だと特定されます。

「息子の虐待告白は嘘?DNA鑑定で元夫大沢樹生と親子関係なし!」からの続き

Sponsored Link

芸能界を引退

元夫の大沢樹生さんが「親子関係不存在の確認」を求めた裁判で、「親子関係はない」との判決が出されたことから、世間から激しいバッシングを浴びた喜多嶋さんは、しばらくの間、沈黙されていたものの、2015年12月、たまらず「婦人公論」でコメント。

その内容とは、まず、一連の騒動で家族や親族が傷つけられたことから、

(女優としての)人生にピリオドを打ち、残りの人生を母として妻として生きていこうと決めた。

と、芸能界引退を決めたことを告白したうえで、

判決の根拠となったDNA鑑定については、現在、混乱している息子が成人し社会人となった時に、再鑑定を行い「身の潔白を証明したい」と語り、あくまで父親は大沢さんであると主張。

そして、大沢さんが初めての交際相手だったことや、結婚前、大沢さんのご両親が購入したマンションの連帯保証人になり、離婚時に保証人を外すという約束となっていたにもかかわらず、いまだ果されていないことなどに触れているのですが、

つまるところ、ただただ、大沢さんへの不満を並べて、論点をずらしているだけで、そもそも、DNA鑑定に納得がいかないのなら、すぐさま、別の方法でDNAの再鑑定をしたほうが、息子さんの混乱も収まり、喜多嶋さんの身の潔白も、証明出来るというもの。

それを、息子さんの成人を待って再鑑定というのは、話を先送りにしているようにしか受け取れず、結果的には、大沢さんが父親でないことを、認めたような形となったのでした。


「婦人公論」より。

本当の父親は?

こうなると、気になる、息子さんの「本当の父親」ですが、

奥田瑛二さん、石田純一さん、
西島秀俊さん、赤坂晃さん、保坂尚輝さん、

など、さまざまな有名人の名前が、噂されるのですが、とある週刊誌記者が、

まだ騒動が連日報じられていた頃から、芸能マスコミの間で、「本当の父親はこの人物で間違いないだろう」と、目されている人物が存在していました。

その人物とは、元芸能人で、過去には防止法違反容疑で逮捕歴もある“F”。しかしこのFはまったくの無名であり、現在の所在もまったくわからない。

さらに彼が本当の父親と立証することも難しく、現在この情報はお蔵入り状態になっているようです。

と明かされており、実は、関係者の間では、すでに父親が特定されているというのです。

「F」とは伏石泰弘

そこで、この「F」という人物について調べてみると、1993年の「ジュノンボーイコンテスト」で、加藤晴彦さんとともに審査員特別賞を受賞した、伏石泰弘(ふせいし やすひろ)さんという方だと判明。


伏石泰弘さん

伏石さんは、その後、「サイコドクター」「ケイゾク」などのテレビドラマに出演されるも、芸能活動がうまくいかなかったのか、後に、都内でクラブ経営されているのですが、このクラブで、いかがわしいパーティーをして、2010年に逮捕されると、それ以来、消息がわかっていません。

また、伏石さんと当時親しかった関係者の間では、喜多嶋さんが大沢さんと結婚するずっと前から、喜多嶋さんが伏石さんと交際していることは有名だったそうで、伏石さんは、親しい関係者や身内に、

「自分が喜多嶋を妊娠させてしまった」

と、言いふらしていたとか。

あくまでネット上でのうわさに過ぎませんが、もし、伏石さんが今後、芸能界にカムバックすることがあれば、ひと騒動起きること間違いなしですね。

Sponsored Link

現在は?

さて、いかがでしたでしょうか?

逃げるように芸能界を引退された喜多嶋さんが、現在、何をされているのかは分かりませんでしたが、再婚相手は、東大卒で大手出版社に勤務されている方ということなので、悠々自適に専業主婦をされているのかもしれませんね。

ちなみに、息子さんは、ロサンゼルスで寿司職人をされている、喜多嶋さんの弟さんの家に、2013年8月から住み込み、板前の修業をされていたそうですが、2017年には帰国されているとのうわさがあり、もしかして、息子さんが芸能界デビュー?

もし、そんな日が来たら、またまた、大荒れしそうな・・・

今後も喜多嶋さんの動向には注目です!!

「喜多嶋舞の若い頃は?父親と母親は?大沢樹生との馴れ初めは?子供は?」

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ