桜木健一の現在は?妻子は?科捜研!相棒ほか出演ドラマ映画は?歌も?


テレビドラマ「柔道一直線」で大ブレイクし、「刑事くん」では絶頂を極めた、桜木健一(さくらぎ けんいち)さんですが、以降は先細り、35歳の頃にはテレビの仕事が激減。それでも、現在は脇役で作品を盛り上げられています。

「桜木健一の若い頃は柔道一直線や刑事くんで大人気だった!」からの続き

Sponsored Link

出演作品(テレビドラマ、映画)

こうして、活動の場を舞台に移された桜木さんは、
山本周五郎さん原作の「さぶ」「樅ノ木は残った」など、多数の舞台に出演されるほか、

テレビドラマでは、時代劇やサスペンスもので、
脇役を多く演じられるようになっていくのですが、

ここで、そんな桜木さんの、
そのほかの出演作品もご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1965年「新選組血風録」第25話「流山」
1967年「銭形平次」第62話
1969年「柔道一直線」
1971年「太陽の恋人」
1972年「熱血猿飛佐助」
1973年「まんまる四角」


「太陽の恋人」より。吉沢京子さんと桜木さん。


「熱血猿飛佐助」

1974年「ここ一番」
1975年「虹のエアポート」
1976年「五街道まっしぐら!」
1977年「駆けろ!八百八町」
1978年 NHK大河ドラマ「黄金の日日」
1979年「特捜最前線」


「黄金の日日」より。


「特捜最前線」より。

1980年「特命刑事」
1981年「森繁久彌のおやじは熟年」第6話
1982年「吉宗評判記 暴れん坊将軍」第197話
1983年「銭形平次」第859話
1984年「水戸黄門」第14部 第12話
1985年「長七郎江戸日記」第1シリーズ


「水戸黄門」より。(左から)桜木さん、
芦屋雁之助さん、岡本信人さん。

1986年「徳川風雲録 御三家の野望」
1987年「江戸を斬るVII 」第25話
1988年「大岡越前」第10部 第20話
1989年「右門捕物帖」
1990年「名奉行 遠山の金さん」第3シリーズ 第14話
1991年「水戸黄門」第20部 第32話


「右門捕物帖」より。桜木さん(左)と杉良太郎さん。

1992年「水戸黄門」第21部 第6話
1993年「水戸黄門」第22部 第11話
1994年「江戸を斬るVIII」
1996年「水戸黄門」第24部 第32話
1997年「鬼平犯科帳」第7シリーズ 第12話
1999年「御家人斬九郎」第4シリーズ 第3話

2000年「南町奉行事件帖 怒れ!求馬II」第16話
2002年 NHK大河ドラマ「利家とまつ~加賀百万石物語~」
2005年「水戸黄門」第34部 第5話
2006~2007年 NHK連続テレビ小説「芋たこなんきん」
2008年「土曜ドラマ・刑事の現場」第1話、3話、最終話
2010年「水戸黄門」第42部 第6話

2011年「告発~国選弁護人」第5話
2013年「水曜ミステリー9 さすらい署長 風間昭平10」
2014年「金曜プレステージ 所轄刑事9」
2015年「松本清張ミステリー時代劇」第3話
2016年「相棒」season14・第16話
2017年「勤番グルメ ブシメシ!」
2018年「科捜研の女」


「科捜研の女」より。

映画では、

1960年「次郎長血笑記シリーズ」
     「庄助武勇伝 会津磐梯山」
1967年「あゝ同期の桜」
1968年「人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊」
     「侠客列伝」
     「あゝ予科練」   
1969年「昭和残侠伝 唐獅子仁義」


「昭和残侠伝 唐獅子仁義」より。桜木さんと夏珠美さん。

1970年「柔の星」
1974年「あゝ決戦航空隊」
     「仁義なき戦い 完結篇」
1976年「新仁義なき戦い 組長最後の日」
1980年「はだしのゲンPART3・ヒロシマのたたかい」
2013年「百年の時計」
2015年「新宿スワン」

Vシネマでは、

2002年「難波金融伝ミナミの帝王 19 『闇の裁き』」
2003年「実録・関東やくざ戦争 修羅の盃」
2005~2006年「誇り高き野望」1、2、4、5、6話

ほか、数多くの作品に出演されています。

ちなみに、桜木さんを「科捜研の女」「相棒」で、
多くの方が検索されているようですが、

「科捜研の女」
では、天郷村の村長役、
「相棒」では、外国人労働者派遣団体の理事長役と、
いずれもゲストとして出演されています。


「相棒」より。

歌(ディスコグラフィー)

また、桜木さんは、「柔道一直線」では、主演を務められただけではなく、
主題歌「柔道一直線」で歌手としてもデビューされており、

その後も、シングルを次々とリリースされていますので、
ご紹介しましょう。

1969年「柔道一直線」
 (「柔道小唄」「一人ぼっちの海辺」「友情の星」という3曲の挿入歌も)
1970年4月「恋はうそつき」
     10月「帰らない町」
1971年7月「太陽の恋人」(「太陽の恋人」の主題歌)
1972年9月「コンクリート・ジャングル」(「刑事くん」の主題歌)
       「熱血猿飛佐助」(「熱血猿飛佐助」の主題歌)
1975年12月「青春の刻」
1977年11月「別れのための子守歌」
1984年「誘惑」
1987年2月「おんなの罪」


ちなみに、この頃は、ドラマの主題歌を主演俳優が自ら歌うというのが、
一般的だったようで、歌唱力が厳しい主演俳優も多かったようですが、

そんな中、桜木さんは、伸びやかで熱い歌声を披露されており、
歌唱力には定評があったようです。

妻は?子どもは?

そんな桜木さんの、気になるプライベートですが、

桜木さんは、1976年に結婚されると、
2人の娘さんが誕生しています。

ただ、いつ頃かは分かりませんが、離婚されたようで、
その後、再婚されると、もう1人、娘さんが誕生。

そして、また離婚されています。

(いずれも離婚理由は、桜木さんの浮気と言われています)

ちなみに、2008年には、情報番組「2時っチャオ!」に出演し、
マンションの高層階にある眺めの良い自宅を披露されているのですが、

レポーターの「お嫁さんは?」との質問には、

そんなもんいりませ~ん

と、即答されています。

料理も掃除も全部自分でやられるそうで、
現在は独身生活を謳歌されているということなのでしょう。

Sponsored Link

現在は?

ところで、桜木さんは、俳優活動のかたわら、
2009年には、横浜・八景島シーパラダイスに、「そば処 櫻木庵」を出店し、

「一直線天ぷら」「つばめ返しうどん」など、ユニークなネーミングのおそばが、
並んでいたそうですが、残念ながら、2014年には閉店してしまったようです。

というわけで、現在は、俳優業に専念し、松平健さんや北島三郎さんの、
1ヶ月公演などの舞台にも出演されているとのことでした。

さて、いかがでしたでしょうか?

柔道・金メダリストの斉藤仁さんや石井慧さんは、
桜木さんのドラマ「柔道一直線」を見て柔道を始められ、

格闘家の角田信朗さんは、子どもの頃、
桜木さんにサインをもらったことで、格闘技をやるようになったそうで、

当時の多くの子どもたちに、とても大きな夢を与えられた桜木さん。

現在は、もっぱら、脇役として作品を盛り上げる役割ですが、
これからも、お体には気をつけて頑張ってほしいですね。

応援しています!!

「桜木健一の若い頃は柔道一直線や刑事くんで大人気だった!」

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ