岡本信人の若い頃は子役も建築家志望だった!父は?出演ドラマ映画は?


1962年、中学2年生の時、児童劇団「劇団ひまわり」に入団されると、同年には、「福澤諭吉」でテレビドラマデビューされた、岡本信人(おかもと のぶと)さん。そんな岡本さんのルーツを調べてみました。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?

岡本さんは、1948年1月2日生まれ、
山口県岩国市のご出身、

身長163センチ、
体重64キロ、

血液型はB型、

学歴は、
駒場学園高等学校
⇒東海大学第二工学部建築学科卒業

趣味は、
野草を調理して食べる、

ちなみに、
岡本信人は本名です。

幼少期は父親の影響で建築家志望だった

岡本さんのお父さんは、戦前(岡本さんが誕生する前)、中国東北部にあった建築設計事務所に勤務され、助産婦だったお母さんと現地で結婚されているのですが、終戦間際に召集されると、敗戦後はシベリアに抑留されてしまったそうで、お母さんは、お兄さんとお姉さんを連れて、命からがら引き揚げられます。

そして、2年ほど経って、ようやくお父さんが帰国されると、岡本さん一家は、お父さんのお兄さんを頼って、山口県の岩国で暮らし始めるのですが(岡本さんはこの頃、誕生)、抑留生活がたたってか、お父さんは「結核」を発症。

闘病生活は10年にも及び、岡本さんが物心ついたときには、お父さんはいつも病院におり、お母さんも日中は看病の為、ほとんど病院におられたそうです。

そして、そんなお父さんから、唯一言われていたことは、

建築家になれ

だったそうで、お父さんが図面を引く姿を見て育った岡本さんは、いずれ自身も建築家になるのだろうと思っていたそうです。

(お父さんは、中国で築いた全財産をすべて奪われてしまっており、技術だけはとられないと、建築家になることを勧められたようです)

「劇団ひまわり」入団~「福澤諭吉」で子役デビュー

その後、岡本さんは、小学6年生の三学期に入る直前の、もう少しで卒業という頃、お父さんが回復し、横浜市に引っ越しされるのですが、新しい環境にようやく慣れた中学2年生の時には、また、お父さんの仕事の都合で東京の世田谷区に転校。

そのせいで、岡本さんはなかなか周囲に溶け込めず、だんだん元気をなくしていったそうですが、そんな息子を見かねたお父さんが、

仲間ができればまた元気になるだろう

との軽い気持ちから、新聞に出ていた児童劇団「劇団ひまわり」の募集広告に応募。

岡本さんは、いきなり入団テストを受けるように言われ、驚かれたそうですが、お父さんには逆らえず、また、自分の居場所もなかったことから、言われるがままに受けてみたところ、なんと合格。

1962年には、NHKのテレビドラマ「福澤諭吉」でデビューを果たされたのでした。

石井ふく子(橋田壽賀子)ファミリーで活躍

ただ、当初は嫌々だったものの、段々演じることが面白くなってきた高校2年生の終わり頃には、今度は、

劇団はもう辞めろ

と、お父さんから言われたそうで、お父さんの思いを汲んだ岡本さんは、一旦は言われるがままに劇団をやめられるのですが、

高校3年生の時には、以前出演した番組の放送作家からオファーをもらうと、つい、その場で快諾してしまい、

将来は建築家になるけど、まだちょっと俳優をやりたい

と、生まれて初めてお父さんに楯突いたそうで、

予定どおり大学は建築学科へ進学するものの、1968年には、長期ドラマ「肝っ玉かあさん」(石井ふくこプロデューサー作品)への出演で、思った以上に、建築家と俳優の両立が難しかったことから、大学卒業後は就職せずに俳優の道に進まれたのでした。


「肝っ玉かあさん」より。
(左から)中原ひとみさん、結城美栄子さん、岡本さん。

(お父さんは、何も言わずに見守ってくれたそうです)

以降、岡本さんは、数多くのテレビドラマや映画に出演。特に、TBSホームドラマの名脇役として、「ありがとう」シリーズ、「渡る世間は鬼ばかり」シリーズほか、石井ふく子プロデュース(橋田壽賀子脚本)作品に多数出演され、石井(橋田)ファミリーの一員として活躍されたのでした。

Sponsored Link

出演作品(テレビドラマ、映画)

それでは、ここで、
岡本さんのそのほかの出演作品もご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1966年「若者たち」
1967年「フレッシュマン」
1968年「男はつらいよ」
1970年「ありがとう」第1シリーズ~第4シリーズ
1971年「おれは男だ!」
1972年「マドモアゼル通り」
1973年「あんたがたどこさ」
1974年「日本沈没」


「ありがとう」より。
(左から)水前寺清子さん、山岡久乃さん、岡本さん。

1975年「必殺必中仕事屋稼業」
1976年「ほんとうに」
1977年 NHK大河ドラマ「花神」
1978年「道」
1979年 NHK大河ドラマ「草燃える」
1980年 NHK大河ドラマ「獅子の時代」
1981年「ポーツマスの旗」


「獅子の時代」より。

1982年「裸の大将放浪記(8)」
1983年「海にかける虹~山本五十六と日本海軍」
1984年「若き血に燃ゆる-福沢諭吉と明治の群像」
1985年「ふぞろいの林檎たちII」
1986年「長七郎江戸日記」第1シリーズ第104話
1987年「親子万才」
1988年「忠臣蔵・いのちの刻」
1989年 NHK大河ドラマ「春日局」


「ふぞろいの林檎たちII」より。時任三郎さんと岡本さん。

1990年「浮浪雲」
1992年「新・三匹が斬る!」第9話
1993~2016年「渡る世間は鬼ばかり」
1994年「アリよさらば」
1995年「さんかくはぁと」
1996年「快刀!夢一座七変化」第6話
1997年「和服デザイナー探偵2」


「渡る世間は鬼ばかり」より。
(左から)中島唱子さん、えなりかずきさん、岡本さん。

1998年「愛しすぎなくてよかった」
1999年「天国に一番近い男」
2000年「棟居刑事の黙示録」
2001年「松本清張特別企画・わるいやつら」
2002年「北の捜査線・小樽港署」
2003年「松本清張特別企画・喪失の儀礼」
2004年「ケータイ刑事 銭形零 」第9話


「棟居刑事の黙示録」より。
(左から)岡本さん、麻丘めぐみさん、佐藤浩市さん。

2005年「ブラザー☆ビート」
2006年「時効警察」
2007年「ハゲタカ」
2008年「駅弁刑事・神保徳之助」
2009年「気骨の判決」
2010年「陽炎の辻スペシャル?居眠り磐音 江戸双紙?」
2011年「専業主婦探偵~私はシャドウ」


「駅弁刑事・神保徳之助」より。
(左から)大下源一郎さん、松尾伴内さん、岡本さん。

2012年「金子みすゞ物語~みんなちがってみんないい~」
2013年「浅見光彦シリーズ『天河伝説殺人事件』」
2014年「医龍-Team Medical Dragon-」
2015年「リスクの神様」
2016年「昼のセント酒」
2017年「税務調査官・窓際太郎の事件簿32」
2018年「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」


「リスクの神様」より。
(左から)堤真一さん、戸田恵梨香さん、岡本さん。

映画では、

1963年「煙の王様」
1975年「吾輩は猫である」
1976年「おしゃれ大作戦」
1977年「悪魔の手毬唄」
1978年「翼は心につけて」
1979年「病院坂の首縊りの家」
1980年「土佐の一本釣り」


「病院坂の首縊りの家」より。(左から)三条美紀さん、
石坂浩二さん、佐久間良子さん、清水紘治さん、
小沢栄太郎さん、草刈正雄さん、加藤武さん、岡本さん。

1983年「唐獅子株式会社」
1986年「BE_FREE!」
1987年「星の牧場」
1988年「マルサの女2」
1991年「必殺!5 黄金の血」
1992年「寝盗られ宗介」
1993年「まあだだよ」

1995年「静かな生活」
1996年「スーパーの女」
1998年「落下する夕方」
2000年「PARTY7」
2002年「釣りバカ日誌13」
2005年「亀は意外と速く泳ぐ」
2006年「武士の一分」
2008年「まぼろしの邪馬台国」


「釣りバカ日誌13」より。(左から)岡本さん、
西田敏行さん、鈴木京香さん、三國連太郎さん。

ほか、数多くの作品に出演されています。

「岡本信人の息子は松本利夫?妻は?娘は?野草を食べる?」に続く

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ