数多くのテレビドラマや映画でヒロインを務め、その美貌で多くの人を惹きつけた、大原麗子(おおはら れいこ)さんですが、その華やかな芸能生活の裏では、ある病に悩まされていました。

「大原麗子は舟木一夫とも交際!高倉健とも?森進一との離婚理由は?」からの続き

Sponsored Link

「ギランバレー症候群」と「乳がん」

大原さんは、1975年8月、28歳のとき、神経疾患である難病「ギラン・バレー症候群」を発症されています。

(「ギランバレー症候群」とは、筋肉をうごかす運動神経の障害で、急に手や足に力が入らなくなくなる病気。原因は、腸炎を引き起こすカンピロバクター菌などが体内に入った際、免疫のシステムが異常をきたし、神経を攻撃するためと考えられているのですが、完全には解明されていないそうです。)

そのため、当時出演中の連続ドラマ「新・坊っちゃん」「冬の陽」は途中降板となり、芸能活動は休止。

その後、当時のご主人、渡瀬恒彦さんの献身的な看病の甲斐もあって、半年後の1976年2月には、テレビドラマ「絣(かすり)の花」で女優業に復帰されるも、

病気になる前は、3~4本ドラマを掛け持ちするのは当たり前で、2クールや1年続く連続ドラマに出演されていたのが、常に再発を心配するようになり、掛け持ちはおろか、単発のドラマを中心に出演されるようになります。


「絣の花」より。荒木道子さん(左)と大原さん。

こうして、常に再発の不安と戦いながら、仕事をこなしてきた大原さんですが・・・

1991年、47歳のときには、「乳がん」が発覚。一旦は手術して回復に向かうも、1993年には、またしても「乳がん」が再発し、再び手術を受けられています。

また、1999年には、左目を二重にする整形手術を受けられているのですが、手術は失敗。まぶたが腫れ上がってしまい、当時、主演が決まっていた映画「天城越え」の降板を余儀なくされています。

ちなみに、その後、左目のまぶたは、再手術されたのですが、あまり出来は良くなかったのか、それ以来、大原さんは、自宅に引きこもるように。

そして、追い打ちをかけるように、同年11月、ついに「ギラン・バレー症候群」が再発し、大原さんは、芸能活動を休止されたのでした。

マネージャーの佐藤嘉余子と

こうして、失意のうちに、芸能活動を休止された大原さんですが、

元マネージャーの佐藤嘉余子さんによると、大原さんは、この年の大晦日(おおみそか)、

カヨさん、私、病気になっちゃった

と、電話をかけてこられたそうで、

心配になった佐藤さんが、元旦の明け方にタクシーを飛ばして大原さんの家に行かれると、大原さんは、同居を頼んでこられたのだそうです。

ただ、1990年、舞台に出演したい大原さんと、反対する佐藤さんの間に溝ができ、1989年のNHK大河ドラマ「春日局」終了後、マネージャーを辞めた佐藤さんは、以来、大原さんとは音信不通となっていたことから、すぐには承諾できないでいたそうですが、


「春日局」より。山下真司さんと大原さん。

その後、何度も同居を頼まれたことから、勝ち気だった大原さんの憔悴ぶりを心配した佐藤さんは、ついに同居を承諾。

大原さんは、料理ができない佐藤さんに代わって、料理を作られ、外出先から帰った佐藤さんを「お帰りなさい」と迎えて、手料理を振る舞ってくれたのですが・・・

やはり、またしても、ささいな生活習慣の違いからケンカになってしまい、たったの5ヶ月で同居は解消されてしまったのだそうです。

Sponsored Link

再発の真相は?思い込み?

その後、大原さんは、一時は、医師から完治と診断されたようですが、実際は、何度も再発と芸能活動休止を繰り返され、

2008年11月11日深夜、物を取りに行こうとガレージに出た際、足元がふらついて転倒されると、右手首の骨折と膝の打撲という重傷を負ってしまいます。

実は、大原さんは、11月に入ってから、足元がおぼつかなくなることがあり、再発を不安に感じていた矢先の出来事だったそうで、

「ギラン・バレー症候群」が再発して転倒した

と、取材では語っておられたのですが・・・

過去に「ギラン・バレー症候群」を患った演出家の鴨下信一さんや専門医によると、この病が再発することは滅多にないそうで、再発は疑わしく、また、大原さんの弟さんも再発は姉の思い込みだったのではないかと否定的な見方をされています。

ただ、演出家と違って、舞台で体を酷使されていた大原さんの場合には、後遺症が残っていたのかもしれませんし、そもそも、「ギラン・バレー症候群」でなければ、一体、何が原因で足元がおぼつかなったのか・・・

いずれにせよ、大原さんは、当時、

同じ病気の人を怖がらせたくなかった

との理由で、闘病については一切公言されておらず、今となっては、この真相は闇の中となってしまったのでした。

「大原麗子の死因は?晩年が悲惨!誰からも見放され孤独死!」に続く

Sponsored Link