1969年、26枚目のシングル「ブルーライトヨコハマ」が大ヒットし、一躍人気歌手となられた、いしだあゆみさん。その後もヒット曲を連発しますが、次第に女優業へと活動の場をシフトされます。そんないしださんの生い立ち、ヒット曲、出演作品について調べてみました。

Sponsored Link

年齢は?出身は?身長は?本名は?姉妹は?

いしださんは、1948年3月26日生まれ、
長崎県佐世保市のご出身(大阪府池田市育ち)、

身長163センチ、
体重45キロ、

血液型はB型、

学歴は、
上野学園高等学校卒業、

ちなみに、本名は、
石田良子(いしだ よしこ)で、

姉には、フィギュアスケート・グルノーブルオリンピック代表の石田治子さん、

妹には、元歌手の石田ゆりさん、

義理の弟(ゆりさんのご主人)には、小説家・作詞家の、なかにし礼さんがおられます。(なかにし礼さんは、いしださんのヒット曲「あなたならどうする」を作詞)

少女時代はフィギアスケート選手~スカウトされて歌手

いしださんは、3歳からフィギュアスケートを始められると、1959年、小学6年生の時には、「全関西フィギュア・スケート選手権大会・ジュニアの部」で優勝されるなど、フィギュアスケートの選手として活動されていたのですが、

(お母さんが大阪・梅田にあったスケートリンク内で喫茶店「フジヤ」を経営していたことから、お姉さんの治子さんがフィギュアスケートを始められたそうなので、いしださんもその影響かもしれません)

1961年、中学生の時、アイスショーでスケートをしているところを、当時、東宝の取締役だった松岡辰郎さんにスカウトされて芸能界入りされると、同年、大阪の「梅田コマ劇場」で歌手として初舞台。

翌1962年には上京し、作曲家のいずみたくさんに弟子入りして、同年4月、「夢みる恋」(原題「Walkin’ Back To Happiness」)で歌手デビューされると、(このときは、本名の「石田良子」名義)

1964年には、「いしだあゆみ」として、「ネェ、聞いてよママ」「ビクターレコード」から本格的な歌手デビューを果たされるのですが・・・


「ネェ、聞いてよママ」

以降、

1964年6月「サチオ君/17才になりたいの」
     6月「三人三羽(田辺エイコ)/誰だって一人じゃない」
     8月「素敵なパパ/小さな幸福」※森繁久彌さんとのデュエット
     9月「東京の夜は更けて/東京の夜は更けて(Inst.)」
       「先生を好きでした/あゆみの子守唄」
       「サミーのマーチ/ハートでキッス(伊藤アイコ)」
     11月「ブーベの恋人/夢みるバラの乙女(ロイヤル・ナイツ)」
       「赤い花びら飛んでゆく(ロマンス・サイクリング)/みんなでサイクリング」
1965年2月「みどりの乙女/渚の想い出」
     3月「アッちゃん/真珠(パール)の指輪」
     8月「愛さなければよかった/歌え太陽」
     9月「ガムとチョコ/メリー・ゴーランド(伊藤アイコ)」
     11月「わたしのことだけ/湖に雨が降るとき」
     12月「若い野ばら/さびしさに涙して」
1966年4月「夢みる17才/ソー・ロング・ベイブ」
     5月「愛のマーチ/忘れたいのよ」
     7月「さいはての湖/くちづけ(松尾和子)」
     8月「パイナップル・ラブ/赤いバラ」
1967年4月「黄色いハンカチ/緑のおめめ」
     5月「恋のシャドー/あふれる幸せ」
     9月「こまらせたいの/夜を忘れたい」
1968年2月「小雨の思い出/星のタンバリン」

と、怒涛のようにシングルをリリースするも、どれもパッとしなかったのでした。

(そのほか、いしださんは、1964年に、テレビドラマ「七人の孫」、映画「喜劇・駅前音頭」で女優としてもデビューされており、テレビドラマや映画にも出演されていました)

「ブルーライトヨコハマ」「あなたならどうする」などが大ヒット

ところが、1968年6月、歌手活動専念とイメージチェンジをはかり、「日本コロムビア」にレコード会社を移籍されると、同年12月にリリースしたシングル「ブルーライトヨコハマ」が150万枚を売り上げる大ヒットを記録。


「ブルーライトヨコハマ」

この年、「第20回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たされると、その後も、

1970年3月には、「あなたならどうする」
1971年5月には、「砂漠のような東京で」

と、立て続けにヒットを飛ばし、1977年まで、9年連続で「NHK紅白歌合戦」に出場されるなど、いしださんは、一躍、人気歌手となられたのでした。

出演作品(映画、テレビドラマ)

その後、1979年には、所属していた渡辺プロダクションから分社化したイザワオフィスに事務所を移籍されると、活動も徐々に歌手から女優業へとシフトされています。

それではここで、いしださんの主な出演作品をご紹介しましょう。

映画では、

1964年「喜劇 駅前音頭」
1965年「若い野ばら」
1967年「続・何処へ」
1969年「クレージーの大爆発」
1973年「日本沈没」
1977年「青春の門 自立編」

1979年「闇の狩人」
1981年「駅 STATION」
1982年「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」
1983年「迷走地図」
1985年「夜叉」
1986年「火宅の人」


「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」より。渥美清さんといしださん。


「火宅の人」より。いしださんと緒形拳さん。

1988年「アナザー・ウェイ ―D機関情報― 」
1992年「マンハッタン・キス」
1996年「学校II」
1997年「流れ板七人
1998年「プライド・運命の瞬間」
2000年「長崎ぶらぶら節」

2002年「化粧師 KEWAISHI」
2005年「姑獲鳥の夏」
2007年「天国は待ってくれる」
2008年「ホームレス中学生」
2009年「なくもんか」
2011年「これでいいのだ!!映画★赤塚不二夫」
2014年「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」


「天国は待ってくれる」より。(左から)戸田恵梨香さん、中村育二さん、いしださん、清木場俊介さん。

テレビドラマでは、

1964年「七人の孫」
1965年「光る海」
1973年「初蕾」
1974年「だいこんの花」
1976年「大都会 闘いの日々」第16話
1977年「祭ばやしが聞こえる」
1978年「カンガルーの反乱」


「七人の孫」より。(左から)いしださん、加藤治子さん、勝呂誉さん、松山英太郎さん、森繁久彌さん、長谷川哲夫さん、大坂志郎さん。

1979年「京都殺人案内」
1980年「悪女の仮面」
1981年「傑作推理劇場「松本清張の百円硬貨」」
1982年「野獣刑事」
1983~1985年「金曜日の妻たちへ」
1984年「女ざかり」

1985年「消しゴムお亜季」
1986年「雨の日の訪問者」
1987年「雪の朝に」
1989年 NHK朝の連続テレビ小説「青春家族」
1991年「君の名は」
1992年「北の国から」


「北の国から」より。田中邦衛さんといしださん。

1993年「松本清張スペシャル・Dの複合」
1994年「おれはO型・牡羊座」
1995年「寝たふりしてる男たち」
1996年「猫と庄造と二人の女」
1998年「織田信長 天下を取ったバカ」
1999年「ナニワ金融道」

2001年「金田一少年の事件簿」
2002年「お見合い結婚」
2003年「てるてる家族」
2004年「ホームドラマ!」
2005年「涙そうそう この愛に生きて」
2006年「ヘレンときよしの物語」

2007年「星ひとつの夜」
2009年「スマイル」
2010年「おふくろ先生の診療日記」
2011年「さよならぼくたちのようちえん」
2013年「おふくろ先生の診療日記」
2019年「やすらぎの刻~道」


「おふくろ先生の診療日記」より。平泉成さんといしださん。

ほか、数多くの作品に出演されています。

ちなみに、1982年には、「野獣刑事」「男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋」の映画2作品で、「第6回日本アカデミー賞主演女優賞」

1986年には、映画「火宅の人」で、「報知映画賞」「ブルーリボン賞」「第10回日本アカデミー賞主演女優賞」を受賞されており、

いしださんは、女優としても大成功を収められています。

Sponsored Link

朝ドラ「てるてる家族」はいしだ四姉妹がモデル

ところで、いしださんを「朝ドラ」で多くの人が検索されているようですが、

実は、2003年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「てるてる家族」は、いしださん四姉妹をモデルとして描かれたもので、

長女・春子は石田治子さん(いしださんの長姉)、次女・夏子はいしださん、四女・冬子は石田ゆりさん(いしださんの末妹)がモデルとなっているのです。(三女は一般人)


「てるてる家族」より。(左から)紺野まひるさん、上原多香子さん、石原さとみさん、
上野樹里さん。

ちなみに、いしださんご自身も、売れないクラブ歌手として出演され、ドラマを盛り上げられています♪


「てるてる家族」より。上原多香子さんといしださん。

さて、いかがでしたでしょうか。

いしださんの、

  • 年齢は?出身は?身長は?本名は?姉妹は?
  • 少女時代はフィギアスケート選手~スカウトされて歌手
  • 「ブルーライトヨコハマ」「あなたならどうする」などが大ヒット
  • 出演作品(映画、テレビドラマ)
  • 朝ドラ「てるてる家族」はいしだ四姉妹がモデル

について、まとめてみました。

「ブルーライトヨコハマ」「あなたならどうする」は、誰でも一度は聴いたことがあるほど有名な曲ですが、なんせ約50年も前の曲なので、いしださんが歌われていたことを知らない方も多いかもしれません。

いしださんオリジナルを聴かれたことがない方はこの機会にぜひ♪

「いしだあゆみの元旦那はショーケン萩原健一!離婚理由は?交際&結婚歴は?」に続く

Sponsored Link