松原智恵子の旦那は黒木純一郎!息子は東大病院医師で超エリート!


デビュー以来、数多くの映画やテレビドラマで、ヒロインを演じられてきた、松原智恵子(まつばら ちえこ)さんですが、そんな松原さんのプライベートは、どのようなものだったのでしょうか。

「松原智恵子の現在はやすらぎの刻で天然?出演ドラマ映画は?」からの続き

Sponsored Link

旦那は黒木純一郎

松原さんの気になるプライベートですが、松原さんは、27歳の時、ジャーナリストの黒木純一郎さんと結婚されています。

松原さんが、まだ22歳の時、着物の撮影などの仕事で黒木さんと知り合われると、一緒に食事をするうちに親しくなり、交際に発展。

当時、人気絶頂だった松原さんなので、周囲からは猛反対されたようですが、そんな周囲の反対を押し切る形で、松原さんは、交際3年で結婚されています。


新婚旅行での松原さんと黒木純一郎さん。

新婚旅行はアフリカ大陸を車で横断

ちなみに、新婚旅行は、ご主人の黒木さんがシルクロードの本を出版するための取材旅行に、松原さんが休みを取って便乗する形だったそうで、

車でベルギーを出発して、オランダ⇒ドイツ⇒フランス⇒スペイン⇒モロッコと周り、サハラ砂漠を渡って、アルジェリア⇒チュニジアと北アフリカを横断し、イタリアのシチリア島から⇒ナポリ⇒ブルガリア⇒トルコと再びヨーロッパに戻るという旅を、なんと100日間。

松原さんは、「時間ですよ」の収録のため、イスタンブールまで行ったところで帰国されたそうですが、(黒木さんやスタッフらはそのままシルクロードへ)

松原さんは、

私は、名古屋から上京して以来、ずっと家と撮影所を往復するだけの毎日で、世間はおろか、周りの環境すら何もわからないような状態でした。そんな私にいろいろなことを教えてくれたのが今の主人です。

彼に出会ったことで、私の世界が本当に広がったと思っています。たとえば、新婚旅行もそのひとつかもしれません。100日間という長い時間をかけて北アフリカの各国を回ったのですが、なかでも車でサハラ砂漠を走破するというのは、今ではなかなか体験できないことでした。

と、ご主人への思いを語っておられました。

Sponsored Link

息子は医者で超エリート

そんなお二人の間には、結婚されてから12年後の1984年(松原さん39歳)、男の子が誕生しています。

実は、松原さんは、当初、それほど子どもが欲しいとは思っていなかったそうですが、いざ、子どもが欲しいと思い出した35歳の頃にはなかなかできず、お医者さんに診てもらうと、「大丈夫」と言われたそうで、38歳の時、無事妊娠し、出産された時はとても嬉しかったとのこと。

そして、そんな経緯もあってか、

自分も子どもを見守りたかったし、子どもに対しても「あなたのことをいつも見ているよ」という安心感を与えたかった。

と、息子さんが小学生ぐらいまでは、全ての行事に参加できるように、忙しいスケジュールを調整して、授業参観など学校行事には必ず出席し、ママ友との交流も積極的に参加されるなど、子育ても熱心にされていたそうです。

ただ、息子さんが高校1年生のとき、突然、

英国に留学する

と言われたそうで、自身も16歳で上京した松原さんは反対できずに送り出すと、最初は1年の予定だった留学が、大学卒業まで英国に滞在することとなったのだそうです。

ちなみにその大学とは、ロンドン大学グループの一つである「ロイヤル・ホロウェイ」で、イギリスの研究大学としてはトップ10に入るほど、世界的に評判の高い由緒ある大学なのですが、


「ロイヤル・ホロウェイ(Royal Holloway, University of London)」
映画の撮影にたびたび使われるほど、美しい大学としても有名だそうです。

その後、息子さんは、慶應義塾大学の医学部も卒業され、現在は、東大病院の内科医局に医師として勤務されているという超エリート。

しかも、松原さんいわく、

中学生のころなんて、一緒にお買い物に行っても私とはわざと離れて歩いて、欲しいものが決まると呼ばれていたのに(笑)。あちらでの生活で少しずつ意識が変わったのか、今は私のことをとても大事にしてくれます。

と、息子さんがとてもやさしくしてくれるそうで、松原さんにとっては、本当に自慢の息子さんでしょうね♪

(お子さんはこの息子さん一人だけのようです)

さて、いかがでしたでしょうか。

松原さんの、

  • 旦那は黒木純一郎
  • 新婚旅行はアフリカ大陸を車で横断
  • 息子は医者で超エリート

について、まとめてみました。

お互いの気持ちを尊重すること、お互いの立場を想像することが大切だと思います。主人は、女優という仕事をよく理解して私をサポートしてくれるので家庭も仕事も両立できている、といつも感謝しています。

もちろん、私自身もジャーナリストという主人の仕事を理解するよう努力しています。長年一緒に暮らしているから、何でもわかっているという思い込みは捨てるべき。夫婦という言葉に甘えずに、一人の人として常に相手を思いやり、気に掛ける温かい心を持ち続けたいですね。

と、夫婦円満の秘訣を明かされていた、松原さん。

これまで、何のスキャンダルもなく、公私共に順風満帆で来られたのも、そういう心がけの賜物なのかもしれませんね。

これからも、末永く私達の憧れでいてほしいものです♪

「松原智恵子の若い頃が美人!日活3人娘!実家は?現在の年齢は?」

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ