倍賞美津子のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!


今村昌平監督作品「復讐するは我にあり」で、殺人強盗犯の妻役を演じて、演技派女優として確固たる地位を確立した、倍賞美津子(ばいしょう みつこ)さん。今回は、そんな倍賞さんの主な出演作品を画像を交えてご紹介します。

「倍賞美津子は若い頃に勝新太郎から直オファーを受けていた!」からの続き

Sponsored Link

出演作品(映画)

それでは、ここで、倍賞さんのデビューからの主な出演作品をご紹介しましょう。

映画では、

1967年「純情二重奏」
1968年「ハナ肇の一発大冒険」
1969年「人斬り」
     「喜劇 女は度胸」
     「ミヨちゃんのためなら 全員集合!!」


「喜劇 女は度胸」より。河原崎建三さんと倍賞さん。

1970年「蝦夷館の決闘」
     「喜劇 男は愛敬」
     「こちら55号応答せよ!危機百発」
     「仁鶴・可朝・三枝の男三匹やったるでえ!」
     「喜劇 冠婚葬祭入門」
     「誰かさんと誰かさんが全員集合!!」


「誰かさんと誰かさんが全員集合!!」より。(左から)倍賞さん、いかりや長介さん、荒井注さん。

1971年「喜劇 猪突猛進せよ!!」
     「冠婚葬祭入門 新婚心得の巻」
     「喜劇 女は男のふるさとヨ」
     「暁の挑戦」
     「コント55号とミーコの絶体絶命」
     「ツンツン節だよ 全員集合!!」
     「喜劇 夜光族」


「暁の挑戦」より。若林豪さんと倍賞さん。

1972年「追いつめる」
     「喜劇 男の子守唄」
     「人生劇場 青春篇 愛欲篇 残侠篇」
     「喜劇 快感旅行」
1973年「花と龍 青雲篇 愛憎篇 怒濤篇」
     「宮本武蔵」
     「ダメおやじ」


「ダメおやじ」より。三波伸介さんと倍賞さん。

1975年「ザ・ドリフターズ カモだ!!御用だ!!」
1976年「君よ憤怒の河を渉れ」
     「あいつと私」
     「バカ政 ホラ政 トッパ政」
1977年「竹山ひとり旅」
     「江戸川乱歩の陰獣」
     「黒木太郎の愛と冒険」


「竹山ひとり旅」より。林隆三さんと倍賞さん。

1978年「冬の華」
     「雲霧仁左衛門」
1979年「復讐するは我にあり」
1980年「翔べイカロスの翼」
     「影武者」
1981年「ええじゃないか」
     「炎のごとく」


「復讐するは我にあり」より。三國連太郎さんと倍賞さん。

1983年「ションベン・ライダー」
     「楢山節考」
     「Okinawan Boys オキナワの少年」
     「陽暉楼」
1984年「逆噴射家族」
     「愛情物語」


「陽暉楼」より。

1985年「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」
     「友よ、静かに瞑れ」
     「恋文」
1986年「キャバレー」
     「離婚しない女」


「友よ、静かに瞑れ」より。藤竜也さんと倍賞さん。

1987年「あいつに恋して」
     「必殺4 恨みはらします」
     「女衒_ZEGEN」
1988年「童謡物語」
1989年「せんせい」
     「マイフェニックス」


「女衒 ZEGEN」より。倍賞さんと緒形拳さん。

1990年「夢」
1994年「ラストソング」
1995年「午後の遺言状」
1997年「うなぎ」
     「東京夜曲」
     「時をかける少女」
     「ユキエ」


「ユキエ」より。 ボー・スペンソンさんと倍賞さん。

1998年「ラブ・レター」
     「秘祭」
1999年「セカンドチャンス エピソードIII」
2000年「三文役者」
2001年「大河の一滴」
     「ターン」
     「赤い橋の下のぬるい水」
     「田園のユーウツ」


「ラブ・レター」より。倍賞さんと耿忠(コウチュウ)さん。

2002年「陽はまた昇る」 
     「11’09″01 セプテンバー11」
     「OUT」
2004年「機関車先生」
     「ニワトリはハダシだ」
2005年「星になった少年」
2006年「ゲド戦記」
     「気仙沼伝説」


「ニワトリはハダシだ」より。

2007年「The焼肉ムービー プルコギ」
2008年「ぐるりのこと。」
2009年「ニセ札」
2010年「大奥」
2011年「あしたのジョー」
     「デンデラ」
     「ロック 〜わんこの島〜」
     「一枚のハガキ」


「ニセ札」より。(左から)青木崇高さん、木村祐一さん、倍賞さん。


「デンデラ」より。

2012年「莫逆家族-バクギャクファミーリア-」
2013年「メモリーズ・コーナー」※フランス・カナダ合作映画
2016年「あやしい彼女」
2019年「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」
2020年「糸」
     「護られなかった者たちへ」


「糸」より。

出演作品(テレビドラマ)

テレビドラマでは、

1970年「新三匹の侍」第7話
     「徳川おんな絵巻第3話、第4話
1971年 NHK大河ドラマ「春の坂道」
1973年「顔で笑って」
1975年「ふりむくな鶴吉 第17話「冬の女」
     「剣と風と子守唄 第18話「母ちゃんの鐘」
1976年「ナショナルゴールデン劇場 七色とんがらし」


「新三匹の侍」より。高森玄さんと倍賞さん。

1979年「新・座頭市 第3シリーズ」第6話
     「探偵物語」
     「土曜ワイド劇場 夜の終る時 警官殺しを追え!」
     「3年B組金八先生」
1980年「源氏物語」
     「蒼き狼 成吉思汗の生涯」


「3年B組金八先生」より。

1984年「風にむかってマイウェイ」
1986年「好色一代男 世之介の愛して愛して物語」
1987年「翼をください」
1989年「あいつがトラブル」
1990年「月曜・女のサスペンスSP/鎖の女」
     「殺意の団欒」


「好色一代男 世之介の愛して愛して物語」より。倍賞さんと明石家さんまさん。

1991年「ボクのお見合い日記」
1992年「悪女」
1993年「嘘でもいいから」
     「日本名作ドラマ / 香華」
1994年 NHK朝の連続テレビ小説「春よ、来い」
     「競馬場の女」
     「デザートはあなた」


「悪女(わる)」より。倍賞さんと石田ひかりさん。


「競馬場の女」より。倍賞さんと阿藤海さん。

1996年「素晴らしき家族旅行」
1997年「ギフト」
     「水曜シリーズドラマ 大往生 第3話『オールド・ブラック・ジョー』」
1999年 NHK朝の連続テレビ小説「すずらん」
2002年「風の盆から」
     「北の捜査線・小樽港署」


「ギフト」より。木村拓哉さんと倍賞さん。

2005年「瑠璃の島」
2006年「春、バーニーズで」
     「大麦畑でつかまえて」
2007年「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」
     「NHKスペシャル / 最後の戦犯」
     「コールセンターの恋人」第3話
     「任侠ヘルパー」第5話
     「ドラマ10・八日目の蝉」
     「新参者 第2・3話」
     「月の恋人〜Moon Lovers〜」第6話
     「GOLD」第8話・9話
     「お母さんの最後の一日」
     「僕とスターの99日」
     「妄想捜査〜桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活」


「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」より。速水もこみちさんと倍賞さん。

2010年 NHK大河ドラマ「龍馬伝」
2012年 NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」
     「松本清張没後20年特別企画・市長死す」
     「ブラックボード〜時代と戦った教師たち〜」第3夜
     「日中国交正常化40周年特別番組 強行帰国〜忘れ去られた花嫁たち〜」
     「遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜」第1話


「日中国交正常化40周年特別番組 強行帰国〜忘れ去られた花嫁たち〜」より。倍賞さんと渡哲也さん。

2013年「TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜」
     「半沢直樹」第2部
     「人生がときめく片づけの魔法」
2014年「山田太一ドラマスペシャル 時は立ちどまらない」
     「宮本武蔵」


「人生がときめく片づけの魔法」より。(左から)夏菜さん、仲間由紀恵さん、福士誠治さん、倍賞さん。

2015年「上流階級〜富久丸百貨店外商部〜」
     「テレビ未来遺産 ORANGE 〜1.17 命懸けで闘った消防士の魂の物語〜」
     「磁石男」
     「流星ワゴン」
     「下町ロケット」


「下町ロケット」より。阿部寛さんと倍賞さん。

2016年「望郷 「みかんの花」」
2017年「君に捧げるエンブレム」
     「マッサージ探偵ジョー」 
     「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」
2018年「ブラックペアン」
     「anone」第1話


「ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜」より。

2019年「名探偵・明智小五郎」第2夜
     「TWO WEEKS」
     「坂の途中の家」
     「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」第4話
2020年「知らなくていいコト」第1話
     「天使にリクエストを〜人生最後の願い〜」


「TWO WEEKS」より。倍賞さんと三浦春馬さん。

ほか、数多くの作品に出演されています。

社会派映画にも出演

ところで、倍賞さんは、1985年、原発の問題をあぶり出した、森崎東監督作品「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」で、旅回りのヌードダンサー・バーバラ役を演じられているのですが、

この作品は、恋人(原田芳雄さん)が原発で働く労働者(原発ジプシー)であるほか、美浜原発の放射能漏れ事故の隠蔽に暴力団が暗躍するなど、社会の暗部が描かれており、

倍賞さんは、

監督は先の戦争中に青春期を過ごし、国家に対し凄く怒りを持っていた。役柄を掴もうと数日前に現地入りし、街歩きをしたり、銭湯で地元の人と話したり。土地の空気を丸ごと取り込むよう努め、役作りを工夫した。

と、役作りを通して、それまで知らなかった世界を勉強することができたとおっしゃっていました。


「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」より。倍賞さんと原田芳雄さん。

「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」でオカン役

また、2007年には、母親と息子の絆を丁寧に描いた、リリー・フランキーさんの同名小説を原作とするテレビドラマ「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」で、

主人公・中川雅也(速水もこみちさん)のお母さん、中川栄子役を演じ、自身の母親の姿を重ねた男性視聴者の方も多かったようですが、

倍賞さんは、ドラマの中だけでなく、撮影現場でも、共演者やスタッフに手料理を振る舞ったり、風邪を引いている人に栄養ドリンクを差し入れするなど、みんなの「オカン」のような存在だったそうで、

この料理上手でちょっと世話焼きの愛情深いお母さんは、倍賞さんの温かいお人柄そのものだったようです。


「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」より。速水もこみちさんと倍賞さん。

Sponsored Link

受賞歴

そんな倍賞さんは、1979年には、「復讐するは我にあり」「ブルーリボン賞」助演女優賞、「日本アカデミー賞」優秀助演女優賞に輝かれたほか、


「復讐するは我にあり」より。倍賞さんと三國連太郎さん。

1983年には、カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作「楢山節考」「陽暉楼」「報知映画賞」助演女優賞、「日本アカデミー賞」優秀助演女優賞

1985年には、「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」「恋文」「友よ、静かに瞑れ」「キネマ旬報賞」「毎日映画コンクール」「報知映画賞」「日本アカデミー賞」主演女優賞


「恋文」より。萩原健一さんと倍賞さん。

1997年には、カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作「うなぎ」「東京夜曲」「キネマ旬報賞」「毎日映画コンクール」「報知映画賞」「日本アカデミー賞」助演女優賞


「東京夜曲」より。

1998年には、「秘祭」「ラブ・レター」「日刊スポーツ映画大賞」助演女優賞

2000年には、「OUT」「日本アカデミー賞」優秀助演女優賞

そして、2002年には、長年の貢献に対して「毎日映画コンクール」田中絹代賞と、数多くの女優賞を受賞されています。

「倍賞美津子は元夫のアントニオ猪木と1億円の結婚式を挙げていた!」に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ