佐久間良子の書道の腕は「日展」に入選するなど超一流!


1958年に映画デビューして以来、数多くの映画で主演を務められた、佐久間良子(さくま よしこ)さんですが、書道においても、素晴らしい腕をお持ちのようです。今回は、佐久間さんと「書」の関係についてご紹介します。

「佐久間良子の双子の息子は俳優の平岳大!双子の娘は?」

Sponsored Link

幼い頃から字を書くことが好きだった

佐久間さんは、幼い頃から、字を書くことが好きで、学校から帰宅すると、新聞が真っ黒になるまで字を書いていたそうですが、その頃は、文字を書くというよりも、ただ、楽しんで書いていたそうです。

また、先生について練習したことはないものの、お母さんから、「手紙を書く時、人様を不快にさせる字を書いてはいけない」と教えられたこともあり、自然ときれいな字を書く練習ができたのだそうです。

書家に「日展」出展を勧められる

そして、その後、女優の仕事をするようになり、お世話になった方々にお礼状を書いておられたそうですが、ある時、偶然、ある書家の先生の目に留まり、

その先生に、

あなた今年の日展にお出ししなさい

と、言われたそうです。

(「日展」とは、「書」のほか、「日本画」「洋画」「彫刻」「工芸美術」と、5つの部門からなる総合美術展で、年齢・性別問わず、誰でも応募できる大規模な公募展。)

「夢」という書が「日展」で入選

とはいえ、当初、佐久間さんは、

書道家の最高峰と言われている日展に出すなんて、私なんかとてもじゃないですけどできないなぁ

と、思われたそうですが、思い切って挑戦してみようと決心を固めると、「夢」という字を書くことにしたそうです。

というのも、佐久間さんは、当時、子どもが生まれたばかりで、

どんな大人になるのかな。女優としての私の将来は……

などと、夢を膨らませていたからだそうで、

1975年、36歳の時、夏休みに軽井沢の別荘にこもり、子どもが寝静まった深夜に一心に和紙に向かい合って、1ヶ月ほどかけて800枚書き、その中から1枚選んで「日展」に出したところ、なんと、入選。

審査員をしていた、手島右郷さんから、

あなたの書には音楽的であり絵画的でもあり、そういった要素が詰まってる

と、評価されたそうで、

佐久間さんは、

(「日展」には)書のうまさだけでは、もちろん上手な方はたくさんいらっしゃいましたから。そういった方々の中でのそのお言葉は非常にうれしかったですね。

と、語っておられます。

(本職の書家でさえ、「日展」に入選するのは困難と言われています)

Sponsored Link

山の湧水で墨を2~3時間することも

ちなみに、佐久間さんによると、書の出来具合は、本当にその時その時によって異なり、朝起きてすぐにできることもあれば、逆に、何度も何度も紙を破ってもできない時もあるそうです。

また、時間がある時は、書を書くために1週間ほど山にこもり、さらには、富山県に隣接した白川郷で山の湧き水をくみ、その水で、2~3時間かけて墨をすることもあるそうで、山の湧水は、都会の水道水とは、乾きが全然違うため、都会で書いたものとは、作品の仕上がりが全然違うのだそうです。

そんな書に、佐久間さんは、

例えば私たちは舞台をしますでしょ。1カ月興行なら1カ月間毎日芝居をします。でも全く同じ芝居は毎日できないんですね。というのは、やはり芝居というのは、お相手もあることですし、その日の体調も左右します。

同じ芝居が二度とできないのと同じように、やはり書道も同じ作品は二度とできないんです。その場の息、空気により仕上がりも違ってくる。つまり両方とも一期一会なんですね。

と、すっかり魅せられているようです。

(佐久間さんは、女優業のみならず、書道においても、「毎日書道展」毎日賞受賞、「北陸書道院展」院展大賞受賞と、数々の賞を受賞されています)

さて、いかがでしたでしょうか。

佐久間さんの、

  • 年齢は?出身は?身長は?本名は?
  • 幼少期は裕福で何不自由なく育つ
  • 疎開先で栄養失調に
  • スカウトされて東映へ
  • 「東映」に入社すると「俳優養成所」に
  • 日本初の長編アニメ「白蛇伝」のヒロインのモデルに
  • 次々と男性スターのヒロインに起用される
  • 映画「母子草」での演技が評価される
  • 投げやりだった?
  • デビュー当時は超ハードスケジュールだった
  • 「人生劇場 飛車角」では初の汚れ役
  • 「五番町夕霧楼」で東映初の女性単独主演に抜擢
  • 成人映画の主演も
  • 「東映」に強い不信感を募らせるようになる
  • 活動の場を映画からテレビ・舞台へと移す
  • 三國連太郎の怪演に思わず悲鳴を上げる
  • 三國連太郎からもらった手紙の内容とは?
  • 鶴田浩二と不倫関係だった
  • 出演作品(映画)
  • 出演作品(テレビドラマ)
  • 「越後つついし親不知」はセックスシンボルと承知で出演していた
  • 受賞・受章歴
  • 平幹二朗と逃避行の末に結婚
  • 男の子と女の子の双子に恵まれるも早々に仮面夫婦となっていた
  • 芸能史に残る愛憎渦巻く離婚会見
  • 「私の履歴書」で本当の離婚理由に言及
  • 平幹二朗は同性愛者だった?
  • 平幹二朗のコメント
  • 平幹二朗とは離婚後も舞台「鹿鳴館」で共演
  • 元夫・平幹二朗が急死
  • 元夫・平幹二朗はテレビドラマ「カインとアベル」に出演中だった
  • 佐久間良子が元夫・平幹二朗の急死にコメント
  • 双子の息子は俳優の平岳大
  • 平岳大が舞台「鹿鳴館」で父母との共演で俳優の道へ
  • 佐久間良子は直前まで舞台「鹿鳴館」に息子・平岳大が出演することを知らなかった
  • 息子の平岳大は平幹二朗と演技論を交わしていた
  • 娘は佐久間良子の書道展に参加
  • 幼い頃から字を書くことが好きだった
  • 書家に「日展」出展を勧められる
  • 「夢」という書が「日展」で入選
  • 山の湧水で墨を2~3時間することも

について、まとめてみました。

当時、男性中心だった映画界で、主演女優として新たな道を切り開いて来られた佐久間さん。これからも、末永く女性の憧れの存在で有り続けてほしいものです。

「佐久間良子はデビュー前の高校時代から西武線のマドンナと有名だった!」

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ