「凄い」タグの記事一覧(4 / 37Page)

千昌夫は若い頃から様々な人との交流を大切にしていた!

全盛期の頃でさえ、都心でのコンサートだけでなく、年間200ヶ所以上もの地方公演を行っていたという、千昌夫(せん まさお)さんは、人との出会いも大切にしていたそうで、ファンはもちろんのこと、歌手活動以外の人との交流も大切にしていたそうです。

千昌夫が全盛期も地方公演に200ヶ所以上行っていた理由とは?

歌手活動を一つの事業と見立て、売れるための様々な戦略を立てていたという、千昌夫(せん まさお)さんは、全盛期の頃でさえ、年間200ヶ所以上の地方公演をこなしていたといいます。

千昌夫は「星影のワルツ」「北国の春」共に粘り強く歌い続け大ヒットさせていた!

1977年4月5日にリリースした24枚目のシングル「北国の春」は、通常のタキシード姿ではななく、自ら考案した”出稼ぎスタイル”で歌唱したことが功を奏し大ヒットした、千昌夫(せん まさお)さんですが、ほかにも、歌手活動・・・

千昌夫は昔「北国の春」が300万枚売上の大ヒットとなっていた!

1977年10月には、初めての自社ビルを完成させると、その後も、引き続き、不動産業に勤しみ、着実に資産を増やしていったという、千昌夫(せん まさお)さんですが、本業の歌手活動の方も順調で、1977年4月に発売した24枚目のシングル「北国の春・・・

千昌夫の最盛期の総資産は2000~3000億円だった!

手持ち資金ゼロ円で赤坂一等地35坪の土地を1億2000万円で購入することに成功した、千昌夫(せん まさお)さんは、その後、ビルの建設に乗り出し、土地を担保に銀行から融資を受け、新しい事業を始める、というスタイルで、資産を増やしていったそうで・・・

千昌夫が若い頃は資金ゼロで赤坂の一等地を購入していた!

「星影のワルツ」が大ヒットして多額の印税収入を得ても、節約生活を続けていた、千昌夫(せん まさお)さんは、1970年、22歳の時、2000万円で約5万坪の土地を購入すると、1976年、29歳の時には、手持ち資金ゼロ円で1億2000万円もの3・・・

千昌夫は昔22歳で5万坪の土地を担保に資産運用を始めていた!

「星影のワルツ」が大ヒットして多額の印税収入を得ても、節約生活を続け、印税を計算しながら将来を考えていたという、千昌夫(せん まさお)さんは、1970年、22歳の時、約5万坪の土地を2000万円で購入すると、このことをきっかけに資産運用を始・・・

千昌夫が「星影のワルツ」大ヒット後も節約生活を続けていた理由とは?

「星影のワルツ」が大ヒットした後も、銀座や赤坂での豪遊、高級車や高級服への浪費を一切せず、相変わらず、ケチケチとした節約生活を続けていたという、千昌夫(せん まさお)さんですが、そんな生活をしていたのには理由があったそうです。

キダ・タローはTVCMソング等を3000曲以上手掛けていた!

19歳頃、キャバレー「パラマウント」のバンドマスターに依頼され、初めて作曲をしたという、キダ・タローさんは、30歳頃からは、テレビのコマーシャルソングや番組のテーマ曲の作曲を手掛けるようになったそうですが、その数は3000曲以上に及ぶといい・・・

田原総一朗は「電通」のCR作戦を暴露して「東京12チャンネル」を退職していた!

1976年、三菱重工の社員から受け取った内部告発の手紙をもとに、関電美浜原発の隠されたトラブルについて、月刊誌「展望」(筑摩書房)で連載記事「原子力戦争」を書いたところ、国会でも取り上げられ、大きな問題になったという、田原総一朗(たはら そ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ