「凄い」タグの記事一覧(2 / 37Page)

長嶋茂雄は脳梗塞で倒れるも通常の3~4倍のリハビリを敢行していた!

現役時代は、ここぞというチャンスで抜群の勝負強さを発揮し、「ミスタープロ野球」「燃える背番号3」などと称され、日本中の野球ファンを熱狂の渦に巻き込んだ、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、2004年、68歳の時には、「脳梗塞」で倒れるも、不・・・

長嶋茂雄の現役(プロ野球選手)時代の成績が凄すぎる!

1959年の天覧試合では、阪神の村山実さんから決勝のサヨナラホームランを放った、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、その後も、チャンスに無類の強さを発揮し、巨人の黄金時代に大きく貢献するのですが、そんな長嶋さんも寄る年波には勝てず、1973・・・

長嶋茂雄は天覧試合ではサヨナラ本塁打の前に同点本塁打も打っていた!

1959年6月25日、後楽園球場で行われたプロ野球試合初の天覧試合では、天皇・皇后両陛下のお目当てが自身であることを知り、緊張のあまり、普段は張り上げている甲高い声を出すことも忘れていたという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、3回表・・・

長嶋茂雄が若い頃は本塁打を放つも一塁ベースを踏み忘れたことがあった!

1958年、巨人に入団した年には、開幕戦の国鉄スワローズ戦で、エース・金田正一さんに4打席連続三振を喫するも、153安打3割5厘29本塁打34二塁打92打点89得点37盗塁で、新人王・本塁打王・打点王・最多安打・最多二塁打・最高長打率・最多・・・

長嶋茂雄はタイカッブバットで東京六大学新記録8本塁打を達成していた!

1957年11月3日、東京六大学野球の秋のリーグ戦で、勝てばチームは優勝、個人的には、あと1本ホームランを打てば、東京六大学の記録を更新するという状況で、緊張のあまりバッティングが振るわなかったという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが・・・

長嶋茂雄は杉浦忠と共に中日球団事務所に入団を直訴していた?

立教大学では、砂押監督から特別に目をかけられ、猛特訓を受けていたという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、1995年、大学2年生の夏頃には、砂押監督のスパルタ方式の特訓に反発した先輩たちによる「砂押監督排斥運動」が起こっており、そもそ・・・

長嶋茂雄は立教大で上級生からの因縁に真っ向勝負を挑んでいた!

お父さんが他界した後は、六大学一番の選手になって日本一のプロ野球選手になるという、お父さんとの約束を守るため、それまで以上に砂押監督の猛特訓に励んでいた、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、そんな中、砂押監督から特別に目をかけられている・・・

長嶋茂雄は立教大時代に重いバットでの素振りを続けていた!

お父さんが他界後、苦しい家計を助けるため、大学を辞めてプロ入りすることを考えるも、家族の反対に遭い、大学に残ると、大学を続けさせてくれるお母さんや他の兄姉たちのためにも、なお一層、野球の練習に励んだという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは・・・

長嶋茂雄は砂押監督から猛特訓を受けるもひたむきさに惹かれていた!

立教大学では、砂押監督から、暗闇の中、素手でノックを受けさせられるほか、重いバットで素振りをさせられるなど、猛特訓を受けていたという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんですが、やがては、自分が砂押監督に見込まれていると感じるほか、砂押監督のひ・・・

長嶋茂雄が立教大時代は砂押邦信監督から見込まれていた!

立教大学では、砂押監督からは、暗闇の中ノックを受け、ボールが見えずとも、グローブに頼らず素手で捕るよう命じられるなど、スパルタ式の猛特訓を受けていたという、長嶋茂雄(ながしま しげお)さんは、その後も、重いバットでスイングするように命じられ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ