「凄い」タグの記事一覧(2 / 27Page)

中村メイコは天才子役と呼ばれていた!

2歳の時に、「江戸っ子 健ちゃん」で映画デビューして以来、数々のコメディ映画やテレビドラマに出演し、その愛くるしい自然体の演技で、”天才子役”と呼ばれるようになった、中村メイコ(なかむら めいこ)さんですが、今回は、・・・

中村メイコは「テレビ朝日」開局当初からTV出演していた!

1940年、6歳の時に、NHK実験放送の第2作目のテレビドラマ「謡と代用品」でテレビデビューを果たすと、1954年には、20分のコメディ番組「今晩わメイコです」に出演した、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、その後、日本教育テレビ(現在の・・・

中村メイコは6歳の時「謡と代用品」でTVドラマデビューしていた!

2歳の時、売れっ子作家だったお父さんと写った写真が雑誌に掲載されたことがきっかけでスカウトされ、1936年、2歳8ヶ月にして、朝日新聞の連載漫画「フクちゃん」を実写化した「江戸っ子 健ちゃん」の「フクちゃん」役でデビューすると、たちまち&#・・・

中村メイコが幼い頃は母親から家事一切の手伝いをさせられていた!

幼い頃、ぐずると、お父さんの中村正常さんからは、「君ぐらいの器量の子は、いつもニコニコしているくらいでちょうどいいですぞ」と言われて育てられたことから、いつもニコニコするようにし、おもしろいことを言ってみたり、人の言うことを素直に聞くよう心・・・

中村メイコの幼い頃の育てられ方が凄い!

一律した学校教育を嫌ったナンセンス作家のお父さん・中村正常さんの意向で、小学校へはほとんど行かなかったという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんですが、そんなお父さんの子育ては、独特で、また、ユーモアに溢(あふ)れていたといいます。

大島渚と野坂昭如の殴り合いは遊び心からだった?

結婚30周年パーティーでは、泥酔状態の作家・野坂昭如さんに殴られるも、負けずにマイクで殴り返していたという、大島渚(おおしま なぎさ)さんですが、野坂さんの妻・暘子さんは、2人の間ではあくまで遊びだったのではと語っています。

大島渚と野坂昭如は公衆の面前で殴り合っていた!

討論番組「朝まで生テレビ!」では、作家の野坂昭如さんとしばしば激論を戦わせていた、大島渚(おおしま なぎさ)さんですが、野坂さんとは、公衆の面前で殴り合いをしたこともあったといいます。

大島渚は「戦場のメリークリスマス」の為に全財産をはたき借金していた!

イギリス人捕虜側の主演にデヴィッド・ボウイさん、プロデューサーにジェレミー・トーマスさんが決定したことで、ようやく、「戦場のメリークリスマス」の製作が進み始めた、大島渚(おおしま なぎさ)さんですが、まだ、資金調達という大きな問題が残ってい・・・

大島渚は「日本の黒幕」で高田宏治の脚本を本人の前で床に叩きつけていた!

東映からの映画「日本の黒幕」の監督オファーを快諾した、大島渚(おおしま なぎさ)さんは、まずはストーリーが納得いかず、変更を提案すると、脚本担当の高田宏治さんにも東映にも受け入れられるのですが、実際、高田さんの脚本が上がってくると、気に入ら・・・

大島渚の「愛のコリーダ」裁判での「わいせつなぜ悪い」が大きな話題に!

1976年、フランスとの合作「愛のコリーダ」を発表すると、その過激な性愛の描写から一大センセーショナルを巻き起こし、たちまち脚光を浴びた、大島渚(おおしま なぎさ)さんですが、脚本や劇中のスチール写真を収めた同名の書籍「愛のコリーダ」が出版・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ