「凄い」タグの記事一覧

浜村淳の「ありがとう浜村淳です」が約50年も続いている秘訣とは?

1964年、活動の拠点を東京から関西に移すと、やがて自身の芸風を確立し、数多くのラジオやテレビで司会を務めるなど、まるで水を得た魚のような快進撃を続けた、浜村淳(はまむら じゅん)さん。この後、いよいよ、後に浜村さんのライフワークとなる番組・・・

坂本龍一の「戦メリ」も「ラストエンペラー」も当初は俳優オファーだけだった!

「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」が爆発的な人気を博し、一躍トップアーティストとなった、坂本龍一(さかもと りゅういち)さんですが、人気絶頂期に「YMO」を「散開(解散)」すると、ソロ活動ではさらなる大ブレイクを果たします。

岸惠子は80代で恋愛小説「わりなき恋」を執筆しベストセラーになっていた!

若い頃には、劇中でのストールの巻き方が女性たちの間で大流行する程の人気を博し、また、そんな人気絶頂時に電撃結婚してフランスに移住すると、フランスと日本を往復しながら女優業を続けるなど、華やかな女優人生を歩んでこられた、岸恵子(きし けいこ)・・・

倉本聰は「やすらぎの刻~道」の脚本5,500枚を撮影前に完成させていた!

セリフの一言一句に強いこだわりを持ち、徹底したリアリティを追求してきた、脚本家の倉本聰(くらもと そう)さんですが、その創作意欲は、80歳を過ぎても衰えを知らず、果敢に新しい分野に挑戦されています。

柄本明の「半沢直樹」での怪演が凄すぎる!そのモデルとは?

テレビドラマ「半沢直樹」では、半沢直樹の強敵・箕部幹事長役を怪演し、強烈な存在感を示した、柄本明(えもと あきら)さん。今回は、そんな柄本さんの怪演ぶりや箕部幹事長役のモデルとなった人物などについてご紹介します。

松平健のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

松平健(まつだいら けん)さんといえば、テレビ時代劇「暴れん坊将軍」を連想しますが、そのほかにも数多くの作品に出演されています。今回は、そんな松平さんの出演作品を画像を交えてご紹介します。

細木数子の若い頃は島倉千代子から10億円以上搾取していた?

売春宿を経営する実家で少女時代を過ごし、中学1年生にして、接客や客引きなどをしていたという、細木数子(ほそき かずこ)さんですが、その後、弱冠17歳で開業すると、あれよあれよと銀座でクラブを開くまでに登り詰めるのですが、その手口は・・・

伊丹十三は監督デビュー作「お葬式」でいきなり高評価を受けていた!

「新東宝」編集部に就職し、映画編集の仕事に携わるも、早くも商業デザイナーに転身し、さらには、俳優に転身された、伊丹十三(いたみ じゅうぞう)さんですが、その後もマルチな才能を発揮し、51歳の時には、ついに「お葬式」で映画監督デビューされます・・・

中森明菜は昔自殺未遂で近藤真彦と金屏風の前で謝罪会見していた!

1981年、16歳の時、オーディション番組「スター誕生!」で史上最高得点となる392点を獲得して芸能界入りすると、以降、次々とヒットを飛ばし、瞬く間にトップアイドルの座に駆け上がった、中森明菜(なかもり あきな)さんですが、人気絶頂の198・・・

山崎努に対する山下智久の尊敬の念が凄すぎる!

60年近くに渡って活躍し続け、今なお、唯一無二の存在感を放ち続けている、山崎努(やまざき つとむ)さんですが、「NEWS」の元メンバーである山下智久さんの山崎さんに対する尊敬の念が凄すぎると話題になっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ