「凄い」タグの記事一覧(5 / 27Page)

徳光和夫のギャンブル好きが凄すぎる!負けた総額は13億円!

1963年に日本テレビに入社し、アナウンサーとして活動を開始して以来、50年以上にわたり、バラエティ番組や情報番組の司会で活躍してきた、徳光和夫(とくみつ かずお)さんですが、プライベートでは、ずっとギャンブルにハマっているといいます。

徳光和夫が若い頃は超難関を突破し日本テレビに入社していた!

長嶋茂雄さんの足跡をたどるべく、立教大学に入学し、長嶋さんがプレーしていた神宮球場に入りたい一心で応援団に入部すると、やがては、観客席の一番前で選手たちがプレーする姿を観ることができる放送研究会に転部したという、徳光和夫(とくみつ かずお)・・・

徳光和夫は立教大では応援団入部もやがて放送研究会に転部していた!

少年時代は、落語家や歌謡ショーの司会者に憧れるも、高校2年生の時、東京六大学野球を観戦中、東京六大学野球新記録となる第8号ホームランを放った長嶋茂雄さんを観て、たちまち長嶋さんに魅了されたという、徳光和夫(とくみつ かずお)さんは、長嶋さん・・・

徳光和夫は高校生の時に長嶋茂雄に全てを捧げる決意をしていた!

幼い頃からおしゃべりが好きで、落語家や歌謡曲の司会に憧れていたという、徳光和夫(とくみつ かずお)さんですが、高校2年生の時には、東京六大学野球の立教対慶應戦で、当時、神宮の星と言われていた長嶋茂雄さんがホームランを打って喜ぶ姿を見て、衝撃・・・

愛川欽也は十津川警部シリーズの亀井刑事役を30年以上演じていた!

司会を務めた「なるほど!ザ・ワールド」や「出没!アド街ック天国」などが長寿番組となり、すっかり司会者としてのイメージが定着した、愛川欽也(あいかわ きんや)さんですが、実は、俳優としても、長期に渡ってテレビドラマに出演していました。

愛川欽也の「死ね死ねブルース」は隠れた名曲だった!

俳優としては、「トラック野郎」シリーズ、司会者としては、「11PM」「なるほど!ザ・ワールド」「出没!アド街ック天国」などでブレイクした、愛川欽也(あいかわ きんや)さんですが、歌手としても活動しており、意外な歌をリリースしています。

愛川欽也は若い頃チンピラに背中を刺されていた!

バンドのマネージャーになり、バンドマンからピンはねして荒稼ぎするも、相変わらず、俳優としての仕事はなく、満たされぬ日々を送る中、マネージャーまでクビになってしまったという、愛川欽也(あいかわ きんや)さんは、今度は、チンピラに絡まれ、背中を・・・

愛川欽也は小学生にして部屋を借りる交渉をしていた!

居候先の家の主人に鶏の世話を命じられると、やがて、鶏にたくさん餌をやっては卵を生ませ、内緒でその卵を売りさばき、稼いだお金をお母さんのために貯金をしていたという、愛川欽也(あいかわ きんや)さんですが、ある予期せぬ出来事からバレてしまうこと・・・

愛川欽也が終戦後に居候していた部屋は激臭だった!

終戦後は、半分追い出されるように、お母さんと茨城県東茨城郡圷(あくつ)村の親戚の家を出て、今度は秋田県湯沢の親戚の家に居候させてもらうことになった、愛川欽也(あいかわ きんや)さんですが、ここでも快適とは程遠い生活を強いられたといいます。

愛川欽也は終戦後は家が焼け秋田で居候生活をしていた!

お母さんと茨城県東茨城郡圷(あくつ)村に疎開し、「東京大空襲」を免れたという、愛川欽也(あいかわ きんや)さんは、その後、疎開先で終戦を迎えたそうですが、東京・巣鴨の家は燃えてなくなっており、今度は、秋田県のお母さんの遠い遠い親戚の家に居候・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ