「凄い」タグの記事一覧(5 / 37Page)

田原総一朗が連載した「原子力戦争」は国会で問題になっていた!

ドキュメンタリー「あるテレビディレクターの投げた波紋」が、NHKからのクレームで放送中止になったうえ、この事件を嗅ぎつけた朝日新聞社の取材に、事の顛末を答えたところ、大きな記事が出たことで、制作局へと左遷されてしまったという、田原総一朗(た・・・

田原総一朗は昔NHKに解雇された龍村仁のドキュメントを制作していた!

「出発~少年院を出たMの場合~」、「『わたしたちは・・・』~カルメン・マキの体験学入門」と、次々と、前例のない過激なドキュメンタリーを制作していた、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、NHKから解雇された龍村仁さんのドキュメント「ある・・・

田原総一朗はカルメン・マキに詩の内容通りの生活をさせていた!

「ドキュメンタリー青春」では、特別少年院の少年が出所してから更生するまでを追ったドキュメンタリーを撮影し、無事、放送されるも、後に少年から恐喝されるなどのトラブルに巻き込まれていたという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、その後・・・

田原総一朗は「岩波映画製作所」の面接で昼食を要求していた!

大学4年生の時、マスコミ関係の会社の就職試験を片っ端に受験するも、ことごとく不合格だったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、11社目となる「岩波映画製作所」の最終面接では、投げやりだったこともあり、会社に昼食を要求するも、受け・・・

田原総一朗はジャーナリストを目指し早大第1文学部に入り直していた!

石原慎太郎氏の「太陽の季節」と大江健三郎氏の「死者の奢り」の2作品を読んで衝撃を受け、作家になる夢を断念したという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、その後、ジャーナリストを目指し、早稲田大学第1文学部に入り直す決心をしたといいます・・・

田原総一朗は中学時代から教師相手に論争を楽しんでいた!

「朝まで生テレビ!」や「サンデープロジェクト」で司会を務め、率直な物言いや、ゲストとの丁々発止のやり取りのほか、ゲストの政治家を挑発して追及するスタイルでお馴染みの、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、実は、中学時代から教師相手に・・・

田原総一朗は少年時代「終戦」に一瞬絶望していた!

ついに、1945年8月15日(小学5年生の夏休み)、玉音放送により終戦を聞かされた、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、実は、その直後は、絶望的な気持ちになっていたといいます。

田原総一朗の叔父は軍隊で壮絶なリンチを受け発狂したまま他界していた!

1944年夏頃、薄々、戦争には勝てないのではと感じ始めた矢先、住んでいた彦根も空襲を受けるなど、危険な状態を肌で感じるようになっていったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、この戦争で、何人かの親戚が悲惨な末路をたどったとい・・・

田原総一朗は海兵になって20歳で死ぬつもりだった!

軍国教育を受けていたこともあり、死ぬことへの恐怖はまったくなく、海兵へ行って20歳で死ぬと心に決めていたという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、やがては、日本が戦争に勝てないことを薄々感じるようになっていったといいます。

田原総一朗が戦時中に体験した今でも忘れられない出来事とは?

戦争が長引き、小学4年生の時には、食べ物も着る物もなかなか手に入らなくなったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、やがて、学校でも軍事教練が始まり、戦争ムード一色となると、忘れられない体験を幾度もしたといいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ