「凄い」タグの記事一覧(9 / 28Page)

アントニオ猪木は昔「新日本プロレス」でクーデターを起こされていた!

「新日本プロレス」を立ち上げると、様々なアイデアで一大プロレスブームを巻き起こした、アントニオ猪木(アントニオ いのき)さんですが、1983年8月11日、突然、「タイガーマスク」から「新日本プロレス」に内容証明書付きの契約解除通告書が届いた・・・

アントニオ猪木は力道山から壮絶な虐待を受けていた!

5歳の時にお父さんを亡くし、さらには実家の石炭問屋が倒産したことで極貧生活となり、貧困から抜け出すため一家でブラジルへ移住するも、そこで待っていたのは、想像を絶する過酷な労働の日々だったという、アントニオ猪木(あんとにお いのき)さん。そん・・・

毒蝮三太夫の愛妻家ぶりが凄い!

一目惚れして結婚した妻のみさをさんには、まだ売れずにいた頃から、経済的にも精神的にも支えてもらっていたという、毒蝮三太夫(どくまむし さんだゆう)さんですが、結婚してから60年近く経つ今もメロメロで、愛妻家だといいます。

毒蝮三太夫の嫁が「できた嫁」過ぎる!

三越劇場の舞台公演中に、知り合いの三越デパート勤めの女性が連れてきたデパートガール(エレベーターガール)のみさをさんに一目惚れし、その後、猛アタックの末、結婚に至ったという、毒蝮三太夫(どくまむし さんだゆう)さんですが、みさをさんは結婚後・・・

毒蝮三太夫は少年時代「終戦」に内心大喜びしていた!

城南大空襲(広義での東京大空襲)に遭い、死体だらけの焼け野原の中、命からがら生き延びたという、毒蝮三太夫(どくまむし さんだゆう)さんは、その後、玉音放送により終戦を知ると、嬉しくて嬉しくてたまらなかったといいます。

毒蝮三太夫は少年時代に死体だらけの焼け野原を避難していた!

東京大空襲(下町)は免れるも、城南大空襲(広義での東京大空襲)に遭い、焼夷弾が投下される中、消火活動をしていたという、毒蝮三太夫(どくまむし さんだゆう)さんですが、消火は一向に進まず、やがては、燃え盛る火の海の中、お母さんと共に高台を目指・・・

毒蝮三太夫は少年時代「東京(城南)大空襲」を経験していた!

個性的で自由気ままな両親のもと、自由に伸び伸びと育ったという、毒蝮三太夫(どくまむし さんだゆう)さんですが、やがて、戦争一色となり、「東京大空襲」を経験したといいます。

芳村真理は夫・大伴昭の「認知症」による徘徊で疲れ切っていた!

夫・大伴昭さんに「認知症」の症状が出始めると、やがては、妻である自分の存在すら認識できず、通いのお手伝いさんと勘違いされることがある中、介護を続けてきたという、芳村真理(よしむら まり)さんですが、ついには、大伴さんが徘徊して外でトラブルを・・・

芳村真理の夫・大伴昭は「遺伝性認知症」になっていた!

夫・大伴昭さんとは、公私ともに良きパートナーとしてお互いを尊重し合いながら、楽しい日々を送っていたという、芳村真理(よしむら まり)さんですが、大伴さんが引退してから2年ほど経った頃、大伴さんに認知症の症状が現れ始めたといいます。

芳村真理の歌番組「夜ヒット」での衣装が凄すぎる!

歌番組「夜のヒットスタジオ」では、台本を片手に持ちながら、自然体の話術で司会進行をするという独特の司会スタイルなどで、番組の人気に貢献した、芳村真理(よしむら まり)さんですが、出演歌手をも凌ぐ、芳村さんの超ゴージャスなファッションも大きな・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ