「凄い」タグの記事一覧(3 / 27Page)

大島渚は若い頃「愛のコリーダ」で大ブレイクしていた!

独立系の映画で、政治的、社会的なメッセージ性の強い作品を次々と発表し、高く評価されるも、低予算の映画作りに疲れ切り、独立プロダクション「創造社」を解散した、大島渚(おおしま なぎさ)さんは、その後は、映画製作資金を集めるため、テレビ出演する・・・

坂東玉三郎はアンジェイ・ワイダの「ナスターシャ」で男女2役を演じていた!

歌舞伎の枠を超えて、シェイクスピア劇「オセロー」、泉鏡花作品「天守物語」ほか、映画、演劇、朗読、舞踊など、活動の場を広げ、海外でも認められるようになっていった、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、1989年には、ポーランドの映画監督・・・

坂東玉三郎は泉鏡花の「天守物語」が大ヒットしていた!

1976年2月、シェイクスピア劇「マクベス」でマクベス夫人役を演じると、たちまち大ブレイクし、一躍、トップスターの座に駆け上った、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、その後も快進撃を続けます。

坂東玉三郎は白菊丸で三島由紀夫の長年の疑問を解決していた!

1967年、国立劇場で上演された「桜姫東文章」の冒頭部分で、白菊丸登場シーンを演じると、作家の三島由紀夫さんや澁澤龍彦さんをも魅了したという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、三島さんは、かつて、自身が監修した「桜姫東文章」が・・・

坂東玉三郎は幼稚園を1日で辞めていた!その理由とは?

1歳半の時に小児麻痺を患って、右足が不自由になってしまい、外で遊ぶことよりも、おままごとをしたり、(両親が料亭を営んでいたことから)料亭に出入りする芸者を真似て踊ることが好きだったという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、幼稚園を・・・

相田翔子と夫・相澤宏光の馴れ初めは?相澤英之がキューピッドだった!

「Wink」の絶頂期には、ほろ苦い恋を経験するほか、その後は、妻子のいる京本政樹さんとの不倫が噂されたこともある、相田翔子(あいだ しょうこ)さんですが、そんな相田さんも、38歳の時には結婚しています。今回は、そんな相田さんとご主人の馴れ初・・・

宇崎竜童が阿木燿子と結婚50年超でも仲の良い理由とは?

1964年、明治大学入学2日目にして、軽音楽部に勧誘するため声をかけて以来、半世紀以上、妻の阿木燿子と共に活動しているという、宇崎竜童(うざき りゅうどう)さんですが、今回は、そんな二人の仲良しでいられる秘訣を二人のコメントを交えてご紹介し・・・

宇崎竜童が山口百恵に作曲した「プレイバックpart2」は瞬時にできていた!

山口百恵さんに提供した「横須賀ストーリー」が大ヒットとなった、宇崎竜童(うざき りゅうどう)さんは、その後も、自身のバンドのツアー、テレビ出演、映画出演をこなしつつ、次々と山口さんに曲を提供し、山口さんの黄金時代を支えます。

宇崎竜童が若い頃は「ダウン・タウン・ブギ・ウギ・バンド」!

本格的に作曲家を目指すべく、仕事のかたわら、作曲活動に打ち込んでいたという、宇崎竜童(うざき りゅうどう)さんは、やがて、いくつかのバンドを集めて音楽出版社を立ち上げ、そのバンド達のために曲を書いていたそうですが、なんと、宇崎さん自身がレコ・・・

宇崎竜童は大学在学中に350曲もの作曲をしていた!

裕福な家庭で、一流の食べ物や洋服を与えられ、何不自由なく育ったという、宇崎竜童(うざき りゅうどう)さんは、中学2年生の時にはブラスバンド部に入部してトランペットを始めると、トランペットで作曲もするようになったそうで、やがては、「ビートルズ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ