菅原文太!身長は?妻は?息子は?仁義なき戦いでブレイク!

Sponsored Link

1973年、映画「仁義なき戦い」でブレイクされた、俳優の菅原文太(すがわら ぶんた)さん。1975年には、「トラック野郎」シリーズでも人気を博し、東映の映画スターとなられました。




プロフィール!


菅原さんは、1933年8月16日生まれ、
宮城県仙台市のご出身です。

身長176センチ、

血液型はO型、

学歴は、
早稲田大学第二法学部法学科中退、

だそうです♪


モデルとして活動


菅原さんは、大学在学中、
モデルとして活動を始められ、

その一方で、「劇団四季」
第1期生として入団。

初期の頃の作品に、
端役で出演されていたようです。

そして、1955年に、
大学を中退すると、

翌年の1956年には、
「哀愁の街に霧が降る」で、
学生役を演じられ、映画デビュー。


「哀愁の街に霧が降る」より。左端が菅原さん。

それでも、メインは、
モデル活動だったようで、

菅原さんは、1957年に、
日本初の男性専門モデルクラブ、
「ソサエティ・オブ・スタイル」を設立されると、

雑誌やショーのファッションモデルとして、
活動されたのでした。




新東宝に入社


しかし、菅原さんは、1958年、
喫茶店で、「新東宝」の宣伝部員にスカウトされると、
映画俳優になることを決意。

同年の映画「白線秘密地帯」に出演された後、
「新東宝」と専属契約を結ばれています。


「白線秘密地帯」より。

そして、長身だった菅原さんは、
吉田輝雄さんら4人で、

「ハンサム・タワーズ」の名称で売り出され、
低予算の娯楽映画に次々と出演。


「ハンサム・タワーズ」の4人。(左から)高宮敬二さん、
吉田輝雄さん、菅原さん、寺島達夫さん。


主演も多く務められたのですが、
「新東宝」が経営不振だったため、
知名度を高めることはできなかったそうです。


松竹へ移籍


結局、1961年、
「新東宝」は倒産してしまい、

菅原さんは、「ハンサム・タワーズ」の、
メンバーとともに、「松竹」に移籍。

1963年「死闘の伝説」
1965年「血と掟」
1966年「男の顔は履歴書」

などに出演し、荒々しい演技で、
存在感を示されたのでした。

しかし、メロドラマやホームドラマなど、
女優が主体の松竹では、個性を活かし切れず、

菅原さんは、映画監督の安藤昇さんの紹介で、
1967年、「東映」に移籍することとなったのでした。


東映


「東映」に移籍した菅原さんは、
当初は端役ばかりでしたが、
次第に、悪役で存在感を示し、

1969年「現代やくざ 与太者の掟」では、
「東映」移籍後、初の主演に抜擢。


「現代やくざ 与太者の掟」より。

この「現代やくざ」はシリーズ化されて、
1972年まで続きます。

また、同年「関東テキヤ一家」や、
1971年「まむしの兄弟」にも出演されると、

この2作品もシリーズ化され、
菅原さんは、人気俳優への階段を、
登り始めたのでした。


ブレイク!


そして、菅原さんは、1973年、
「仁義なき戦い」で、元組長、
美能広三役を演じられると、大ブレイク!


「仁義なき戦い」より。

美能広三が獄中で綴った手記が、
原作のこの映画は、

戦後、広島のやくざ抗争20年の、
実態が綴られているのですが、

まるでドキュメンタリーのような迫力を持ち、
シリーズ全5部作が、すべて、
大ヒットを記録したのでした。

さらに、続く1974年の、
「新仁義なき戦い」シリーズ、

1975年の、
「トラック野郎」シリーズも、
ともに、大ヒットを記録し、


「トラック野郎」より。

菅原さんは、東映を代表する、
映画スターになられたのでした。


多彩な活動へ


その後、菅原さんは、
テレビドラマにも力を入れるようになり、

1980年、NHK大河ドラマ、
「獅子の時代」で主演を務められると、


「獅子の時代」より。加藤剛さんと菅原さん。

1981年「警視庁殺人課」
     「中卒・東大一直線/もう高校はいらない!」

1984年「輝きたいの」
1985年「法医学教室の午後」


「法医学教室の午後」より。菅原さんと寺尾聰さん。

など、テレビドラマを中心に出演。

一方、映画では、重厚な、
脇役を演じることに徹するようになり、

ヤクザ映画でも、
大御所的な立場で出演。

また、2001年には、
アニメ映画「千と千尋の神隠し」で、
釜爺役の声を演じられ、好評を博しています。

同年には、息子さんを、
不慮の事故で亡くされ、

失意のため、しばらく、
芸能界から遠ざかっておられましたが、

2003年、映画「わたしのグランパ」の、
主演で復帰されると、

以降、
2005年 映画「妖怪大戦争」
2007年 映画「バッテリー」
      NHKドラマ「ハゲタカ」


「ハゲタカ」より。(左から)菅原さん、
柴田恭兵さん、大森南朋さん。


などで、貫禄のある演技を、
披露されています。


死去


しかし、2007年には、
「膀胱がん」が判明し、治療に専念。

体調の問題もあったのでしょう。
2009年には、俳優業をほぼ引退され、
農業に従事されていたようです。



その後も、ドキュメンタリー番組のナレーターや、
CM出演などはされており、

2012年には、
アニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」で、
声優としても出演されましたが、

2014年、転移性肝がんによる肝不全のため、
亡くなっています。


妻は?


そんな菅原さんの、
プライベートなのですが、

菅原さんは、1996年、
菅原さんのマネージャーをされていた、
文子(ふみこ)さんと結婚されています。


当時51歳の菅原さんと、当時20歳の文子さん。

マネージャーということで、
公私ともに菅原さんを支えてこられたことは、
想像に難くないですが、

文子さんは、菅原さんが亡くなった、
数日後、東映を通じて、

七年前に膀胱がんを発症して以来、
以前の人生とは違う学びの時間を持ち、
「朝に道を聞かば、夕に死すとも可なり」
の心境で日々を過ごしてきたと察しております。
 
「落花は枝に還らず」と申しますが、
小さな種を蒔いて去りました。

一つは、先進諸国に比べて、
格段に生産量の少ない無農薬有機農業を広めること。

もう一粒の種は、日本が再び戦争をしない、
という願いが立ち枯れ、荒野に戻ってしまわないよう、
共に声を上げることでした。

すでに祖霊の一人となった今も、
生者とともにあって、
これらを願い続けているだろうと思います。
 
恩義ある方々に、何の別れも告げずに、
旅立ちましたことを、ここにお詫び申し上げます。

と、コメントを発表されています。

息子は?


ちなみに、お二人の間には、
息子さんが一人、
娘さんが二人おられるようですが、

娘さん二人については、情報がないことから、
一般のお仕事をされていると思われます。

一方、息子さんは、
菅原加織(すがわら かおる)さんといい、
1970年生まれで、高校在学中に、

お父さんである文太さんのバックアップのもと、
俳優業をスタートされ、
特にヤクザ映画に出演されていたようです。


菅原加織さん

しかし、2001年、
小田急小田原線の踏切内で、
電車にはねられ、亡くなっています。

文太さんは、加織さんを、
大変かわいがっておられ、

加織さんがデビューされた時には、

オレのデビュー時よりずっといい

と言って、目を細めておられたそうですが、

翌年の2002年のNHK大河ドラマ「利家とまつ」で、
親子共演が決まった矢先の悲劇でした。

息子さんの俳優としての成長を、
楽しみにされていたことは、
もちろんでしょうが、

何よりも、菅原さんは、
自分より先に息子が逝くという、
この世の不条理に打ちのめされ、

オレ、もう仕事したくない・・・

と、親友の長門裕之さんに、
苦しい胸の内を明かされていたそうです。

復帰


こうして、しばらくは、
失意の日々を送られていた菅原さんですが、

2003年には、
映画「わたしのグランパ」で活動を再開。

孫娘を見守る、
老いたヤクザを慈悲深く演じ、

亡くなった息子さんに、
捧げられたのでした。


「わたしのグランパ」より。菅原さんと石原さとみさん。

さて、いかがでしたでしょうか?

晩年は、息子さんを亡くされ、
失意のままご自身も亡くなった菅原さんですが、

昭和の映画スターとして、
残してこられた数々の作品は、
輝き続けています。

菅原さんの作品を、
また、見返して見たくなりました。

ご冥福をお祈り致します。



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ