樫山文枝の旦那は綿引勝彦!子供は?現在は?オンワード?朝ドラおはなはん!

Sponsored Link

1966年、NHK連続テレビ小説「おはなはん」でヒロインに抜擢されると、ドラマは高視聴率を記録し、たちまちお茶の間の人気者になられた、樫山文枝(かしやま ふみえ)さん。その後は、文芸作品を中心に数多くの舞台に出演しつつ、2時間ドラマやサスペンス物などテレビドラマにも出演されています。




プロフィール!


樫山さんは、1941年8月13日生まれ、
東京府北多摩郡武蔵野町吉祥寺
(現在の東京都武蔵野市吉祥寺)のご出身です。

身長162センチ、
体重52キロ、

血液型はA型、

靴のサイズは、23.5センチ、

学歴は、
東京文化学園高等学校卒業、

趣味・特技は、読書、観劇、

だそうです♪


「おはなはん」でブレイク


樫山さんは、高校卒業後、「俳優座附属養成所」に入られ、
1963年に「劇団民藝」の俳優教室に入られると、

翌年の1964年には、「アンネの日記」で、
5代目アンネ役に抜擢され、舞台デビュー。

そして、1965年に、
正式に劇団「民藝」の劇団員となられると、

1966年には、いきなり、
NHK連続テレビ小説「おはなはん」の主人公、
浅尾はな役に抜擢されます。


「おはなはん」より。

というのは、もともと、浅尾はな役は、
森光子さんに決まっていたのですが、

撮影開始直前の1965年11月に、
森さんが急病で入院してしまい、
長期出演が困難となったことから、

急遽、新人を起用することとなり、
樫山さんに白羽の矢が立ったのでした。

すると、樫山さんは、
夫と死別後、2人の子どもを抱えながらも、
持ち前の明るさで、明治・大正・昭和という、
激動の時代を生き抜いていく姿を好演し、

ドラマは、平均視聴率45.8%、最高視聴率56.4%
という大ヒットを記録。

樫山さんは一躍お茶の間の人気者となられたのでした。

ちなみに、2010年9月25日付の、
「朝日新聞」土曜版「be」のアンケート、
「心に残る朝ドラヒロイン」では、

45年経過しているにもかかわらず、
樫山さんが第1位を獲得されており、
いかに樫山さんが好演されたかが分かりますね。

(以来、「NHK連続テレビ小説」のヒロインには、
 新人女優が起用されるようになったそうです。)


出演作品


それでは、ここで、
樫山さんの出演作品の一部をご紹介しましょう。

舞台では、

1967年「うちのお姉さん」
1968年「ヴェニスの商人」
     「斬られの仙太」

1969年「かもめ」
1970年「もう一人のヒト」
1971年「銀河鉄道の恋人たち」

1972年「三人姉妹」
1974年「才能とパトロン」
1976年「リリオム」
1977年「ジェイン・エア」
1978年「山脈」


「才能とパトロン」より。

1980年「夜明け前 第一部」
1981年「夜明け前 第二部」
1983年「わたしは生きたい ラインの監視」
1984年「白夜」
1986年「人形の家」

1987年「クラクションを吹きならせ!」
1988年「雨」
1989年「天使との二〇分」
1990年「エマ 自由よ、アメリカに咲いた赤い花」
1993年「ルナサの祭りの日に」

1994年「おはなはん」
1995年「私を忘れないで」
1996年「帯に短し…くちなし幻想」
1998年「根岸庵律女」
1999年「二人だけの舞踏会」

2000年「かの子かんのん」
2001年「静かな落日-広津家三代-」
2002年「海の夫人」
2003年「モンゴル帰りの翁」
2004年「スポイルズ・オブ・ウォー そして得たもの」


「かの子かんのん」より。樫山さんと日色ともゑさん。

2005年「火山灰地」 第一部・第二部
2006年「喜劇の殿さん」
2007年「林の中のナポリ」
2008年「海霧」
2009年「来年こそは」

2010年「十二月 下宿屋『四丁目ハウス』」
2011年「帰れ、いとしのシーバ」
2012年「冬の花 ヒロシマのこころ」
2013年「集金旅行」
2017年「33の変奏曲」


「33の変奏曲」より。(左から)桜井明美さん、
樫山さん、大中耀洋さん。


テレビドラマでは、

1969年 NHK大河ドラマ「天と地と」
1970年「わが青春のとき」
1971年 火曜日の女シリーズ「幻の女」
1973年 NHK大河ドラマ「国盗り物語」
1974年「放浪記」

1975年「同心部屋御用帳 江戸の旋風」
1978年「私の愛は」
1979年「幻の花嫁」
1981年「新・事件 わが歌は花いちもんめ」
1983年「生命ふたたび」


「国盗り物語」より。

1984年「あなた一人で生きて」
1985年「遅れてきた年賀状」
1986年「かけもち結婚、かけもち仲人」
1987年「長い道II」
1988年「3年B組金八先生3」

1989年「再婚家族」
1991年「忠臣蔵 風の巻・雲の巻」
1992年「リバースアンドプレイバック」
1996年「ようこそ青春金物店」
1998年「女調査員・おでん屋“ぽんた”探偵局」


「忠臣蔵 風の巻・雲の巻」より。

2001年「監察医・室生亜季子29 不完全な心中」
2002年「3年B組金八先生 第6シリーズ」
2006年「西村京太郎トラベルミステリー 秋田新幹線・こまち連続殺人!」
2016年「大岡越前3 第6話『源さん恋をする』」

映画では、

1968年「黒部の太陽」
1975年「男はつらいよ 葛飾立志篇」
1981年「典子は、今」
1983年「ふるさと」
1988年「ダウンタウン・ヒーローズ」


「男はつらいよ 葛飾立志篇」より。樫山さんと渥美清さん。

など、数多くの作品に出演されています。


オンワード?


ところで、樫山さんを「オンワード」で、
多くの方が検索されているようです。

調べてみると、樫山さんの伯父さん(お父さんのお兄さん)は、
大手アパレルメーカー、オンワード樫山(現・オンワードホールディングス)
の創業者の樫山純三(かしやま じゅんぞう)さんだそうで、

数多くの名馬を世に送り出した、
馬主でもあったそうです。

ちなみに、樫山さんのお父さんは、早稲田大学の教授で、
ドイツの哲学者、ヘーゲルの研究者として著名な、
樫山欽四郎(かしやま きんしろう)さんとのことで、
樫山さんは、良家の子女だったのですね。


旦那は綿引勝彦!


そんな樫山さんの、
気になるプライベートですが、

樫山さんのご主人は、
俳優の綿引勝彦(わたびき かつひこ)さんです。

お二人の馴初めなど詳しいことは分かりませんでしたが、
綿引さんも、1966年から「劇団民藝」におられるので、
職場結婚ということなのでしょう。

ただ、結婚した当初は、樫山さんが、
すでに有名女優として名をはせる一方で、

綿引さんは、ギターの弾き語りのアルバイトをするほど、
経済的に苦しい生活をされていたそうで、

奥さんの樫山さんよりも稼ごうと、
それを励みに頑張ってこられたのだとか。

ちなみに、随分後にはなりますが、1990年代後半、
大ヒットしたお昼のドラマ「天までとどけ」で、
綿引さんは大家族の良き父親役を好演され、
ついに、樫山さんの収入を抜き去ったそうです♪


「天までとどけ」より。中央が綿引さん、隣は岡江久美子さん。

後に、綿引さんは、
バラエティ番組に出演された際、

(軽~い気持ちで)結婚してシマッたと思った。

と話し、周囲を笑わせておられますが、

こんなことが言えるのも、
長年、収入の格差があったにもかかわらず、
お二人の仲が良かった証拠ですね♪

子どもは?


そんなお二人の間には、
お子さんがひとりいらっしゃるそうですが、

一般のお仕事をされているようで、
詳しいことは分かりませんでした。

ただ、お子さんが小さい頃は、
芸能人の子どもだからと甘やかすことなく育てられたそうで、

「おはなはん」で二人の子どもを育てる、
しっかりもののヒロインを演じられた樫山さんと、

「天までとどけ」で優しくも頼りがいのある、
お父さんを演じられた綿引さんという、
ドラマのイメージそのものだったのかもしれませんね。

さて、いかがでしたでしょうか?

すでに70代も後半に差し掛かる樫山さんですが、
2017年9月27日からは、舞台「33の変奏曲」
に出演されるなど、まだまだ現役バリバリ。

これからも、お体には気をつけて、
お元気な姿を見せていてほしいですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ