豊原功補は韓国人?結婚は?歌舞伎町?性格は?小泉今日子と!

Sponsored Link

幼い頃に観たアメリカ映画の影響で俳優を志し、1982年、16歳の時、「天まであがれ!」でテレビドラマデビューを果された、豊原功補(とよはら こうすけ)さん。以降、テレビドラマ、映画ほか数多くの作品に出演され、渋い演技で作品を引き締められています。また、ナレーターや歌手、NBAの解説もされています。




身長は?出身は?


豊原さんは、1965年9月25日生まれ、
東京都新宿区歌舞伎町のご出身、

身長179センチ、

血液型はA型、

学歴は、
明治大学付属中野高等学校(定時制)卒業、

特技は、英会話、

趣味は、バスケットボール
(高校の時、バスケ部だったそうです)、

だそうです。


アメリカ映画に憧れて俳優を目指す


豊原さんは、幼い頃、年の離れたお兄さんに、
映画に連れて行ってもらうことが多かったそうで、

「イージー・ライダー」(1970)
「タクシー・ドライバー」(1976)など、

アメリカン・ニューシネマを観ているうちに、
アメリカ映画への憧れが強くなっていったそうです。

そして、1981年頃(15歳の頃)、
劇団に入団されると、

1982年、16歳の時には、
「天まであがれ!」でテレビドラマデビュー、
「パソコンウォーズISAMI」で映画デビューも果たされています。


「パソコンウォーズISAMI」より。坂井徹さん(左)と豊原さん。


オーストラリア、シドニーに語学留学


以降、豊原さんは、テレビドラマや映画に出演し、
着実に俳優としてのキャリアを積まれていたのですが、

1989年、24歳の時、

アメリカ映画に出演するためには、英語を話せるようにならなければ。

と思いたち、アメリカに語学留学することを決意。

当初は、ニューヨーク行きを目指されるも、
事務所の知り合いがフラットの空き部屋がひとつあると紹介してくれた、
オーストラリア、シドニーのキングス・クロスに行くことになったのでした。

オーストラリアで語学学校、バイト、バンド活動で青春を謳歌


そして、初めてその土地に到着すると、
ひとりで海外生活をすることを実現したことで、
とても感動されたそうですが、

その感動もつかの間、
さっそく問題にぶち当たってしまいます。

というのも、到着したその日はイースターだったため、
オーストラリア中どこも休みで、

到着後、すぐにとりかかろうと思っていた、
語学学校とアルバイト探しを、
延期せざるをえなくなってしまったのです。

結局、休みの間3,4日間ほどは、何もすることがなかったことから、
土地を覚えようと、ただ、歩き回っていたそうですが、

休みが明けると、アルバイトは日本食のレストラン、
語学学校も「English Language Centres」に決まったそうです。

ちなみに、豊原さんは、バンドも組まれていたことから、
アルバイトがない日は、ライブをされるなど、
オーストラリアでの生活を謳歌されていたそうです♪


3ヶ月で帰国


こうして、オーストラリアでの堪能されていた豊原さんですが、
3ヶ月が経った頃、

オーディションがあるから戻ってきてほしい

と、事務所から電話がかかってきたそうで、

俳優としての仕事もちゃんとしなければ、との思いから、
すぐにオーストラリアに戻るつもりで帰国。

ただ、その後、ついには、2014年まで、
一度もオーストラリアに戻ることはなかったのでした。

豊原さんは、その時のことについて、

(滞在期間は)たかだか90日、
3カ月なんですけど、ものすごく中身が濃くて。

朝、起きたら学校へ通い、宿題もやらなきゃならない。
で、ジャパニーズ・レストランで働き、バンドも組んで。
それで、たまには友だちとバルに行って、お酒を飲んだりしてたので。

あっという間の、夢だったんじゃないかと思うような3カ月でした。
20いくつじゃなきゃできないですよね。

今、自分がうらやましいですもん、その時の自分が。
2年前に再び訪れた時は、ボンダイ・ビーチも、
正直、この程度だったかな・・・と。

だからその時の年齢とか、環境とか、自分の思い入れが、
見る景色も変えるんだなっていうのは実感しました。

と、明かされています。

出演作品


それでは、ここで、
豊原さんの出演作品の一部をご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

1983年 NHK大河ドラマ「徳川家康」
1985年「特捜最前線」第435話
1986年「桃尻娘」
1987年「あまえないでヨ!」
1988年「はぐれ刑事純情派 第1シリーズ」第20話
1989年「さかなでバーのクリスマス」


「特捜最前線」より。豊原さんと名高達男さん。

1990年「さすらい刑事旅情編II」第15話
1991年「世にも奇妙な物語『目覚まし時計』」
1992年「主婦たちのざけんなヨIII・OLでナゼ悪い!?」
1994年「妹よ」
1995年「僕らに愛を!」


「はぐれ刑事純情派」より。豊原さんと小川範子さん。

1996年「ロングバケーション」
1997年「ガラスの靴 a Cinderella Story」
1998年「青の時代」
1999年「ハッピー 愛と感動の物語」
2000年「別れる2人の事件簿」
2001年「カバチタレ!」第6話・第7話


「ロングバケーション」より。豊原さんと木村拓哉さん。

2002年「ランチの女王」第5話-第7話
2003年「東京ラブ・シネマ」
2005年「電車男」
2006年「のだめカンタービレ」
2007年「女帝」


「のだめカンタービレ」より。豊原さんと玉木宏さん。

2008年「イノセント・ラヴ」
2009年「ニュース速報は流れた」
2010年「逃亡弁護士」
2011年「新選組血風録」
2012年 NHK大河ドラマ「平清盛」


「ニュース速報は流れた」より。井浦新さんと豊原さん。

2013年「大島渚の帰る家~妻・小山明子との53年~」
2014年「SHARK~2nd Season~」
2015年「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」
2016年「Chef~三ツ星の給食~」
2017年「重要参考人探偵」


「重要参考人探偵」より。(左から)小山慶一郎さん、
玉森裕太さん、新木優子さん、豊原さん。


映画では、

1984年「パンツの穴」
1986年「そろばんずく」
1987年「名門!多古西応援団」
1988年「スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲」
1989年「ゴジラvsビオランテ」


「スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲」より。豊原さんと浅香唯さん。

1990年「さらば愛しのやくざ」
1991年「ゴジラvsキングギドラ」
1992年「ミスター・ベースボール」
1993年「姐 極道を愛した女・桐子」
1994年「修羅場の人間学」


「ゴジラvsキングギドラ」より。高嶋政伸さん(左)と豊原さん。

1995年「マークスの山」
1997年「WiLd LIFe」
1998年「イノセントワールド」
1999年「ニンゲン合格」
2000年「極道の妻たち リベンジ」

2001年「白い犬とワルツを」
2002年「突入せよ! あさま山荘事件」
2003年「Seventh Anniversary」
2004年「丹下左膳 百万両の壺」
2005年「亡国のイージス」


「突入せよ! あさま山荘事件」より。
(左から)役所広司さん、宇崎竜童さん、豊原さん。


2006年「コワイ女 カタカタ」
2007年「ヒートアイランド」
2008年「受験のシンデレラ」
2009年「南極料理人」
2010年「座頭市 THE LAST」

2012年「トテチータ・チキチータ」
2013年「東京闇虫 パートI・パートII」
2014年「バイロケーション 表/裏」
2015年「新宿スワン」
2017年「たたら侍」


「新宿スワン」より。(前列左から)伊勢谷友介さん、
豊原さん、深水元基さん、綾野剛さん。


ほか、数多くの作品に出演されています。

ちなみに、2007年には、「受験のシンデレラ」で、
第5回モナコ国際映画祭最優秀主演男優賞を受賞されています。


「受験のシンデレラ」より。寺島咲さんと豊原さん。


結婚は?


そんな豊原さんの、
気になるプライベートですが、

豊原さんは、麻美さんという、
一般女性の方と結婚されているようです。

20歳以上の、歳の差婚だとか。

お子さんも一人いらっしゃって、
息子さんだそうです。

それ以上のことは分かりませんでした。

ただ、別の熱愛情報が・・・


小泉今日子と!


2015年2月、豊原さんと小泉今日子さんが、
フライデーされました!

深夜デートの後、商店街を小泉さんと少し距離をあけて、
豊原さんが歩いていき、

暗い道になると、距離を縮め、
一緒に小泉さんのマンションに入られたそうです。

豊原さんが出てこられたのは、翌日の夕方。
しかも、小泉さんが出られて、しばらくしてからだそうで、

豊原さんが合鍵を持っているのは、
間違いないとのこと。


和食店で語らう、豊原さんと小泉今日子さん。

小泉さんは、2004年に、
永瀬正敏さんと、既に離婚されていますが、
豊原さんは妻子持ち。

不倫はまずいですよね・・・
それとも、豊原さんも既に離婚されているのかも?

実際、「数年前に離婚した」
と報道されたときもありましたが、
正式に離婚はしていないとも。はっきりはしません。

豊原さんの事務所は、
小泉さんとの交際はもちろん、

離婚されているかどうかにも、
ノーコメントだそうです。


韓国人?歌舞伎町?


豊原さんが韓国人では?
という噂が流れています。

映画「白い犬とワルツを」で、
在日朝鮮人を演じられたり、

韓国ドラマ「赤と黒」にも出演されたことがあるそうで、
そのイメージでしょうか。



一応、豊原さんの出身地は、
東京都新宿区歌舞伎町となっています。

歌舞伎町に、
住宅街なんてあったんですね。

調べてみると、
歌舞伎町一丁目はいわゆる歓楽街ですが、
歌舞伎町二丁目は、
意外にも比較的静かなところだそうです。

ただ、

都内有数のコリアタウンである大久保に接していることもあり、
韓国料理店や食品スーパーなどがある。

とありましたので、疑惑は深まるばかり。

しかも、

「官報」に帰化の記録がある芸能人と同じ名前の例

という情報があり、

1989年12月13日
住所 東京都中野区
李功補(豊原功補、木島久詞、委大鶴島矢)
昭和40年9月25日生

と官報に記録があったそうです。

この記録が本当なら、
豊原さんと誕生日が同じで、
同姓同名の日本人名にした韓国人の方がいるか、
豊原さんご本人ということになります。

結局は謎です・・・

帰化しているので、
既に日本人ではあるのですが(^_^;)

性格は?


そんな謎に包まれた豊原さんですが、

飽きっぽい性格

と自身を評されていました。

ただ、

一度ハマると、相当の期間、
それオンリーになってしまいそうな自分が怖い

ともおっしゃっています。

基本クールで、時々熱くなるという感じでしょうか。
個人的には、ドラマや映画での役柄のイメージとピッタリです。

ちょっと悪い匂いがするが、本当はいい人なのかも?
という雰囲気は、豊原さん独特ですね。

これからも、「豊原節」で、
ドラマや映画を盛り上げてほしいですね。
応援しています!!



Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ