牧田哲也!身長は?テニミュ!平田裕一郎と?黒子のバスケ!

Sponsored Link

「俳優集団D-BOYS」のメンバーである、牧田哲也(まきた てつや)さん。「テニスの王子様」「黒子のバスケ」など、アイドルの登竜門的な舞台に出演される一方、文学性の高い作品にも出演され、着実に演技のキャリアを積まれています。




プロフィール!


牧田さんは、1984年6月7日生まれ、
愛知県のご出身です。

身長176センチ、
血液型B型、
星座は双子座、

趣味は、
ゴルフ、ビリヤード、スノーボード

だそうです♪


芸能界入り


牧田さんは、子どもの頃からドラマが好きで、
テレビの世界に強い憧れがあったそうです。

大学生の時、知り合いが、
モデルの仕事をされていたことから、

紹介してもらい、
モデルの仕事をするようになったとのこと。

モデル時代は、写真やスチールの中で、
漠然と演じておられたそうですが、

一つの役として、もっと突き詰めて、
演じてみたいと思うようになり、
大学を卒業後、俳優を目指されたのでした。


D-BOYSオーディションで準グランプリ


そして、2006年、牧田さんが22歳の時、
「第3回D-BOYSオーディション」で、
準グランプリに輝かれ、芸能界に入られています。



牧田さんは、会場の人気投票で、
1位を獲得されたそうで、

グランプリの方を上回る、
人気ぶりだったとか!


俳優として活動をスタート


翌年の2007年からは、
俳優として、活動を開始され、
テレビドラマや舞台、映画に出演されています。

そして、同年7月には、
「俳優集団D-BOYS」に加入されました。


後列右から3人目が牧田さん。


テニミュ!平田裕一郎と?


そして、同年、若手俳優の登竜門である、
ミュージカル「テニスの王子様」で、
桃城武役を演じておられます。

牧田さんは、海堂薫役の平田裕一郎さんとコンビを組まれ、
4代目青学キャストの中でも、
絶大な人気を誇っておられたとのこと。

プロレスラーのようなマスクをつけて、
「不器用っすから」という歌を、

コミカルに踊りながら、歌うパフォーマンスは、
見ていて、引きこまれるほど面白かったです♪



エンターテイメント性に富んだ、
お二人のコンビネーションが、
高く評価されたのもうなずけますね!


黒子のバスケ!


牧田さんは、2016年4月上演予定の、
「黒子のバスケ THE ENCOUTER」でも、
誠凛高校の日向順平役を演じることが決定しています。

この作品は、大人気バスケットボール漫画、
「黒子のバスケ」の初の舞台化で、

牧田さん演じる日向は、
メインキャラクターたちを盛り上げる、
役どころということです。



牧田さんが、どのように、
日向役を演じられるのか楽しみですね!


印象に残っているお芝居


様々な役を演じておられる牧田さんですが、
ご自身の中で、印象に残っているお芝居を、
2つ上げられています。

ひとつは、舞台「吸血鬼」

当初、どういうふうに演じたら良いのかわからず、
あれもダメ、これもダメと、
だんだん選択肢が狭まってしまい、

自分の中で凝り固まってしまった時、
共演者の鈴木砂羽(すずき さわ)さんが、

牧田哲也という人物が面白いのだから、
そのままやっちゃえばいいじゃない。

と言ってくれて、
肩の荷が降りたのだそうです。

それ以降、楽に考えられるようになり、
可能性を探っていけるようになったのだそうです。

そして、もう一つは、
「千に砕け散る空の星」というイギリスの戯曲。

牧田さんは、台本を読んでいても、
物語の意味がよく分からなかったそうで、

当然、稽古に入ってからも、
どう動いていいか分からなかったのだとか。

そんな中で、まず、物語の意味をしっかり探り、
次に、どう表現したらいいのかを、

ひとつひとつ整理しながら、考えていくことを、
改めて、教わったお芝居だったそうです。

牧田さんにとって、この2つの作品は、
煮詰まった末に突破口を切り開くことのできた、
思い入れの深い作品ということが分かりますね。

出演作品は?


最後に、牧田さんの、
代表的な出演作をご紹介しましょう。

テレビドラマでは、

2007年「しにがみのバラッド。」
2009年「仮面ライダーディケイド」
2010年「クローン ベイビー」
2011年「~東京ディズニーシー10thアニバーサリー
      ~7つの海の贈りもの」



2012年「土曜ワイド劇場 はみだし弁護士・巽志郎」
2013年「ガリレオ 第2シーズン 最終章『聖女の救済 前編』」
     「警視庁捜査一課9係 season8」「半沢直樹」

2014年「星新一ミステリーSP『七人の犯罪者』」
     「レアケース 生活保護課の殺人事件簿」

2015年「DOCTORS~最強の名医~」「デスノート」
2016年「マネーの天使~あなたのお金、取り戻します!~」
     「黒の斜面」




映画では、

2007年「タクミくんシリーズ そして春風にささやいて」
2009年「天使の恋」「書の道」
2010年「星砂の島のちいさな天使 ~マーメイドスマイル~」
2011年「アベックパンチ」「シェアハウス」
2012年「ソウル・オブ・ロック」「今日、恋をはじめます」
2013年「空の境界」「HK 変態仮面」
2015年「東京闇虫パンドラ」



舞台では、

2007年~2009年「ミュージカル テニスの王子様」
2007年~2011年「D-BOYS STAGE 」
2010年「吸血鬼」
2012年「クールの誕生」「千に砕け散る空の星」



2013年「熱海殺人事件 40years’ NEW」「虚構の劇団」
2014年「熱海殺人事件 Battle Royal」
     「ドラマライブラリー 死神の浮力」

2015年「マッシュ・ホール」「二人芝居 Equal-イコール-」
2016年「黒子のバスケ」



と、代表作だけでも、
数多くの作品に出演されています。

話題性の高いものから、文学的なものまで、
非常に幅広く演じられていることが分かりますね。

牧田さんは、将来の目標を、

「説得力」のある役者になりたい、
とすごく思っています。

演技を見て、納得してもらえるような、
役者さんになりたいですね。

いろんな経験をして、
俳優として着実に完成していきたいです。

と語っておられましたが、
もうすでに、そうなりつつあるようです。

そんな牧田さんからは、
今後も目が離せそうにありません!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ