佐良直美の若い頃は?世界は二人のために!キャッシーと同性愛?


1967年「世界は二人のために」でレコードデビューされると、たちまち大ヒットを記録し、一躍人気歌手となられた、佐良直美(さがら なおみ)さん。1969年にリリースした8枚目のシングル「いいじゃないの幸せならば」も大ヒットとなると、以降、歌手活動と並行して、女優、タレントとしても活躍されていたのですが・・・

Sponsored Link

年齢は?出身は?本名は?

佐良さんは、1945年1月10日生まれ、
東京都のご出身、

本名は、
山口納堡子(やまぐち なほこ)、

学歴は、
日本大学藝術学部卒業、

ちなみに、佐良さんは、明治時代の漢学者、
川田甕江(かわた/かわだ おうこう)さんの玄孫(やしゃご)で、
住友財閥・常務理事の川田順さん(甕江さんの三男)の
従曾孫(いとこのひ孫)にあたるそうです。

また、佐良さんの母方の大伯父である山口彰夫さんの奥さんと、
吉永小百合さんのお母さんは姉妹だそうです。

歌手デビュー曲「世界は二人のために!」が大ヒット

佐良さんは、フジテレビの音楽番組のディレクターを目指し、
日本大学芸術学部に進学されると、

大学在学中には、番組で使われる身を経験しようと、
ホテル「日航ミュージックサロン」などで歌を歌っていたのですが、

作曲家のいずみたくさんと「ビクター」の小沢ディレクターにスカウトされ、
大学卒業後の1967年5月、「世界は二人のために」でレコードデビューされると、
たちまち120万枚のレコードを売り上げる大ヒットを記録。


「世界は二人のために」

この年には、「第9回日本レコード大賞新人賞」を受賞するほか、
「第18回NHK紅白歌合戦」にも出場し、一躍人気歌手となられます。

(デビューから半年間は休みなしで、睡眠時間は1日2~3時間。
 レコード大賞を受賞された頃には1ヶ月に仕事が80本という忙しさだったそうです)

そして、その後も、

1967年12月「私の好きなもの」
1968年2月「星になりたい」
     5月「恋はオールデー・オールナイト」
     7月「すてきなファーニー」
     12月「愛の結晶」
1969年3月「ギターのような女の子」


と、立て続けにシングルをリリースすると、

1969年7月にリリースした8枚目のシングル「いいじゃないの幸せならば」では、
「第11回日本レコード大賞」を受賞し、橋幸夫さんに続く、
史上二人目の2冠(新人賞・大賞)となられています。(女性歌手としては、史上初)


「いいじゃないの幸せならば」

「肝っ玉かあさん」「ありがとう」ほか女優としても

また、佐良さんは、歌手として活躍される一方で、
1968年には、「若草物語」でテレビドラマデビューされると、

以降、

1968~1972年「肝っ玉かあさん」(テーマ曲も担当)
1970~1975年「ありがとう」(テーマ曲も担当)
1971年「女と味噌汁」
1975年「明日がござる」
1977年「家族」
1981年「出逢い」
1982年「おはよう24時間」


「ありがとう」より。長谷川哲夫さんと佐良さん。


「明日がござる」より。荻島真一さんと佐良さん。

など、話題のテレビドラマにも次々と出演されるほか、

タレントとしてバラエティ番組に出演されたり、
テレビ番組の司会を担当されたりと、多方面で活躍されていたのですが・・・

Sponsored Link

キャッシーとのレズ(同性愛)騒動

人気絶頂だった1980年5月19日、突如、タレントのキャッシーさんが、
ワイドショー「アフタヌーンショー」で、

「キャッシー涙の告白!! 佐良直美との愛の破局」

と題して、佐良さんとのレズ生活を赤裸々に告白し、
佐良さんの親族から別れさせられたと、涙ながらに語る姿が映し出されます。

実は、佐良さんに「捨てられた」と主張するキャッシーさんが、
芸能レポーターで「アフタヌーンショー」のレギュラーだった梨元勝さんに訴え、
梨本さんのお膳立てで出演されたものなのですが、

その後も、同番組や週刊誌などで、佐良さんとは3年半ほど前から、
「ナオ」「おまえ」と呼び合う「夫と妻の間柄」であり、

1979年9月頃から佐良さんの家で同居を始めるも、
佐良さんの親族から嫌がらせをされて仲を引き裂かれ、
家を飛び出したと告白されるほか、

佐良さんからもらったという、

世界中の誰よりも直は幸せだぞ。一生離さんからな。おぼえとけ。

早く帰ってきて欲しい。会いたい。あなたのnaoより。

という手紙などを公開されたのです。

(梨本さんも、2人の官能の日々を「週刊現代」誌上に綴られています)


当時のキャッシーさん

しかし、佐良さんはというと、
事実関係を全面否定したうえに、手紙も偽物と反論。

ただ、同性愛について過剰に反応し、「気持ち悪い」
と感情的なコメントをしたため、佐良さんはすっかり悪者にされてしまい、

法律的には認められなくてもそういう関係はあるの

と訴えたキャッシーさんに同情が集まります。

最終的には、佐良さんが訴訟を起こして、
同年5月末キャッシーさんが謝罪、と騒動は収まったのですが、

佐良さんのイメージダウンは免れず、その年の紅白歌合戦には落選。
その後もテレビ出演が激減して表舞台から姿を消すと、
1987年、ひっそりと芸能界から引退されたのでした。

(ちなみに、キャッシーさんはというと、1984年、
 芸能界を追放される形で引退されています)

「佐良直美の引退理由は?レズ騒動の真相は?犬のしつけ教室?」に続く

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ