伊集院静の元嫁は夏目雅子!不倫で結婚!桃井かおりとも?娘は?


CMディレクターとして活動されていた1977年、カネボウ化粧品「クッキーフェイス」のCMで、夏目雅子さんと知り合うと、たちまち男女関係となった、伊集院静(いじゅういん しずか)さん。しかし、その時、伊集院さんはすでに妻子ある身でした。

「伊集院静の本名は?韓国人?若い頃は電通!長嶋茂雄と?」からの続き

Sponsored Link

「皐月」で小説家デビュー

伊集院さんは、お父さんのことを書き留めておきたいとの思いから、
1981年、「小説現代」「皐月」を発表。

ただし、自身では作家デビューした意識はなく、
その後は、小説を書かれることはなかったのですが、

1985年に、妻で女優の夏目雅子さんが亡くなったことで、
病室で闘病中の夏目さんと過ごした209日間を振り返り、
5年かけて執筆された短編集「乳房」を1990年に発表されると、
1991年には、「第12回吉川英治文学新人賞」を受賞。


乳房 (講談社文庫)

執筆当時は、これが生涯最後の小説だと思っておられたそうですが、
この作品により、本当の意味での作家デビューとなり、
以降、本格的に小説家として活動するようになります。

すると、
1992年「受け月」では、「第107回直木賞」
1994年「機関車先生」では、「第7回柴田錬三郎賞」
2001年「ごろごろ」では、「第36回吉川英治文学賞」
2014年「ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石」では、「第18回司馬遼太郎賞」

と、みるみる文才を発揮され、
2016年には、「紫綬褒章」まで受章。

今では、依頼があれば何でも書くことができる

と豪語されるまでになられています。

最初の妻と離婚!子どもは?夏目雅子と不倫関係に

そんな伊集院さんの気になるプライベートですが、
実は、夏目さんとは不倫の末の結婚でした。

伊集院さんは、もともと、「電通」時代に知り合った一般女性と結婚され、
女の子が誕生しているのですが、

1977年、27歳の時、CMディレクターとして、
カネボウ化粧品の「クッキーフェイス」のCMを担当した際、

当時、まだ無名のモデルだった夏目雅子さん(当時は「小達雅子」名義)を、
イメージキャラクターに起用すると、この化粧品が大ヒット。

これで、夏目さんは一躍スターダムにかけのぼるのですが、
そこから2人は不倫関係に。

そして、伊集院さんは2人目の娘の出産前に家を飛び出し、
1980年に離婚されたのでした。

(ちなみに、離婚後、元奥さんは、保険の外交員をして娘たちを育てられたそうで、
 この2人目の娘は、現在、女優として活動されている西山繭子さんです。)

桃井かおりと三角関係も~夏目雅子と再婚

そして、1984年に、
伊集院さんは夏目さんと再婚されているのですが、

実は、この頃、伊集院さんは、女優の桃井かおりさんとも関係を持っていて、
三角関係となり、夏目さんと再婚するまでその関係は続いていたようで、

夏目さんは、桃井さんに伊集院さんを取られまいと、
結婚を決めたと言われています。

ただ、夏目さんは、伊集院さんと結婚するまでの7年もの不倫関係の間に、
何度も妊娠しては堕(お)ろすということを繰り返していたそうです。
(伊集院さんご自身と、夏目さんの母スエさんが認めています)

Sponsored Link

夏目雅子が死去

こうして、純愛を貫いたというイメージとは程遠いながら、
ようやく結ばれた2人でしたが、

翌年の1985年2月14日、夏目さんが、舞台「愚かな女」公演中、
10円玉ほどもある大きさの口内炎ができ、加えて激しい頭痛など、
極度の体調不良を訴えます。

実は、夏目さんは、この時すでに、舞台に立っていられないほど、
体調が悪化していたにもかかわらず、泣きながら、

這ってでも舞台に戻る!

と、頑なに病院へ行くことを拒み続けたそうです。

それでも、共演の西岡徳馬さんの勧めにより、
翌2月15日、慶應義塾大学病院に行き、受診されると、
検査の結果は「急性骨髄性白血病」で、そのまま緊急入院。

ただ、夏目さん本人には、「極度の貧血」とだけ告げられ、
本当の病名は伏せられていたそうで、夏目さんが入院すると同時に、
伊集院さんは仕事をすべて辞めて看病。

しかし、同年9月11日、その甲斐もなく、
夏目さんは27歳という若さでこの世を去られたのでした。

「伊集院静の現在の妻篠ひろ子は田中好子の紹介!大人の流儀?」に続く

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ