志村けんの若い頃は付き人しながらマックボンボンで冠番組も!


いかりや長介さんに弟子入りを志願し、付き人として採用されると、その翌日から、さっそく仕事を開始した、志村けん(しむらけん)さんですが、しばらくは不遇な日々が続きます。

「志村けんは高3でいかりや長介に弟子入りし付き人になっていた!」からの続き

Sponsored Link

脱走?

いかりや長介さんに食い下がり、なんとか付き人になった志村さんですが、それから約1年後には、付き人という仕事に嫌気がさしたのか、「社会勉強をするため」と、ほかの付き人に伝言をして辞めると、バーテンダーなどのアルバイトをされていたそうです。

(ただ、その付き人が、いかりやさんに伝えるのを忘れていたため、志村さんが「脱走」したと、「ザ・ドリフターズ」のメンバー間では大騒ぎとなったそうです。)

加藤茶の口添えで復帰し加藤茶の付き人に

しかし、その後、志村さんは、再び、「ザ・ドリフターズ」の付き人に戻りたいと思ったそうで、(いかりやさんの家には行きづらかったことから)今度は加藤茶さんに頼み、加藤さんに口添えしてもらったところ、

二度も弟子入りする奴は、よくよく好きなんだろう

と、出戻りを認めてくれたそうで、

志村さんは、今度は、しばらく、加藤さんの付き人となり、加藤さんの家に居候させてもらったそうです。

「ザ・ドリフターズ」の食べ残しのラーメンを食べていた

ただ、志村さんは、付き人時代、付き人3人で6畳一間で生活し、給料は源泉所得税を引かれると4500円と、食べるにも事欠く生活だったそうで、

「ザ・ドリフターズ」のメンバーが楽屋でラーメンを食べている時でも、ラーメンを注文するお金がなかったため、メンバーが食べ終わると、メンバーの食べ残しを全部合わせて1人前のラーメンにし、それを付き人同士で分け合って食べていたそうですが、

そんなある時、志村さんは、いつものように、「ザ・ドリフターズ」のメンバーがラーメンを注文した際、

スープの中に入れておじやにして食べよう

と、ライスを注文したそうです。

そして、メンバーがスープを残してくれるのを待っていたのですが・・・

なんと、その時に限って、全員がスープまで残さず平らげたそうで、

志村さんは思わず、

加藤さん! このライスの立場はどうなるんですか!

と、隣に座っていた加藤さんに激怒したとか。

志村さんが付き人を辞めたのも、こんな過酷な生活に疲れたからかもしれません。

(そんな生活の中、たまに実家に帰ると、お母さんから「食ってるのか?」と聞かれ、志村さんは「食ってない」と言うやりとりがあり、その後、お母さんは、黙って、志村さんの大好物のすいとんと厚揚げを作ってくれ、家を出る時には、お金を握らせてくれたそうです。)

お笑いコンビ「マックボンボン」を結成するも相方が失踪

さて、それでも、志村さんは、1972年、22歳の時には、同じ「ザ・ドリフターズ」の付き人だった井山淳さんとお笑いコンビ「マックボンボン」を結成し、「志村健」名義で芸能界デビュー。


「マックボンボン」時代の井山淳さん(左)と志村さん(右)。

初めての仕事は、「小松みどりショー」の前座だったそうですが、井山さんのボケに対し、志村さんが立ったままの姿勢から、井山さんの顔面に足でツッコミを入れるなど、体を張ったネタが評判となり、

その後は、小柳ルミ子さん、天地真理さん、いしだあゆみさん、森進一さん、沢田研二さん、鶴田浩二さん、三波春夫さんなどの前座も務めるようになったそうです。

そして、1972年10月には、早くもコンビ名のついた冠番組「ぎんぎら!ボンボン!」で司会を務めることが決まるのですが、

「シャボン玉ホリデー」の後番組で、後に「シャボン玉ボンボン」にリニューアルされています)

師匠のいかりや長介さんは、ネタのストックもないまま、テレビに出演することに難色を示し、反対。

志村さんは反対を押し切って出演されるのですが・・・

いかりやさんの不安は的中し、知名度の低さとワンパターンなネタがすぐに飽きられてしまい、視聴率不振により、番組はワンクール(3ヶ月)で打ち切りになってしまいます。

また、その失敗でショックを受けた井山さんは失踪。当時の所属事務所「渡辺プロダクション」は、井山さんを契約解除とし、「ザ・ドリフターズ」の付き人からも除名したそうです。

Sponsored Link

新生「マックボンボン」として再始動するも相方がやる気なく自然消滅

そのため、志村さんは、「ザ・ドリフターズ」の付き人の一人だった福田正夫さんを、次の相方に選ぶと、新生「マックボンボン」として再始動。

しかし、福田さんは、もともと、お笑い志向ではなく(元自衛隊員だったそうです)、常日頃から、

お笑いじゃなくてもやっていける

と、公言しており、

志村さんがコンビのネタを考えている横で、新聞の求人広告を見るなど、練習に身を入れることもなかったそうで、間もなくコンビは自然消滅となり、志村さんは再び、「ザ・ドリフターズ」の付き人に戻ることとなったそうです。

(結局、福田さんは芸能界を引退されています)

ちなみに、「ザ・ドリフターズ」のメンバーの一人、仲本工事さんは、

志村はやる気があったから、付き人やりながら自分でコンビ組んで、営業の仕事もしてたんです。本当に一生懸命でしたね。

と、当時の志村さんの様子を明かされていました。

「志村けんのドリフ加入は加藤茶の後押しのお陰だった!」に続く

「マックボンボン」時代の志村さん(左)と井山淳さん(右)。

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ