柴田恭兵の若い頃はあぶない刑事で大ブレイク!


村川透監督からの熱心な誘いに応じて、テレビ業界に進出すると、テレビ業界でも人気を博していた、柴田恭兵(しばた きょうへい)さんですが、1986年には、刑事ドラマ「あぶない刑事」で、さらなる大ブレイクを果たします。

「柴田恭兵は劇団「東京キッドブラザース」時代にTVスカウトされていた!」からの続き

Sponsored Link

「あぶない刑事」シリーズで大ブレイク

柴田さんは、1986年には、刑事ドラマ「あぶない刑事」(1986年10月~1987年9月)で、弱いものを見れば放っておけない正義感の強いユージこと大下勇次役に起用されているのですが、

ダブル主演を務めたタカこと舘ひろしさん、同僚の女性刑事・カオル役の浅野温子さん、タカとユージにいつも悩まされる後輩・町田透役の仲村トオルさんら、レギュラー陣とのコミカルで息のぴったり合った掛け合いが人気を博し、ドラマは最高視聴率26.4%を記録する大ヒット。


「あぶない刑事」より。柴田さん(左)と舘ひろしさん(右)。

このヒットにより、テレビドラマでは、

「もっとあぶない刑事」(1988年10月~ 1989年3月)
「あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル’98」(1988年)


「もっとあぶない刑事」より。(左から)柴田さん、浅野温子さん、舘ひろしさん。

映画でも、

「あぶない刑事」(1987年)
「またまたあぶない刑事」(1988年)
「もっともあぶない刑事」(1989年)
「あぶない刑事リターンズ」(1996年)
「あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE」(1998年)
「まだまだあぶない刑事」(2005年)
「さらば あぶない刑事」(2016年)


「またまたあぶない刑事」より。舘ひろしさん(左)と柴田さん(右)。


「もっともあぶない刑事」より。(左から)柴田さん、仲村トオルさん、舘ひろしさん。


「まだまだあぶない刑事」より。柴田さん(左)と舘ひろしさん(右)。

と、シリーズ化し、なんと、30年にも渡って続編が制作されるほどの人気作品となっています。

「さらば あぶない刑事」でシリーズ完結

そんな「あぶない刑事」シリーズも、2016年、映画「さらば あぶない刑事」で、ついに完結となっているのですが、

柴田さんは、65歳という高齢にもかかわらず、アクションシーンをこなしたことについて、

僕は草野球をずっとやってますから。夢は70歳になるまでに3割打ちたいなと。ただ、テストを含めて今回は結構走りましたね。アクションも最後だから頑張って。どうせならテロップいれてほしいですよね。アクションシーンのところで実年齢何歳って(笑)

と、日頃から草野球で体を鍛えられていたことを明かすと、

舘ひろしさんとの対談では、

舘さん:僕は帰る場所というよりも、進めてくれるというか。恭様との共演も含めて、自分をもう一歩前に進めてくれる作品だと思いますね。

彼との共演はいつも新しいものがあり、吸収するものがたくさんあるんですよ。恭様にしてみれば、教えることがいっぱいあって忙しいかもしれないけど(笑)

柴田さん:いやいや。僕は舘さんにウケるにはどうしたらいいんだろうとしか考えてないし、舘さんにウケたら世界中に通じると思ってますから(笑)

でも、そんな「あぶない刑事」をやることで僕は不思議と元気になるんですよね。他にも一生懸命やって手応えを感じる作品はたくさんありますけど、そういうものとはまた違う。「あぶない刑事」は現場に行けば若返るというか元気になれる、そんな作品ですね

と、やはり、「あぶない刑事」は特別な作品であることを明かされています。


「さらば あぶない刑事」より。柴田さん(左)と舘ひろしさん(右)。

Sponsored Link

「関係ないね」のまさかの真実

ところで、柴田さんといえば、

関係ないね

というセリフが有名ですが、

この「関係ないね」は、「あぶない刑事」の中での柴田さんのセリフで、田代まさしさんや木梨憲武さんなどお笑い芸人がモノマネをして大流行し、現在も、柴田さんのモノマネの時には、必ずといっていいほど使われる、とても有名なセリフなのですが、実は、このセリフ、ドラマの中では、たった1回しか使われていなかったというのです。

というのも、柴田さんが、2016年、「行列のできる法律相談所」(1月24日放送)に出演された際、この事実を明かされたそうで、


「行列のできる法律相談所」より。

ネット上では、

  • 衝撃すぎる
  • マジかよwwww
  • 絶対嘘だわーw
  • もっと言ってるイメージある
  • なんでみんなが誤解するようになったんだろう
  • やっぱモノマネで使われるから?

と、大きな話題となったのでした。

文字に続く

Sponsored Link

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ