田原総一朗は不正使用できる定期券をもらい異動させられていた!

「交通公社」では、切符売り場でミスを連発したせいか、入社1年で、定期券係に異動させられたという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、ここでも、書き損じた(不正使用できる)定期券をもらい、またしても、別の部署に異動させられたといいま・・・

「田原総一朗は不正使用できる定期券をもらい異動させられていた!」の続きを読む

田原総一朗が若い頃は「交通公社」入社も1年で異動させられていた!

早稲田大学第2文学部日本文学科に合格し、昼は「交通公社」で働き、夜は早稲田大学で勉強するという生活が始まった、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、「交通公社」では、切符売り場に配属されるも、あまりいい思い出はなかったといいます。

「田原総一朗が若い頃は「交通公社」入社も1年で異動させられていた!」の続きを読む

田原総一朗は早稲田大学に落ちたと思い込み聴講生を申し込もうとしていた!

早稲田大学受験を母親に反対されたことから、昼間働きながら、夜学に通おうと、高校3年生の時に交通公社の入社試験を受けると、見事合格した、田原総一朗(たはら そういちろう)さんは、会社の研修を受けながら受験勉強を続け、早稲田大学も見事合格するの・・・

「田原総一朗は早稲田大学に落ちたと思い込み聴講生を申し込もうとしていた!」の続きを読む

田原総一朗は交通公社の研修で劣等感を味わっていた!

早稲田大学進学を希望し、昼間働いて、夜に大学に行くべく、交通公社に入社したという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、交通公社の研修では、劣等感を味わったといいます。

「田原総一朗は交通公社の研修で劣等感を味わっていた!」の続きを読む

田原総一朗は作家に憧れ早稲田大進学を希望も母親の反対に遭っていた!

高校生の時には、経済状況が困窮する家計を助けるために、家庭教師などのアルバイトをしていたという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、高校卒業後の進路として、作家を目指し、憧れの作家の出身大学だった早稲田大学への進学を希望するも、お・・・

「田原総一朗は作家に憧れ早稲田大進学を希望も母親の反対に遭っていた!」の続きを読む

田原総一朗が高校の時は家計を支えるためアルバイトをしていた!

高校に入ると、小説を書くサークル「文学会」を立ち上げ、小説を書いてはみんなで読み合いをするほか、部員たちと文学議論を戦わせるなどしていたという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、家庭は、お父さんが仕事で失敗して借金を作るなど、経・・・

「田原総一朗が高校の時は家計を支えるためアルバイトをしていた!」の続きを読む

田原総一朗は高校時代にサークル「文学会」を立ち上げていた!

中学時代は、小説を書き始めるも、他人に読んでもらうことなく、あくまで自己満足だったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、高校に入ると、小説を書くサークル「文学会」を立ち上げ、部員のみんなで小説を書き、お互い読み合いをしたそう・・・

「田原総一朗は高校時代にサークル「文学会」を立ち上げていた!」の続きを読む

田原総一朗は中学時代から小説を書き始めていた!

中学時代は、成績優秀だった一方で、教師をイジメて面白がっていたという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、そのほか、野球や絵を楽しみ、小説も書き始めたといいます。

「田原総一朗は中学時代から小説を書き始めていた!」の続きを読む

田原総一朗は中学時代から教師相手に論争を楽しんでいた!

「朝まで生テレビ!」や「サンデープロジェクト」で司会を務め、率直な物言いや、ゲストとの丁々発止のやり取りのほか、ゲストの政治家を挑発して追及するスタイルでお馴染みの、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、実は、中学時代から教師相手に・・・

「田原総一朗は中学時代から教師相手に論争を楽しんでいた!」の続きを読む

田原総一朗は少年時代に教師を質問攻めにして立たされていた!

敗戦後、首相の東条英機らがA級戦犯として逮捕される中、天皇は逮捕されないことに、天皇制や裕仁天皇(昭和天皇)の存在に疑問を持つようになったという、田原総一朗(たはら そういちろう)さんですが、それ以外にも、教師の言うことが180度変わり、納・・・

「田原総一朗は少年時代に教師を質問攻めにして立たされていた!」の続きを読む

サブコンテンツ

このページの先頭へ