「ブレイク」タグの記事一覧

千昌夫が若い頃は「星影のワルツ」が大ヒットするも節約生活を続けていた!

1965年、1stシングル「君が好き」でデビューするも、2ndシングル「若い恋人たち」、3rdシングル「君ひとり」と、売上はパッとせず、さらに、1966年秋には、師匠の遠藤さんを怒らせ、家を追い出されてしまったという、千昌夫(せん まさお)・・・

山本富士子は「五社協定」のなか他社映画に毎年1本出演していた!

1958年、小津安二郎監督作品「彼岸花」に出演したことで、女優として大きく飛躍した、山本富士子(やまもと ふじこ)さんは、その後も、美貌と演技力を兼ね備えた「大映」の看板女優として活躍するのですが、1963年にフリー宣言をすると、映画界から・・・

山本富士子が若い頃は「夜の河」で大ブレイクしていた!

1950年、「第1回ミス日本」で「ミス日本」に輝くと、映画会社各社からスカウトが殺到し、「大映」に入社するも、その後、しばらくは、なかなか人気が出なかったという、山本富士子(やまもと ふじこ)さんですが、1955年、映画「湯島の白梅」で衣笠・・・

森繁久彌は映画「社長シリーズ」で大ブレイクしていた!

1946年7月、ようやく満洲から日本への引き揚げが始まり、同年10月に帰国すると、1947年にはNHKを退社し、「帝都座ショウ」「空気座」などの劇団を経て、舞台「鐘の鳴る丘」で俳優の井上正夫さんと知り合い、大きな影響を受けたという、森繁久彌・・・

財津一郎は昔「非っ常にキビシー」「してチョウダィ!」のギャグで大ブレイク!

吉本新喜劇の舞台で、思わず叫んだ「やめてチョウダイ」のセリフが、たちまち評判となり、このことがきっかけで、人気芸人の仲間入りを果たした、財津一郎(ざいつ いちろう)さんは、その後、「非っ常にキビシ~ッ!」のギャグも評判となり、さらなる大ブレ・・・

財津一郎のギャグ「やめてチョウダイ」は心の叫びだった!

1962年、28歳の時、「吉本新喜劇」に入団すると、当初は、東京から流れ着いて来たのだろうという厳しい視線を感じ、笑いを取るどころではなかったという、財津一郎(ざいつ いちろう)さんですが、大阪に打ち解けるための勉強を重ねるうち、やがて、仲・・・

品川徹は67歳の時「白い巨塔」でようやくブレイクを果たしていた!

1968年に太田省吾さんらと「劇団転形劇場」を設立すると、その後は、「沈黙劇」など、独特の世界観の太田さんの芝居に出演し、役者としてのキャリアを積むも、1988年に「劇団転形劇場」が解散し、フリーとなった後は、長く、無名の時代が続いたという・・・

せんだみつおは昔「金曜10時!うわさのチャンネル!!」でも大ブレイクしていた!

深夜ラジオの司会で人気を博していたことから、深夜ラジオ放送の手法を取り込んだ、テレビのバラエテエィ番組「ぎんざNOW!」のメイン司会者に抜擢されると、夕食時間前の視聴率の取りづらい時間帯にもかかわらず、大ヒットさせた、せんだみつおさんは、翌・・・

せんだみつおは昔「ぎんざNOW!」で矢沢永吉に対し上から目線だった!

1972年、情報バラエティ番組「ぎんざNOW!」のメイン司会者に抜擢されると、たちまちブレイクした、せんだみつおさんは、ゲスト出演していた、当時はまだ無名だった、竹中直人さん、矢沢永吉さん、宇崎竜童さんらに、今では考えられないという言葉をか・・・

せんだみつおは若い頃「ぎんざNOW!」の司会で大ブレイクしていた!

「ワゴンでデート」「ミッドナイトムーブメント」「ラジオカウント」「セイ!ヤング」「ハローパーティー」など、深夜ラジオ番組の司会で人気を博していた、せんだみつおさんは、その後、テレビの情報バラエティ番組「ぎんざNOW!」の司会に抜擢されると、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ