「ブレイク」タグの記事一覧

鹿賀丈史の若い頃は金田一耕助がハマり役だった!

「劇団四季」では次々と主演を務め、看板俳優として活躍するも、1979年、29歳の時、「劇団四季」を退団された、鹿賀丈史(かが たけし)さん。以降、次々とテレビドラマや映画に出演されると、金田一耕助役は原作者・横溝正史も認めるハマり役となりま・・・

加山雄三の若い頃は若大将シリーズでブレイク!

幼少期から大学時代まで、才能と環境に恵まれ、何不自由なく自由奔放に過ごされていた、加山雄三(かやま ゆうぞう)さんですが、実は、大学卒業後は、一般企業への就職を希望していたといいます。

岩下志麻の若い頃は清純派女優として人気を博していた!

1958年、テレビドラマ「バス通り裏」で女優デビューすると、1960年には、映画「乾いた湖」で主演に抜擢され、1961年には、主演映画「あの波の果てまで」が大ヒットした、岩下志麻(いわした しま)さんですが、この後も、岩下さんの快進撃が続き・・・

倍賞千恵子の若い頃は「男はつらいよ」のさくら役でブレイク!

1962年には、「下町の太陽」で歌手デビュー、翌年の1963年には、山田洋次監督の同名タイトルの映画で下町のヒロインを演じ、一躍、庶民派女優として人気を博した、倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)さん。その後、倍賞さんは、山田監督の常連女優とな・・・

石井ふく子は橋田壽賀子の「愛と死をみつめて」を東芝に直談判していた!

1964年、テレビドラマ「袋を渡せば」で、脚本家の橋田壽賀子さんと初めて一緒に仕事をして以来、実に60年以上に渡り、公私ともに親しくされている、石井ふく子(いしい ふくこ)さんですが、今回は、そんなお二人の出会いと大ヒットドラマのエピソード・・・

若山富三郎のデビューからの出演ドラマ映画を画像で!

1955年、映画「忍術児雷也」でデビューすると、白塗りの二枚目として、次々と主演に起用されるもぱっとせず、以降、長らく脇役に甘んじるも、1968年、映画「博奕打ち 総長賭博」での演技が認められると、「緋牡丹博徒」シリーズ、「前科者」シリーズ・・・

高倉健が若い頃はひたすら筋トレし任侠映画でブレイク!

「東映」の期待を一身に背負い、様々なジャンルの映画に出演されるほか、美空ひばりさんら看板俳優と共演されるなど、「東映」の強力なバックアップのもと売り出されるも、なかなか芽が出なかった、高倉健(たかくら けん)さん。しかし、「東映」のプロデュ・・・

泉ピン子はブレイク後は師匠の牧伸二と絶縁状態となっていた!

漫談歌手時代には、ウクレレ漫談家・牧伸二さんの付き人として過酷な下積み生活を送るも、1983年に、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」で大ブレイクすると、「おしん」の脚本家・橋田壽賀子さんに認められ、以降、「橋田ファミリー」の一員として、数多・・・

泉ピン子は若い頃ウィークエンダーのリポーターでブレイクしていた!

中学3年生で歌手として活動を始めるも、自身の容姿ではスターにはなれないと感じ、18歳の時、漫談歌手に転身した、泉ピン子(いずみ ぴんこ)さんですが、なかなか芽が出ません。しかし、27歳の時、ついに、バラエティ番組「ウィークエンダー」で人気が・・・

小松政夫は昔は伊東四朗との電線音頭で大ブレイクしていた!

「どーかひとつ」「なが~い目で見てください」などのギャグや、淀川長治さんのモノマネで、コメディアンとして頭角を現した、小松政夫(こまつ まさお)さんは、その後、伊東四朗さんとコンビを組むと、一躍、大ブレイクを果たします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ