「ブレイク」タグの記事一覧(2 / 23Page)

大島渚の「愛のコリーダ」裁判での「わいせつなぜ悪い」が大きな話題に!

1976年、フランスとの合作「愛のコリーダ」を発表すると、その過激な性愛の描写から一大センセーショナルを巻き起こし、たちまち脚光を浴びた、大島渚(おおしま なぎさ)さんですが、脚本や劇中のスチール写真を収めた同名の書籍「愛のコリーダ」が出版・・・

大島渚は若い頃「愛のコリーダ」で大ブレイクしていた!

独立系の映画で、政治的、社会的なメッセージ性の強い作品を次々と発表し、高く評価されるも、低予算の映画作りに疲れ切り、独立プロダクション「創造社」を解散した、大島渚(おおしま なぎさ)さんは、その後は、映画製作資金を集めるため、テレビ出演する・・・

坂東玉三郎は泉鏡花の「天守物語」が大ヒットしていた!

1976年2月、シェイクスピア劇「マクベス」でマクベス夫人役を演じると、たちまち大ブレイクし、一躍、トップスターの座に駆け上った、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんは、その後も快進撃を続けます。

坂東玉三郎は昔シェイクスピア劇「マクベス」でも大ブレイクしていた!

篠山紀信さんとコラボレーションして、写真展を開催し、写真集を出版すると、大きな反響を呼び、歌舞伎界だけではなく、一般の週刊誌にも取り上げられた、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、今度は、シェイクスピア劇「マクベス」で、マクベス・・・

坂東玉三郎は片岡孝夫(現15代片岡仁左衛門)と「孝・玉」コンビで大ブレイク!

妬(ねた)みや嫉(そね)みで潰されることを心配した、師匠で養父の14代目守田勘弥さんによって、主役と脇役を交互に演じていたという、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう)さんですが、1971年6月、片岡孝夫(現・15代目片岡仁左衛門)さんとコン・・・

坂東玉三郎は嫉妬を避ける為ブレイクを抑制されていた!

1970年9月1日、松竹により、歌舞伎座での公演「新秋大歌舞伎」で、市川海老蔵(後の12代目市川團十郎)さんと共に売り出されると、海老蔵さんとの共演が”海老玊コンビ”と話題になった、坂東玉三郎(ばんどう たまさぶろう・・・

相田翔子は「踊る!さんま御殿!!」の天然ボケキャラで再ブレイクしていた!

1992年、「Wink」活動停止後は、自身が希望するアコースティックなボサノバ風サウンドの本格路線でソロ歌手として活動するも、商業的な成功を収めることができなかった、相田翔子(あいだ しょうこ)さんですが、一方、バラエティ番組では思わぬ才能・・・

相田翔子が若い頃はWinkで「愛が止まらない」「淋しい熱帯魚」が大ヒット!

高校卒業後の1988年4月27日、鈴木早智子さんとアイドルデュオ「Wink」でデビューした、相田翔子(あいだ しょうこ)さんは、1stシングル「Sugar Baby Love」と2ndシングル「アマリリス」は、サッパリも、3rdシングルの「・・・

宇崎竜童は若い頃「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が大ヒット!

1974年には早くも「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」の3rdシングル「スモーキン・ブギ」がヒットとなった、宇崎竜童(うざき りゅうどう)さんは、翌年の1975年には、さらに、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」がミリオンセラーの大ヒットと・・・

阿木燿子は昔「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が大ヒットしていた!

明治大学時代、夫・宇崎竜童さんに誘われるがままに軽音楽部に入り、宇崎さんに頼まれて作詞をするようになったという、阿木燿子(あき ようこ)さんですが、1975年には、宇崎さんに頼まれて作詞した「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」が大ヒットとなり・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ