「生い立ち」タグの記事一覧(10 / 37Page)

愛川欽也の生い立ちは?母親から溺愛されて育っていた!

印刷会社を経営するお父さんとその愛人だったお母さんのもと、東京・巣鴨に一人っ子として誕生した、愛川欽也(あいかわ きんや)さんですが、お母さんが年をとってから産んだ子供だったことから、特にお母さんには溺愛されて育ったといいます。

うつみ宮土理は母親の言葉で劣等生から優等生に激変していた!

10歳の時、お母さんが他界するも、伯母さん(母親の姉)が新しいお母さんとなり、愛情深く育てられたという、うつみ宮土理(うつみ みどり)さんは、その後、お母さんに褒められたことがきっかけで、みるみるうちに成績がアップしたといいます。

うつみ宮土理の生い立ちは?10歳(小4)の時に母親が他界していた!

1966年、子供向けテレビ番組「ロンパールーム」で、2代目お姉さんとしてタレントデビューして以来、50年以上に渡り、芸能界で活動している、うつみ宮土理(うつみ みどり)さん。今回は、そんなうつみさんの生い立ちについてご紹介します。

平泉成の生い立ちは?高校卒業後はホテルでベルボーイをしていた!

俳優歴50年以上の安定した演技力で、渋く作品の脇を固める、平泉成(ひらいずみ せい)さんですが、当初は、俳優には憧れを持っていただけで、高校卒業後は、ホテルに就職し、ベルボーイとして働いていたといいます。

安藤サクラは中学時代ヤンキーに憧れボクシングジムに通っていた!

お父さんの奥田瑛二さん、お母さんの安藤和津さん、お姉さんの安藤桃子さん、それぞれに強い影響を受けてきたという、安藤サクラ(あんどう さくら)さんですが、中学3年になると、逆に家族と関わりのないものに憧れ、ボクシングジムに通い、ボクシングに打・・・

安藤サクラは5歳で女優に憧れるもその想いを封印していた!

自身のことを姉の”作品”というほど、幼少期は、姉・桃子さんの命じられるがままに行動していたという、安藤サクラ(あんどう さくら)さんですが、一方、両親からはとても自由な発想の教育を受けていたそうです。

安藤和津は少女時代イジメられるも母親の言葉で立ち直っていた!

お母さんが元内閣総理大臣・犬養毅氏の三男の犬養健氏の妾(未婚の母親)ということで、幼い頃から出生や家庭環境のことでイジメられていたという、安藤和津(あんどう かず)さんですが、お母さんにはそれ以上に大事にされたといいます。

安藤和津の生い立ちは?幼少期はお姫様の様に育てられていた!

元内閣総理大臣の犬養毅氏を祖父に持つという、安藤和津(あんどう かず)さんですが、実は、犬養氏の三男の犬養健氏とその妾の間に生まれており、現在では考えられない境遇で生まれ育ったといいます。

毒蝮三太夫のデビューは中1の時の舞台「鐘の鳴る丘」!

城南大空襲(広義での東京大空襲)で、悲惨な経験をしていたことから、玉音放送を聞いて終戦と知り、内心、飛び上がるほど大喜びしたという、毒蝮三太夫(どくまむし さんだゆう)さんは、その後、ひょんなことから、演劇の楽しさに目覚めたといいます。

毒蝮三太夫は少年時代「終戦」に内心大喜びしていた!

城南大空襲(広義での東京大空襲)に遭い、死体だらけの焼け野原の中、命からがら生き延びたという、毒蝮三太夫(どくまむし さんだゆう)さんは、その後、玉音放送により終戦を知ると、嬉しくて嬉しくてたまらなかったといいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ