「生い立ち」タグの記事一覧(10 / 40Page)

永六輔の幼少期は実家の寺が貧しく栄養失調になっていた!

栄養失調で身体が弱く、ほとんど学校へ行くことができずに、病院の中で過ごすことが多かったという、永六輔(えい ろくすけ)さんですが、栄養失調になったのは、実家のお寺が貧しかったからだといいます。

永六輔の生い立ちは?病弱で小学校に通うことが出来なかった!

1952年、早稲田大学在学中の19歳の時、三木鶏郎さんの事務所「トリロー文芸部」に在籍し、放送作家としての活動をスタートさせると、以降、60年以上も、放送作家、作詞家として活動した、永六輔(えい ろくすけ)さん。今回は、そんな永さんの生い立・・・

中村メイコは終戦後は進駐軍を慰問し英語の歌を歌っていた!

敗戦の色が濃くなった1945年には、疎開先の奈良県から特攻隊の基地まで慰問団として派遣され、明日死にに行く若い特攻兵を見て、子供心にも悲しい思いをしたという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんですが、終戦後は、今度は進駐軍の慰問に行ったとい・・・

中村メイコは子役時代に特攻隊の慰問で隊員たちを感涙させていた!

特攻隊の慰問では、他の慰問団の女性たちが皆もんぺ姿だった中、一人だけワンピース姿につけまつ毛という、女の子らしい格好で行ったという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、歌も軍歌ではなく、オリジナル曲を歌って、特攻兵たちに喜ばれたそうで、そ・・・

中村メイコは子役時代に特攻隊の慰問を要請されていた!

興行で九州へ向かう際、乗っていた列車が爆撃されるも、お母さんに抱えられて飛び降り、九死に一生を得たという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、やがて、東京の街も戦争一色となり、両親とともに奈良県に疎開すると、疎開先の奈良から、大阪、京都、・・・

中村メイコは子役時代に列車が爆撃を受けるも九死に一生を得ていた!

滅多に行かない小学校では、人だかりになって危険と、孔雀(くじゃく)の檻(おり)に入れられるも、芸能界では可愛がられ、家庭でも、個性的な両親のもと何不自由なく伸び伸びと育っていたという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんですが、やがて、戦時色・・・

中村メイコは小学校で孔雀の檻に入れられ鍵をかけられていた!

“天才子役”や”七色の声”と称されるなど、幼い頃から芸能界で活動していた、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、一律な学校教育が大嫌いだった、ナンセンス作家であるお父さんの中村正常さんの教育方・・・

中村メイコは2歳で映画デビューしていた!

押さえるところは押さえながらも、自由にのびのびと育てられたという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんは、2歳の時には、売れっ子作家だったお父さんの中村正常さんと一緒に写った一枚の写真が雑誌に載ったことがきっかけで、映画デビューすることになっ・・・

中村メイコが幼い頃は母親から家事一切の手伝いをさせられていた!

幼い頃、ぐずると、お父さんの中村正常さんからは、「君ぐらいの器量の子は、いつもニコニコしているくらいでちょうどいいですぞ」と言われて育てられたことから、いつもニコニコするようにし、おもしろいことを言ってみたり、人の言うことを素直に聞くよう心・・・

中村メイコの幼い頃の育てられ方が凄い!

一律した学校教育を嫌ったナンセンス作家のお父さん・中村正常さんの意向で、小学校へはほとんど行かなかったという、中村メイコ(なかむら めいこ)さんですが、そんなお父さんの子育ては、独特で、また、ユーモアに溢(あふ)れていたといいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ