桃井かおり!夫は音楽プロデューサー!前略おふくろ様で萩原健一と!

Sponsored Link

独特なハスキーボイスと強烈な個性で、多くの女性たちから支持されている、女優の桃井かおり(ももい かおり)さん。2009年頃からロサンゼルスに拠点を移し、映画監督としても活動されています。




プロフィール!


桃井さんは、1951年4月8日生まれ、
東京都世田谷区のご出身です。

身長162センチ、

血液型はO型、

出身大学は、
女子美術大学付属高校デザイン科卒業、

趣味は、
料理、パソコン、ピアノ、
海外旅行、バレエ、

特技は、デザイン、

お父さんは、国際政治学者の桃井真さん、
お母さんは、芸術家、
一番上のお兄さんは、脚本家の桃井章、
2番目のお兄さんは、科学者、
3番目のお兄さんは、銀行員、

だそうです♪


バレリーナを目指す


桃井さんは、3歳から、
クラシックバレエを始め、

小学2年生の時に、
「チャイコフスキー記念東京バレエ団」に入団。

その後、中学1年生の時、ロンドンにある、
「ロイヤルバレエアカデミー」に留学されるのですが、

桃井さんは、その時、

この場所では、私はアヒル。
白鳥にはなれない…

と思ったそうで、

外国人の少女たちとの体型の違いを痛感し、
挫折してしまいます。

そして、桃井さんは、帰国後、
「東京バレエ団」に所属されるのですが、

高校卒業と同時に、ついに、
バレエを辞めてしまわれたのでした。

女優を目指す


そんな折、桃井さんは、
たまたま見たお芝居で、

アヒルでも何とかなりそう・・・

と思い、厳格なご両親に、
内緒で演劇を目指されます。

こうして、桃井さんは、
「文学座付属演劇研究所(養成所)」

第11期生となられると、

1971年、「愛ふたたび」で、
浅丘ルリ子さん演じる、みやの妹役、
百代役で映画デビュー。

そして、同年、映画「あらかじめ失われた恋人たちよ」では、
いきなり、ヌードシーンを演じられたのでした。


「あらかじめ失われた恋人たちよ」より。
(左から)加納典明さん、桃井さん、石橋蓮司さん。


お父さんから勘当


しかし、桃井さんの大胆なシーンが、
雑誌に掲載されたことで、
ご両親の知るところとなり、

ショックを受けたお父さんから、
勘当を言い渡されてしまいます。

もともと、桃井さんは、この映画で、
大胆なシーンを演じたことで、
精神的に疲れてしまっていたことから、

そのまま家を出ると、
逃げるように、羽田から広島県江田島まで行き、
地元の飲食店で、住み込みとして働くことに。

それから4ヶ月後、
桃井さんは、お父さんからの、

「かおり許す、父」

という、新聞に掲載された伝言を見て、
家に帰ることができたのでした。

ただ、もう、元の生活に戻ることはできず、
再び女優としての活動を開始されることに。

女優に復帰~ブレイク


その後の桃井さんは、
翌年の1972年に「文学座」を退団。

1973年に、
映画「赤い鳥逃げた?」で女優復帰を遂げると、


「赤い鳥逃げた?」より。(左から)桃井さん、
大門正明さん、原田芳雄さん。


1974年には、
映画「青春の蹉跌」

1975年には、
テレビドラマ「傷だらけの天使」で、
萩原健一さんと共演し、話題に。

そして、同年のテレビドラマ「前略おふくろ様」で、
岡野海役を演じ、たちまちブレイクされたのでした。


「前略おふくろ様」より。萩原健一さんと桃井さん。

このドラマは、東京の下町を舞台に、
萩原さん演じる、照れ屋の板前、青年片島三郎と、
周囲の人々のふれあいを描いた作品なのですが、

桃井さんは、自由奔放な少女を演じ、
一躍、人気者になられたのでした。


アカデミー賞受賞~ハリウッド進出


さらに、1977年の映画、
「幸福の黄色いハンカチ」では、

ひょんなことから、欽也(武田鉄矢さん)と、
勇作(高倉健さん)とともに旅をすることになった、
小川朱美役を演じられるのですが、


「幸福の黄色いハンカチ」より。(左から)高倉健さん。
桃井さん、武田鉄矢さん。


これまで、過激な役が多かった桃井さんの、
新たな境地を開いた演技が高く評価され、

「第1回日本アカデミー賞助演女優賞」
「ブルーリボン賞」

などの賞を受賞。

その後も、桃井さんは、
順調に、女優としてのキャリアを重ねられ、

2004年には、ハリウッド映画のオーディションを次々に受け、
翌年の2005年、「SAYURI」で、
ハリウッド映画デビュー。


「SAYURI」より。

また、近年は、女優業のほかにも、
ジュエリーデザイン、雑誌創刊など、
様々な分野に活動の場を広げられています。


夫は?


そんな桃井さんは、2015年、
長い間、事実婚状態だった、
音楽プロデューサーの男性と結婚されています。

なんと、お相手の方は、桃井さんが、
ロンドンにバレエ留学されていた時の同級生だそうで、

今から約10年ほど前、桃井さんが55歳くらいの時、
久しぶりに再会し、意気投合されたのですが、

お相手には、その時、妻子があり、
すぐには結婚できない状態だったそうです。

そして、その後、しばらく、事実婚の状態が続き、
お相手のお子さんが大きくなられたところで、
元奥さんと離婚が成立、桃井さんと結婚に至ったのでした。

桃井さんは、

血がつながっている感じ、
死ぬまで一緒でいいなと思う。

70歳を超えても夫婦でいたい。

と、おっしゃっており、
旦那さんにベタ惚れのご様子でした♪

数々の恋愛を経て


ちなみに、桃井さんはこれまで、
故・松田優作さん、故・つかこうへいさん、
伊集院静さん、萩原健一さん、森田芳光さんほか、

数々の男性と交際がうわさされるなど、
恋多き女の代表格となっており、

どなたとも結婚に至ることはなく、

(1人だけと)一生添い遂げられると思えない。

と、語っておられたのですが、

近年では、飲み仲間である、
女優の菊地凛子さんに、

自分は仕事でも恋でも自由に生きてきたけど、
入籍したこともないし、
赤ちゃんも生まなかったことは、どうだったのかな・・・

と大粒の涙をこぼしたことがあったそうなので、

今の旦那さんと出会い、結婚に至ったことは、
とてもタイムリーだったようですね。

さていかがでしたでしょうか?

結果的に、色んな人と自由に恋愛し、
最後には、添い遂げたい運命の人と結ばれた桃井さん。

これからも、まだまだ輝き続け、
多くの女性達の憧れでいてくれそうですね。

応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ