十朱幸代の現在は?結婚は?西城秀樹との破局原因は?半身不随死去?

Sponsored Link

1980年代には数々の女優賞を受賞され、名実ともにトップ女優の地位を確立された、十朱幸代(とあけ ゆきよ)さんですが、一方、プライベートは波乱に満ちたものだったようです。

「十朱幸代の若い頃は?年齢は?身長は?兄弟は?出演ドラマ映画は?」からの続き

結婚は?

十朱さんは、1959年、映画「惜春鳥」での共演がきっかけで、
俳優の小坂一也さんと交際をスタートすると、

小坂さんが、「惜春鳥」の木下恵介監督に、

将来、幸代ちゃんと結婚したいと思っています

と、報告されたことから、
木下監督が十朱さんのお父さんで俳優の十朱久雄さんに、

罪のない若い2人のため、
よくよく善処されますようお願い申し上げます

と、手紙を書いてくれたそうで、
お二人は家族ぐるみの交際に発展。


十朱さん(18)と小坂一也さん(25)♪
(後の男性は十朱さんの父・十朱久雄さん)

ただ、その後は、十朱さんの仕事がどんどん忙しくなっていき、
なかなか二人の時間がゆっくり取れないまま15年。

ようやく、1974年、
結婚式は挙げられたのですが・・・

なんと、お二人は、入籍もしないまま、
1年足らずで結婚生活を解消。

十朱さんは、1975年1月、
突如、都内ホテルで記者会見を開かれると、

1974年12月6日に一方的に小坂さんから、
別れたいと離婚を切り出されたことを明かし、

朝まで話し合ったけれどダメでした

と発表されたのでした。

小坂一也との離婚原因は?

そして、その気になる理由ですが、実はかねてより、
小坂さんには、女優の松坂慶子さんとの浮気が疑われていて、

この記者会見中にも、十朱さんは、何度も記者から、
松坂さんが離婚の原因かと問いただされ、

そのたびに、

何も申し上げられません

と沈黙を保っておられたのですが、

十朱さんの後見役として会見に同席していた、
芸能評論家の藤原いさむさんが、ついに見かねて、

私見だが、彼女(松坂さん)が原因だと思う

と、それを認める発言をされています。

ちなみに、小坂さんは、1974年秋、
テレビドラマの共演で松坂さんと知り合われると、
松坂さんへの気持ちが抑えられなくなり、

十朱さんにすべてを打ち明け、離婚を求められたそうで、
十朱さんとの離婚後は、松坂さんと結婚を前提に交際。

しかし、2年もしないうちに別れてしまい、
その後、別の女性と結婚されています。

西城秀樹と交際

そんな十朱さんは、小坂との離婚後は、
高倉健さん、竹脇無我さんらと交際され、

1989年(十朱さん46歳)には、12歳年下である、
西城秀樹さんとの熱愛が写真週刊誌にスクープ。

これは、十朱さんが、神戸のオリエンタル劇場で行われた、
西城さんの舞台「坂本竜馬」を何度も観に訪れたり、
神戸の新オリエンタルホテルで、朝、お二人で、
珈琲を飲んでいたところをスクープされたものなのですが、

お二人は、1989年、NHKドラマ「夜の長い叫び」で共演された折、
NHKドラマ初出演で緊張していた西城さんを、何かと十朱さんが、
世話されたことから仲良くなり、交際に発展したようで、


「夜の長い叫び」より。十朱さんと西城秀樹さん。

(当初は、十朱さんが西城さんに熱心だったそうですが、
 次第に西城さんの方が十朱さんに夢中になっていったようです)

交際が発覚した当初は、

12歳もの年の差が大きなハンディ

と、言われるも、

翌年の1990年3月には、
アメリカロサンゼルスに10日間極秘旅行されるほか、
共通の趣味であるゴルフで一緒に回る姿が目撃されるなど、
人目もはばからずデートを重ねられ、

十朱さんは、

悩みがあっても彼には素直に打ち明けられる。
フィーリングが合うんですよ。話していても楽しい。

西城さんも、

「真面目に付き合っています」

と、それぞれ交際を認める発言。

お二人の親密ぶりには、
結婚間近とうわさされたのでした。

西城秀樹との破局原因は?

しかし、1991年5月、
西城さんが、自身のデビュー20周年記念パーティで、

一番大切な時期です。当面、結婚はありません。

恋人はたくさんいた方がいい。
恋愛しないわけじゃないけど、エンジンが始動したばかりですから。

皆さんの騒ぐほどの関係ではありませんでした。

と、突然、十朱さんとの破局を宣言。

気になる破局の原因ですが、

十朱さんの家系が江戸時代の幕臣だったため、
それ相応の家柄でなければ結婚を許さない、
という十朱さんの親族の反対のほか、

(※幕臣とは徳川幕府の臣下のうち、1万石未満の禄(給与)を与えられた、
 旗本および御家人と呼ばれる身分の者をいうそうです)

西城さんのおばあさんが、

孫を産めぬ嫁はいらん

と、言われたなど、

双方の親族による反対があったと言われていますが、
真相は分かりませんでした。

半身不随死去?

ところで、十朱さんを、
「半身不随」「死去」で多くの人が検索されているようです。

というのも、十朱さんは、
20代の頃から舞台出演で捻挫を繰り返しており、

そのせいで、いつの間にか骨が変形し、さらには、
お芝居のハードな動きで症状が悪化していたことから、
長年痛みを我慢していたそうで、

寝ていても、ズキン、ズキンと痛む状態となり、
ついに、2010年4月、自身の腰の骨を一部切り取り、
それを足首に接ぐという骨移植をされているのです。

そして、結果、11時間に及ぶ手術は無事成功したのですが、
その後、半年間は車椅子の生活を余儀なくされたため、
芸能活動からも遠ざかり、このような噂が流れてしまったようです。

ただ、その後、休養を経て、
水中ウォーキングなどのリハビリに励まれると無事完治。

2011年8月には、舞台「姑は推理作家」
山吹蘭子役で見事、現場復帰も果たされており、

二度とお客さまの前に立てないかもしれない

と、一時は不安になったことを明かしつつ、

私から女優を取ったら何も残らないですからね。
お芝居は、同じ役を何度やっても、その時、その時で新しい発見があります。

今は舞台に立てることのありがたさを身に染みて感じてますね。

と、再び大好きな舞台に復帰できた喜びを語っておられます。

現在は?徳井?

さて、いかがでしたでしょうか。

2018年には、バラエティ番組「今夜くらべてみました」に出演され、
「チュートリアル」徳井義実さんへ熱烈なラブコールを送られた十朱さんですが、

70歳をとっくに回っているとはいえ、まだまだ美しい十朱さんなら、
あながち現実味がないとも言い切れない気にさせられます。

とにかく、これからも、
まだまだお元気な姿を見せ続けてほしいですね。
応援しています!!


「今夜くらべてみました」より。徳井義実さんと十朱さん。
後列は、(左から)田畑智子さん、由美かおるさん、田中みな実さん。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ