穂積由香里の死因は?病気は?父親は積木くずしの!ヌード写真集?

Sponsored Link

1982年、父親の穂積隆信さんが、非行に走った娘と家族の葛藤を描いた著書「積木くずし-親と子の二百日戦争」を出版され、300万部を売り上げる大ベストセラーを記録したことから、一躍、時代の寵児となった、穂積由香里(ほづみ ゆかり)さん。そんな由香里さんについて調べてみました。

年齢は?出身中学は?身長は?本名は?

穂積さんは、1967年12月16日生まれ、
東京都のご出身、

学歴は、
永田町小学校(現・麹町小学校)
⇒麹町中学校卒業

ちなみに、本名は、
鈴木由香里(すずき ゆかり)です。

若い頃は?

由香里さんは、幼い頃から腎臓が弱く、入退院を繰り返していたのですが、
そのため、薬の副作用で髪の毛が染めたように赤くなってしまっており、

さらには、父親が俳優の穂積隆信さんということで、
中学に入ると、不良に目をつけられ、生意気だとイジメられます。

そして、そのことがきっかけとなり、13歳で暴走族グループに加わり、
万引き、シンナーを吸うなどの非行を繰り返すようになるのですが、

その後、更生しようとしていた矢先の1982年、
父親の隆信さんが、そんな由香里さんとのやりとりをネタにした、
ノンフィクション「積木くずし-親と子の二百日戦争」を出版すると、

当時、社会問題となっていた非行を、著名な俳優の家庭環境として、
描いたことが大きな反響を呼んで、300万部を超える大ベストセラーに。


積木くずし―親と子の二百日戦争 (1982年)

また、その後は、テレビドラマ化、映画化、舞台化されるのですが、
特に、1983年から放送されたテレビドラマ、
「積木くずし-親と子の二百日戦争」が高視聴率を記録したことから、
由香里さんは、たちまち、注目の的となったのでした。


テレビドラマ「積木くずし〜親と子の200日戦争〜」より。
(左から)高部知子さん、前田吟さん、小川眞由美さん。

トルエンで少年鑑別所~覚せい剤取締法違反で少年院へ

ただ、この大ヒットと、由香里さんへの注目は、
由香里さんには、「さらしものにされた」と感じ、

人生を終わらされた

と、自暴自棄になっていったそうで、

1983年、15歳の時には、歌舞伎町を一人でうろついているところを、
私服警官に補導されると、由香里さんの持ち物からトルエン(シンナー)が発見。

由香里さんが、

トルエンを買ってボーイフレンドの家に行くつもりだった。

と、トルエンを遊びで使うことを認められたことから、
「毒物及び劇物取締法違反」で逮捕されると、

取り調べでは、

トルエンを吸うことは悪いことだとわかっていますが、
両親が講演などで留守がちだったから、自分は好きなことをした。

と語られたそうで、その後、
3ヶ月間、「少年鑑別所」に入れられると、

1985年には、「覚せい剤取締法違反」で再び逮捕され、
「初等少年院」に4ヶ月間収監されてしまったのでした。

ちなみに、これらの出来事が一斉にマスコミに報道されると、

「積木くずし」のヒットで教育関連の講演に引っ張りだことなっていた、
お父さんの隆信さんは、激しいバッシングの対象になり、

仙道敦子さん主役で制作予定だった、テレビドラマ「積木くずし」の続編も、
制作が中止されています。

「穂積由里」名義で女優デビュー~ヌード写真集も

それでも、由香里さんは再び更生し、1986年には、
「穂積由里」名義でテレビドラマ「妻たちの課外授業」で女優デビュー。

1987年には、ヌード写真集も出されるのですが、

1990年7月と8月には、
再び、「覚せい剤取締法違反」で逮捕。

その後は、1991年に「娘の積木くずし」を出版。


娘の積木くずし

1992年には、東村山市に、
ナイトクラブ「積木の家」を開店されたようですが、

その後はどうされていたのか定かではありません。

(一時はアメリカに留学されていたこともあったそうで、
 そこで知り合われた男性と結婚されるも、間もなく離婚されていたようです。)

死因は?実母から生体腎移植を受けていた!

そして、最終的には、父・隆信さんとその再婚相手とともに同居し、
知人のスナックの手伝いを経て、「介護ヘルパー」として働き始めた矢先の、

2003年8月18日、隆信夫妻と同居する都内マンションの自室で、
「多臓器不全」のため、他界されたのでした。

(幼い頃から腎臓が悪かった由香里さんは、2000年には「腎不全」で入院され、
 同年秋には、実母(2001年死去)からの提供で、「生体腎移植」を、
 受けられていました。)

さて、いかがでしたでしょうか。

もともとは、ご両親ともとても仲が良かったにもかかわらず、
病気や親の仕事のせいで、いじめられ、そこから逃れる為に、
非行に走ってしまった由香里さんですが、

最大の不幸は、誰にでもある思春期の葛藤や家庭内の問題を、
親によって世間にさらされ、時代の寵児に祭り上げられてしまったことでしょう。

今となっては、由香里さんが「積木くずし」の大ヒットを、
どう感じていたのかは分かりませんが、

素直でおとなしい性格ながら、とても明るくて我慢強く、
病気の苦しみをほとんど人に話されなかったことや、

晩年、父・隆信さんの元に戻られていること、
介護ヘルパーとして働かれていたことから、
本当は包み込むような優しさのある人だったのでしょうね。

由香里さんのご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ