北山宏光!デビュー前は?ジャニーズJr.時代!Kis-My-Ft2!

Sponsored Link

ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「Kis-My-Ft2」のメンバーである、北山宏光(きたやま ひろみつ)さん。その幼さの残る、親しみやすい笑顔が魅力的な北山さんですが、実は努力の人でもありました。




デビュー前は?


北山さんは、小学校1年生から、
サッカーを始めておられ、
ずっとサッカー漬けの、
少年時代を送られていたようです。

なので、幼い頃の夢は、
プロのサッカー選手になることだったそう!

高校は、芸能人御用達の、
堀越学園高等学校に進学されたそうですが、

芸能人を目指されていたわけではなく、
サッカーがしたかったのだとか。

実は、堀越学園のサッカー部は、
インターハイに何度も出るくらい強く、
北山さんは、サッカーで推薦入学をされたのでした。

そんな北山さんは、
入学式で山下智久さんを見かけられ、
山下さんが金髪だったことに驚かれたそうです。

そして、山下さんが、
中学の頃から働かれていることを知り、
さらに、驚いたそうです(^^)


ジャニーズに入所


そのことを、
友達の家に行った時に話すと、
その友達の妹さんに、ジャニーズ入りを勧められ、

しかも、その妹さんが、
ジャニーズ事務所に履歴書を送ってくれたのだとか!

しばらくして、オーディションの通知が来たのですが、
サッカーの練習があるから、
無理だろうと思っていたそうです。

しかし、たまたま、
その日は、サッカーの練習が休みだった為、
そのことに、何か運命めいたものを感じられたようです。

北山さんは、なんとか、
サッカーと芸能活動を両立したいと思い、
サッカーの監督に相談すると、

「目標がふたつあるヤツはいらない」

と言われてしまったのだとか・・・

とりあえず、
オーディションだけは行くことに。

そして、オーディションの最後の日に、
レッスン日を言い渡されます。

北山さんは、
サッカーか、ジャニーズか決められないまま、
サッカーの練習と、ダンスレッスンに通われたそうです。

サッカーの朝練 ⇒ 授業 ⇒ サッカーの放課後の練習 ⇒ ダンスレッスン

という流れで、
夜中までレッスンをされていたそうです。

そんなあるとき、北山さんは、
長瀬智也さんが主演を務められた、
ドラマ「ハンドク!!!」の最終回を偶然見られ、
それに感銘を受け、
芸能活動に専念することを決意されます。



やっと、芸能活動一本に絞られた北山さんですが、
今度は、ご両親が大反対。

ご両親は二人とも教師で、
息子である北山さんには、大学を出て、
公務員になってほしかったからです。

しかし、大反対を受けて、
かえって、その決意は揺るぎないものになり、
サッカーもきっぱり辞められたんだとか。

未練が残るのも嫌で、
それまで使われていたスパイクもボールも、
すべて捨てられたそうです!

すごい決意ですね~

今まで夢中だったものを、すべて捨ててでも、
挑戦したいと思うほど、

北山さんにとって、
芸能界は魅力的に映ったのでしょう。

友達の妹さんが、履歴書を送られた時から、
北山さんの運命は、
その方向に流れていたのかもしれませんね。

ジャニーズJr.時代!


しかし、北山さんは、
ジャニーズに入られてからも、
なかなか苦労の連続だったようです。



自分よりずっと年下の子に、
呼び捨てにされる、上下関係のない環境は、

それまで体育会系の中で育った北山さんには、
理解しがたいものだったそうです。

ダンスも下手で、
バック転もできなかった北山さん。

そこで、まず北山さんがしたことは、
プライドを捨てることだったそう。

サッカー部を辞めたことで、
サッカー仲間からは、
「途中で夢を投げ出したヤツ」
と思われていることも、くやしくて、

とにかく、

自分が違う生き方を選んだことは、
間違っていない。

ということを証明したくて、
がむしゃらに、
ダンスのレッスンをされたのだそうです。

北山さんは、努力で、
自分の道を切り開いてこられたんですね。

Kis-My-Ft2!


そして、2004年4月、
北山さんは、現在の「Kis-My-Ft2」の前身である、
「Kis-My-Ft」が結成された時に、メンバーに選ばれます。

まさに、
北山さんの努力の賜物ですね。

熱心なファンの方の話によると、
デビュー前は、ホストのような格好をされていたようで、
後輩に恐れられていたのだとか(^^;)

ヴィジュアル的にも怖く、
雰囲気もどこか尖っていたような印象を受けられたそうです。

「Kis-My-Ft2」のメンバー全員が、
ホストのような格好をしていたので、
それに合わされていたのかもしれませんが、

やはり、バカにされたくない、
という気持ちが強かったのかもしれません。

しかし、「Kis-My-Ft2」でデビューした後は、
笑顔が増え、親しみやすい雰囲気になったとのことで、
現在の北山さんのイメージそのものですね。



人気が出て、仕事も納得のいくものになり、
自信をつけられたことから、
余裕が生まれたのでしょう。

北山さんは、もともとは、
そのようなお人柄なのかもしれません。

今では、サッカーの仲間たちも、ご両親も、
誰も、北山さんの選んだ人生に、
異を唱える人はおられないでしょう。

「人は平等ではない」と力説する北山さん。

人の生まれ持ったタレント性や才能って、平等じゃない。
だけど、夢を持って走り続けたいから、
チャンスは誰にでも平等に訪れるって思うんです。

ご自身の経験から語られた、
重みのある言葉には、じ~んときますね。

その親しみやすい笑顔の裏で、
相当な努力を重ねて来られた北山さんを、
これからも応援したいです!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ