左とん平!劇団冗談工房!ヘイ・ユウ・ブルース!ぎんざナイトナイト!

Sponsored Link

名脇役として活躍中の俳優、左とん平(ひだり とんぺい)さん。テレビドラマでは、「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー一族」「西遊記」「監察医・室生亜季子」、映画では、「居酒屋兆治」「楢山節考」「吉原炎上」など、多数出演されています。




劇団冗談工房!


左さんは、少年時代、
古川ロッパさんやエノケン(榎本健一)さんのような、
コメディ俳優に憧れていたそうです。

彼らは、左さんだけではなく、
その当時の少年たちの憧れの存在だったようです。

そして、1957年、
高校の同級生の辻しげるさんらに、
「芝居をやらないか」と誘われて、劇団を結成。

その後、三木鶏郎さんの、
「劇団冗談工房」に入団されることに。



この三木さんという方は、
日本で初めてコマーシャルソングを作られた、
作詞、作曲家なんだそうです。

そして、数々のラジオ番組を、
作られた方でもありました。

その中の一つ、「トリローサンドイッチ」というラジオ番組に、
左さんは、冗談工房の一員として出演されます。

とは言っても、5分ほどの短いコーナーに、
「はい」とか「いいえ」と答えるだけの、
いわば、声のエキストラのような出演だったそう。

この仕事で、月に2000円位もらえたそうですが、
当時のサラリーマンの平均給与が3万円位だったので、

一言、二言話すだけの、短い時間で、
月2000円ももらえたら、
かなり楽なバイトと言えますね!

20代の頃は、新宿コマ劇場の公演に、
定期的に呼ばれるようになったそうで、
舞台に立ち続けることができたそうです。

僕の場合、才能とかどうとかいう前に、運が8割。

スタッフも役者も、ひとつの公演が終われば、
散り散りバラバラになっていくのが普通だけど、
たまたま知り合った人が次に呼んでくれて、
また次にも呼ばれて・・・
それが今になってもずっと続いているようなものだからね。

と、左さんは当時のことを、
インタビューで明かされていました。

役者にとって、運がいいことはとても重要だと、
左さんはおっしゃっていますが、
左さんの場合は、先輩にも恵まれたそうです。

当時、若気の至りで、
生意気で気の強かった左さんですが、
先輩たちもまた、裏表のない、
いわば、単純な人が多かったのだとか(^^)

それが左さんには良かったようで、
お芝居の中で、台本に書いてあったとはいえ、
先輩をおもいっきり蹴っ飛ばしたりしたこともあったそうです!

そういう無鉄砲な自分を、
許してくれる先輩たちに恵まれて、
自分は本当に運が良かったと、感じておられるそうです。

ヘイ・ユウ・ブルース


1973年、「ヘイ・ユー! ホワッチャー・ネーム?」
というギャグが持ちネタだった左さん。

このギャグが流行語となり、
「とん平のヘイ・ユウ・ブルース」として、
レコード化されるまでになったそうです。



ある日、ほとんど面識がなかったミッキー・カーチスさんに、

「レコードを出さないか」

と持ちかけられたのだとか。

この楽曲は、
1990年には、スチャダラパーが、
1995年には、大槻ケンヂさんが、
2004年には、お笑いコンビ、カンニングによってカバーされ、

若い世代にも浸透し、
リバイバルヒットしています。

大槻ケンヂさんのカバーでは、
左さんも制作に参加されたそうです♪

世代を越えて、
どれほどのヒットだったか、伺えますね!

ぎんざナイトナイト!


そして、深夜番組「ぎんざナイトナイト」では、
銀座を歩いている女の子をスタジオに連れて来て、
ディスコのDJに扮した左さんが、

ヘイ・ユウ! ホワッチャ・ネーム?

と話しかけるだけの、
コーナーがあったそうです。

さすがに、左さんも、

役者のオレがなんでこんなことしなきゃならないんだ。

と馬鹿馬鹿しく思い、

悪いけど、降ろしてください。

とディレクターにお願いしたところ、

あなたは物事を真剣に考えるからよくない。
こんなことは酒でも飲んで、勢いでやるくらいがちょうどいいんだ。

と思わぬ答えが返ってきたのだとか!

それで、言われるままに、
実行された左さんは、

本番前、ウイスキーの水割りを1杯。
ところが不思議なことに、酔わないのよ。
2杯目、3杯目と飲んでも、ぜんぜん酔わない。

オレって本当は酒の強い人間だったのかなぁ、
と思っているうちに本番が始まってね。
暗闇からライトを浴びた瞬間、
強烈な酔いがドッとやってきた。

と泥酔状態で、
なんとか本番を終えられたとか。

本当なら、仕事としては大失敗のはずが、
その回がおもしろいと評判に!

その結果、このコーナーは、
長続きすることとなったのでした。

左さんは、

人生、何がどう転ぶかわからないよね。

としみじみ振り返っておられました(^^)

しかし、「ヘイ・ユウ」という言葉が1人歩きし始め、
どこもかしこも「ヘイ・ユウ」となった現象に、
左さんは戸惑われたそうです。

左さんが計算してやったことではなく
ほんとに偶然のヒットだった為、
どうしていいのか分からなかったのでしょう。

他の番組にも、呼ばれるたびに、
「ヘイ・ユウ」をやってくれと言われることに、
さすがにうんざりされたそうです。

当時36歳だった左さんは、

役者として結果を残せる仕事をしたい、
偶然の人気にいつまでもしがみついていてはダメだ。

と思われたそうで、
「ヘイ・ユウ」を頼まれても、断ることに。

それが正しい選択だったと、
今でも思っておられるそうです。

しかし、70歳を過ぎた左さんは、
また「ヘイ・ユウ」を解禁され、

2013年「る・フェア~年末だよ!みんな集合~」公演で、
「ヘイ・ユウ・ブルース」を披露されたというのです。

その経緯について左さんは、

脚本・演出の毛利亘宏さんは、
「ヘイ・ユウ」のレコードが発売されたあとに生まれた世代だから、
リアルタイムでは聞いていないはずなんだけど、
そんな人から「ぜひやってほしい」と頼まれたら、断れないよ。

しばらく歌ってないから、できるのかなとも思うけど、
76歳の僕なりの「ヘイ・ユウ」をやってみたいね。

と、新たな気持で臨まれたことを、
語っておられました。

40年の歳月を経ての「ヘイ・ユウ」復活ということで、
また何か感じるものがおありだったのでしょうね。

どこまでも愛されキャラな左さん。
とてもラッキーな連続だったようにお見受けしますが、

それも、左さんのお人柄ゆえ、
なのではないかと、思いました。

仕事を頼みたい、仕事を一緒にしたいと思わせる何かを、
左さんはお持ちなのかもしれませんね。

若いころに戻りたいとは思わない。
今が一番楽しい。

と語っておられた左さん。

これからも末永いご活躍を期待したいですね♪
応援しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ