加藤シゲアキ!小説家!ピンクとグレー!傘をもたない蟻たちは?

Sponsored Link

「NEWS」のメンバーで、俳優の、加藤シゲアキ(かとう しげあき)さん。ジャニーズ初の、小説を書くアイドルとしても話題となりましたが、その作品は高く評価されています。




小説家!


加藤さんは、子どもの頃から、
小説を書くことが好きだったそうです。

芸能界に入られてからも、
エッセーや、作詞などを手がけられ、

文章力や構成力には、
関係者の間でも定評があったことから、

25歳までに小説を書きたい。

という夢が芽生えられたそうです。

そんな中、「NEWS」の活動が不安定なものとなり、
時間だけが有り余り、不安で仕方なかった時に、

加藤さんは、自分にしかできないことを、
突き詰めて考えられ、その結果、

本を書ける人間がいるというのは、
グループのキャラクターになるし、自分の個性にもなる。

との思いから、小説を執筆するに至ったようです。

そんな加藤さんの作品を中心に、
調べてみました!

ピンクとグレー!


加藤さんは、2012年、
「ピンクとグレー」で、小説家デビューされています。

親友で、幼なじみだった二人の少年が、
それぞれ芸能界デビューを果たし、
成功と挫折という正反対の道を歩むこととなり、

そんな葛藤の中、それぞれの道を、
歩いていく姿を描いた物語ということで、

この小説は、処女作でいきなり、
12万部の売上を記録し、ベストセラーとなっています。



そして、2016年には、
映画も公開されることが決まっています。

角川書店の担当者の方は、

芸能界で活動する人々の、心情や情景描写がリアルに描かれ、
一気に読ませるだけの力がある。

と、高く評価されていました。

加藤さんは、この小説を書いた経緯を、

「NEWS」のリリースもグループ活動もままならない、
混沌(こんとん)とした時期でした。

僕は役者の仕事もあるけど、何よりも書きたかった。
自分の個性になったらいいし、
メンバーのためになるかとも思いました。

と語っておられました。

山下智久錦戸亮さんが脱退を発表するなど、
小説の登場人物のように、
別々の道を歩み始めることとなった「NEWS」

フィクション。モデルはいない。

とおっしゃっている加藤さんですが、

自分が投影されている部分はあるとは思う。
書いていて救われました。

と、明かされていることから、

現実の登場人物に重なっている部分は、
やはりあるようですね。

渋谷サーガ


そして、2013年には、
第2作目の「閃光スクランブル」を発表されました。



こちらも芸能界を舞台に描いた作品ですが、
「ピンクとグレー」とは異なり、

お互い心に傷を抱えた写真家と、女性アイドル歌手が出会い、
本来の居場所を求めて、踏み出した二人の、
愛と再生を描いた物語ということです。

そして、2014年には、
第3作目「Burn. -バーン-」を発表。



人間らしい心を失ってしまった天才子役のレイジは、
魔法使いたちとの出会いによって、
徐々に人間らしい心を取り戻していきますが、
やがてやってくる彼らとの別れ、

という、家族や愛、
希望をテーマに描いた物語です。

これら3作は、
東京の渋谷と芸能界を舞台にした内容から、
「渋谷サーガ」3部作と呼ばれています。

加藤さんが学生時代を過ごされた渋谷と、
現在身を置かれている芸能界は、

共に、加藤さんの思いが込められた場所、
ということでしょう。


傘をもたない蟻たちは?


2015年6月には、加藤さん初の短編集、
「傘をもたない蟻たちは」を出版されています。



この作品は、2016年1月から、
連続ドラマ化することも決定し、
ご自身も村田啓介役で出演されています。

「生」と「性」をテーマに、
大胆な性描写や同性愛も表現されているということで、
話題を呼んでおり、

生々しい描写があって、
ジャニーズ事務所で大丈夫か? ってトコもある。
今後も「破天荒」で頑張りたい。

と、加藤さんは、
作家としての意欲を語りつつ、

極端にいうと(経験が)なくても書けます。
僕の場合は想像、いや妄想ですね。

と、ご自身の体験を元に書いたわけではないことを、
強調されていました(^^)

さて、「NEWS」や俳優活動の合間をぬいながら、
年1回のペースで作品を発表しておられる加藤さん。

ご自身と、そして「NEWS」のためにも、
作家活動に精を出し続けてほしいですね。
期待しています!!



  • LINEで送る
Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

カテゴリー

ブログランキング

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑ 押して頂けると嬉しいです(*^_^*)

このページの先頭へ